国際保守通信

国際保守メディア「JAPAN IN THE WORLD」編集長の個人ブログです。 政治・国際情勢について評論しています。 気軽にコメントをどうぞ。

いよいよ衆院選が行われる。このタイミングでの解散が意味するものはどれだけの国民が気付いているかわからないが、米軍による北朝鮮への攻撃が年末にも行われる可能性が高いことを示しているのではないだろうか。この時期に解散をして自公政権を盤石なものにして北朝鮮作戦に望む。安倍首相がトランプと親密な関係を築いているからかこそ、この仮説が成り立つと思う。


それを前提に考えれば、今回の総選挙は本当に重要な選挙であり、今後の日本の国防体制を決めるものであるといっても過言ではない。そんななか、一番許せないこと、いや許してはならないことは、旧民進党議員が希望の党に合流して、安保法制や集団的自衛権の限定行使に賛成するということだ。


国会などで「安保法制反対!」「憲法違反だ!」と叫んでいたあの売国議員たちが、希望の党の公認をもらうために、選挙に勝つために、自らの信念に嘘を付き、国民を騙して、議員バッチ欲しさに「安保法制に賛成します」という。こんなクソ議員は全員落選すべきで、有権者は絶対に選挙で落とさなければならない。


まだ、自分の信念を曲げない、枝野氏や長妻氏のように立憲民主党を立ち上げて出馬するほうが国民に正直だと言える。日本国民がアホじゃなければ、この選挙は自民・公明の圧勝で終わるはず。希望の党のような寄せ集めの嘘つきの集団を選挙で勝たせてはならないのだ。選挙は近い。18歳も含めた有権者は冷静な判断をすべきである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

健全な国民ならすでに気付いているだろうし、ネットでも常に問題視されていることだが、今回は政権批判を目的とした「報道特集」について書きたいと思う。


公平な目で見ても、報道特集の報道内容は悪意に満ちているのは有名な話なのだが、最近は度を越しているような気もする。


先日の土曜日の放送内容なんてものはヒドイもので、元戦犯を駆り出して、解散の大義はどこにあるのかと政権批判。また言ってます。「日本は真摯に歴史と向き合え」と。どこの国の番組だこれは。中韓は確かに歴史と向き合って、日本が占領していた鬱憤を現代社会で晴らしていることはどうでもいいのか?


解散は何のために?大義はどこに?おいおい。あなた方が言えたものですか。「北朝鮮の脅威に直面するなかで解散なんてしていいのか!?」と野党と左派、平和ボケ主義者はボヤいているけど、北朝鮮が核・弾道ミサイル実験をするなかで国会を森友・加計問題に染めたのは、どこの誰だ?


「健全な民主主義国家ではない」と彼らはほざくが、国防問題に向き合わず、スキャンダルばかり取り上げて、それを政権批判のネタに使い、歌を歌いながら、酒を飲みながら、踊りながら、デモをするのが健全な民主主義なのだろうか。


上から目線で政府を批判するが、普段から議員スキャンダルやどうでもいい話題を取り上げて日本世論を操作しているくせに、こういう時だけ政治を真面目に語るのはやめてほしい。


もうね。呆れ返ってるけど、こうして書かないと気付かない人がまだまだ日本の若者にはいるから少しでも情報発信しないと。


Mitsuteru.O
新鮮食材のセレクトショップ「Natural Teru Foods」
このエントリーをはてなブックマークに追加

22日の朝鮮中央通信など北朝鮮国営メディアによると、金正恩朝鮮労働党委員長は21日付の声明で、「北朝鮮を完全に破壊するしかなくなる」と警告したトランプ米大統領の国連演説について「妄言の代価を必ず支払わせる」と強く非難、「史上最高の超強硬措置を慎重に検討する」と述べた。

韓国の聯合ニュースによれば、北朝鮮の李容浩外相は21日、訪問先のニューヨークで、「おそらく、太平洋上で過去最大級の水爆実験を行うことになるのではないか」と語った。

 太平洋上での核実験をちらつかせ、トランプ大統領を強くけん制する狙いがあるとみられる。22日付の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1面トップに金委員長の声明と、声明を読み上げる金委員長の写真を掲載した。金委員長は「トランプ(大統領)が世界の面前で私と国家の存在自体を否定し冒涜(ぼうとく)し、わが国を消し去るという歴代最悪の『宣戦布告』をした以上、われわれも、それにふさわしい史上最高の超強硬措置の断行を慎重に検討する」と語った。

(時事)


数々の挑発、暴挙。それを見過ごした国際社会の罪は重い。その北朝鮮と隣国の日本は東アジアの盟主でありながらこの問題に積極的に関与してこなかった。いや、正式に言えば


・政府内部の左派や朝鮮協力者
・マスコミ・メディアに棲みつく売国者
・市民活動家と名乗った工作員やその協力者


など、戦後のGHQ政策に乗っかった左派、共産主義者の流れを未だに日本は断ち切れていないことがよくわかる。それが日本の現状なんだと改めて実感。普通なら、自国の領土を飛び越えて近くの海に弾道ミサイルを撃ち込むなどという行為は「戦争行為」と判断され、戦争に発展する問題なのに。ここまで好きなようにやられても、日本人に危機感は無い。


今回の水爆実験を実施するかも、という件。日本国民は怒るべきである。


まず、北朝鮮は予想外の行動をするのでその点は要注意。例えば、グアム方面へ弾道ミサイルを撃つと宣言していたのに、北海道沖に撃ったりするため、水爆実験も太平洋ではなく、効果をより検証するために日本海で行う可能性もある。


というか、まず水爆実験などやらせてはダメなんですよね。絶対に阻止しないと。


水爆実験を例え実施したとして、日本の漁業関係者に犠牲者が出たら、日本は絶対に反撃すべき。


でも北朝鮮の金が発言している「日本を沈没させる」の発言どおりに見れば、水爆実験はそのためにやるんだ、と考えられない?ここに気付かないとね。日本人は今日もまた「北朝鮮がまたなんか言ってるよ。大丈夫でしょ」と高をくくっているけど...。


これが国家崩壊の兆しなんですよ。危機感が無さ過ぎて、どうしようもない。できっこないにしても、日本を沈めると言って、日本の近くで水爆実験をやるって言ってるんだぞ!?少しはヤバイんじゃないのって、思おうよ。総選挙どころじゃないよ、ホントに。


Mitsuteru.O
新鮮食材のセレクトショップ「Natural Teru Foods」

米・トランプ大統領が国連演説で「北朝鮮は工作員の日本語教師として強制的に働かせるために13歳の日本人の女の子を拉致したことをわれわれは知っている」と発言した。


この発言には正直驚いたが、同時に体の中からものすごい違和感が...。


「アメリカの大統領が拉致被害者のことに言及したことに、なぜ日本人はここまで歓喜するのか?」


米大統領の影響力や発信力は今でも計り知れない威力を持つが、それにしても「トランプ偉い!」という雰囲気は絶対に違う。
そもそも安倍首相だって拉致問題解決に意欲を示していたし、国会や会見でも横田めぐみさんついて何度も言及している。
それと反対に、民進党や共産党が拉致問題について、何かしたのか?


今まで日本国内で「拉致被害者を返せ!」と集会を開いたり、拉致問題について日頃から取り組んでいる人たちの努力を散々マスコミ・メディアは無視していたくせに、トランプが拉致被害者を返せといえば、賑わうマスコミと一般庶民。なんか違うよな~。


トランプが国連演説で横田めぐみさんについて言及した理由は明白で、

・安倍首相が拉致事件のことも触れるようにトランプに頼んだ
・北朝鮮がいかに卑劣な国家であるか宣伝するため


安倍さんがトランプにどんなことを頼んだのか興味津々。北朝鮮をけん制するカードにもなるが、安倍さんはそれ以上に日本人の国際的感覚を戦後の呪縛から解きたいと考えているのかも。


しかしながら、トランプが拉致問題に言及したから「北朝鮮は日本人を拉致しやがって!許せん!」と思うのはおかしい。ずーっと前から拉致問題に携わってる人に失礼。こんなところにも日本社会の歪みが露出するんだな、と実感。


でも、トランプはよく言ったよね。笑


Mitsuteru.O
新鮮食材のセレクトショップ「Natural Teru Foods」
このエントリーをはてなブックマークに追加

今こそ国民に理解させる大チャンス


まさかの解散劇だ。予想にしなかった人たちが多いだろう。来月中旬には投開票を迎える公算が高い。しかしながら何のための解散なのか、そこを安倍首相は説明しなければならない。読売によれば消費増税の使途についてを争点にするのでは、と伝えているが、それでは絶対に国民は納得しない。


今の日本が抱えている最大の課題は安全保障である。北朝鮮や中国による挑発や戦争行為からいかに国民を守るべきか。それが争点になるべきである。そんなことは言うまでもなく、北や中国に今にも侵略されそうな状態であるのに、総選挙の争点が安全保障にならないなど、諸外国から日本を見れば不思議に思うだろう。


北のミサイルが飛び交い、自国の領海を中国に毎日侵されている。今の日本は平和ではない。平和ではないのに、いつものように経済対策が総選挙の争点では日本の未来はないだろう。


Mitsuteru.O
新鮮食材のセレクトショップ「Natural Teru Foods」
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ