カテゴリ:

~この記事の要点~


・ISからの帰還兵が欧州に帰っている
・ホームグロウンテロとは?
・日本でのテロの危険性


国際情勢は混沌とした状態が続いています。
私たちが普段生活するこの日常を、いとも簡単に崩す可能性があることをどうか皆さんにも認識してほしいと思います。
決して不安を煽っているわけではなく、大手マスコミが報じない、または報じようとしない事実を、私は恐れずこれからも情報提供していきたいと思います。


IS帰還兵が母国に帰っている

IS

外国人戦闘員


ベルギーの首都ブリュッセルでテロ攻撃があり、それから1ヶ月が過ぎましたが、皆さんはあの衝撃を覚えていますか?
そこで明らかになったのが、IS帰還兵の存在です。


欧州各国からは5000名近い若者がシリアに渡航しており、ISの訓練を受け、ISの戦闘員としてテロ攻撃、またはISが主張するカリフ制国家の樹立のために、戦っています。
フランス・ベルギーからは2000名を越えるIS戦闘員が存在すると言われています。


そして、すでに1200名近い帰還兵が、EU諸国に帰ってきているというのです。
確かに連日のようにベルギーなどでISに感化された人物、ならびに帰還兵が逮捕されています。
各国の大まかな内訳は

・イギリス 350名
・フランス 250名
・ドイツ  270名
・ベルギー 118名


以上の帰還兵が母国に帰ってきており、いつ彼らのようなISの分子が暴発するかわからない情勢になっています。
テロ攻撃の可能性としては、IS本部(シリアかイラク?)からの指示があって、実行に移すことが考えられます。
SNSやメールでのやりとり、または何らかの暗号のようなメッセージを用いて、実行のタイミングを示す手法が取られているようです。


以前のように、中東各国からテロリスト(外国人ではなく、中東出身のジハード戦士)が流入して、自爆テロを起こすというような手法ではなくなったということです。帰還した、同じ国籍を持つ若者がISの指示により攻撃を実施する新たな戦いの中に、私たちはいるのです。


より脅威なのはホームグロウンテロ

ホームグロウン


帰還兵もかなりの脅威ですが、各国の当局が監視していれば防ぎきれる可能性はあります。
帰還兵よりも脅威的なのは、ホームグロウンテロリストの存在です。


ホームグロウンテロとは、過激派の主義主張に感化されて過激化し、居住国でテロを行う者を指します。
「ホームグロウン・テロリスト」の過激化は、通常、居住国においてインターネットなどを通じて進行するとされます。
ここで勘違いしてはいけないのは、外国のテロ組織から指示を受けて行動する者については、多くの場合、「ホームグロウン・テロリスト」とはみなされないとされること。または帰還兵もこれには当たらないでしょう。


外国のテロ組織の構成員やその関係者などと連絡、接触せずにテロを実行するなど、組織の中で行動するテロリストに比べて、動向の把握が困難であるとともに、テロリストとして把握・識別することも困難なようです。
さらに、犯罪歴などがない当該国の国籍者であれば、国内で目立たず自由に活動できることから、テロの準備・実行の容易度が飛躍的に高くなるとされるなど、その脅威が指摘されています。


日本がテロ攻撃を受ける可能性があるとすれば、この手法でしょう。
直接、シリアやイラクに渡航しなくても、日本国内において、社会的不満を抱え、政治に不満を抱き、自暴自棄になった若者がISの思想に感化されたらどうなるか。


そこには当然、ISの目指すカリフ制国家や、イスラム原理主義の過激な思想に共感はしないでしょう。
社会への不満の隙をついてISやアルカイダはリクルートします。なので聖戦への共感よりも、社会への不満を利用し、政府や民間人を殺傷せよ、という誘い文句を使います。


「イスラム国と連絡を取っていると称する者や、インターネット上でイスラム国支持を表明する者が日本国内にもいることを確認している」
こう話すのは、警察庁の担当者なのですが、ツイッターなどで若者が悪ふざけでISの支持をするのも本当に危険なことです。


ISが何を考えているか、詳しいこともわからないのに、ただ社会に不満があるから、テロ攻撃を起こすという、あまりにもふざけた理由でテロを起こすのが、ホームグロウンテロの実態なのです。


武器や弾薬がなくても、爆発物や人を殺傷する方法はいくらでもあります。様々な殺人事件の例を見てもそれは明らかです。
懸念されるのは、起こってはならない、その事実が起こったとき、警察や公安当局、マスコミは正しく「テロ攻撃」と発表するでしょうか?
靖国神社テロ事件と同じく、隠すのではないでしょうか?


私は疑問視しています。まさか日本でテロが起こるなど、いまだに多くの人がそう思っています。
日本ではテロが起こらない、という神話のようなものは信じないほうが懸命です。
世界を見渡せば、すぐに理解できることですので、くれぐれも注意と心構えをしてください。 

 
Mitsuteru.O


引用参考元
・ニュースソクラ
・公安調査庁


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622