カテゴリ:
イラクのアバディ首相は17日未明にテレビ放送された声明で、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に支配されている北部の都市モスルの奪還作戦が始まったことを明らかにした。
戦闘は数週間続く見通し。同国中部ファルージャや西部ラマディをISISから奪還した作戦と同様、激戦となることが予想される。
(CNN)

イラク・モスル
 

イラクでISに制圧されていたモスルの奪還作戦が始まった。数週間前からいつ始まるのか、と噂されていたがついに本日その作戦が始まった模様。イラク軍を中心に、介入を続けている有志連合軍、シーア派民兵、クルド人部隊の合同作戦のようで、モスルの東西から包囲作戦を実行する模様。

シーア派民兵がモスルの東西どちらかから攻撃を仕掛けて、戦闘機からの空爆も立て続けに行い、モスルから脱出を試みるIS戦闘員を迎え撃つ作戦だ。ISはすでに攻撃を察知しており油田を爆破するなど抗戦の構えを見せているが、今回の作戦は非常に大規模であり、イラクのアバディ首相がテレビ演説を行うほど大々的な発表も行い、その本気度が伝わっている。「イラクの未来を左右する戦いである」との趣旨で国民に結束を呼びかけている。

モスルの住民も避難しており、ISも負傷した戦闘員をシリアに帰還する動きを見せており、いよいよ大規模な交戦が始まる見込み。ISはモスルを失えばイラクにおける支配地域のほとんどを失うことになり、大打撃となる。シリアでの戦線にも大きな影響を及ぼすことになり、組織の弱体化につながるのは必至であり、日本では注目されていないが世界中でモスル奪還作戦が注目されている。


今、世界で起こっていること。みんなで考える。
「NOW! TIMES」