トランプ米大統領がまたもや大鉈を振るった。米国への入国を禁止した大統領令に従わなかったとして、司法長官代理を即刻クビにした模様。

米司法長官

米国のトランプ大統領は30日夜、米司法省のサリー・イェイツ長官代行を解任した。ホワイトハウスが明らかにした。同長官代行が、米国市民を守るための法秩序の執行を拒否したためだとしている。
ホワイトハウスは声明で「(イェイツ氏が)司法省を裏切った」と述べた。 


大統領の権限を使って好き放題やっている印象だが、これがアメリカが選んだ大統領。
悲しいがこれが現実である。我々はどう向き合っていくべきか、それを真剣に考えなくてはいけない。

(大阪発・Mitsuteru.O)
mail:japan.in.the.world1127@gmail.com