AFP通信などによると、韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表の発言として、
「一定の期限までに日本大使が復帰しなければ、われわれの大使も召還しよう」として、韓国の駐日大使召還について尹炳世外相に検討を求める考えを示しました。

さらに、
「安倍の非外交的かつ反韓的な態度を見ながら我慢しているのは、韓国の自尊心にかかわる問題だ」

「韓国を友好国に考えているかどうかが分からない。韓国のプライドを踏みにじる発言をしていることに憤りを感じる」

慰安婦

慰安婦問題についての日韓合意がなされて、一時は両国に融和の兆しが見えましたが、韓国側の一方的な裏切り行為で何のための合意なのかわからなくなりました。日本側は10億円という巨額の税金を投入して元慰安婦への援助資金を搬出しましたが、無意味だったということです。

対抗措置として駐韓大使を帰任させたことは当然の措置です。国家間で合意した重要な案件を、いとも簡単にひっくり返してしまう神経が理解できません。

韓国側も日本メディア、日本国民も、事の重大さに気付いていません。大使を帰任させることは外交上非常に大きな意味を持ちます。大使館の撤収につながり、外交ホットラインの遮断、ついには国交断絶にまで結びつく性質を持ちます。

国民に大きな負担をかけて、日韓合意をした責任が安倍首相にはあります。安倍首相の覚悟と怒りは相当なものだと想像できます。大使を帰任させたことは当然でありますし、韓国が慰安婦合意を履行しない限り、大使を韓国に送る必要はありません。

「韓国との関係を改善しろ」という一部の日本の世論もありますが、全く理解できません。国家間の合意を簡単に破る国家と良い関係が築けるでしょうか。また、韓国世論も日本と仲良くしようだなんて、思っていません。世論調査を見ても明らかです。韓国世論も望んでいないのに、日本だけが擦り寄るのはおかしなことです。

韓国側が我に帰って、現実を見て、慰安婦像の撤去を完了させて、二度と慰安婦問題を蒸し返さない姿勢を見せるまで、大使を韓国に派遣する必要はありません。韓国側が駐日大使を召還するなら好きにすれば良いでしょう。修復不可能になり、国交断絶も視野に入れましょう。

(大阪発・Mitsuteru.O)