カテゴリ:
安倍首相がワシントンへ渡米し、トランプ大統領との始めての首脳会談を行い、様々な懸念を払拭することができ、中身の濃い首脳会談であったと評価する報道が目立っている。

私は常に日本の指導者がどのような発言をしたか、ということに目を向けている。テレビニュースはおもしろおかしくそれらを報じているが、世界中のマスコミ、政府、情報機関、研究機関などは要人の発言に常に気を遣って、その動向をチェックしている。

我々、日本国民もそうあるべきで、首相や閣僚の発言は国の将来に関わることだという認識を常に持ってほしい。特に若い世代は自分達の時代に関わってくるので、その習慣を身に付けてほしい。

今回は先に行われた日米首脳会談における共同記者会見から、重要な発言をピックアップして論評していきたいと思う。今回は安倍首相、次回はトランプ氏の発言を取り上げていく。

安倍
 
安倍首相・共同会見の注目発言

「自動車産業を初め、多くの日本企業が全米各地に工場を作り、現地生産をしてきた。昨年も日本から米国へ、新たに1500億ドルを超える投資が行われた」

会談前から懸念されていた日本の自動車産業への言われ無き批判について、ここで払拭しようとする決意が見える。トランプ氏との信頼関係が経済問題の解釈の誤りを正すきっかけになる期待もあるかも知れない。少なくとも直接、会談でこの案件について意見交換が行われ、自動車問題についての懸念は払拭できたと考えられる。

「最新のリニア技術なら、ワシントンからトランプタワーのあるニューヨークまでたった1時間で結ばれる。日本は高い技術力で、大統領の成長戦略に貢献できる。米国に新しい雇用を生み出すことができる」

交渉真っ最中の高速鉄道事業は、日本企業参入でほぼ決まりという観測だ。米国で高速鉄道の実績を積むことは、世界各国への絶好のアピールとなる。日本の技術力の高さを証明することを忘れない安倍首相の演説の幅広さを感じる。

「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎。それは強固な日米関係だ。その絆は揺るがないものであり、私とトランプ大統領との手でさらなる強化を進めていく」

日米同盟の調整が行われるのでは?という国際社会の関心に答えた形になる。安倍首相は渡米前からトランプ氏との信頼関係は築いていけるという自信があったのではないかと予測できる。大統領就任前のトランプタワーでの会談内容の全貌はわからないが、「日米同盟は揺るぎないことだけは約束してくれ」と迫ったのかも知れない。

「(北朝鮮について)核・弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発を行わないように強く求める。拉致問題解決の重要性についても、大統領と完全に一致した」

北朝鮮問題は長きに渡り懸念材料だが、今後も尾を引くことになるだろう。安倍首相とトランプ氏が食事中にミサイルを撃ったのだから確信犯なのだが、ミサイル発射自体は驚くことではなく、問題視すべきは拉致問題である。どうやら北朝鮮は拉致問題の対話の窓を閉じたようである。産経がそのように報じていたが、日本人としてはミサイル防衛も然り、拉致問題についての進展も望んでいることを忘れないでほしい。

「あらゆる形態のテロリズムを強く非難し、テロとの戦いにおいて、引き続き協力を強化していくことで合意した。日本は日本の役割を果たしていく」

日本がテロ対策で国際社会と協力していくには限りがあるが、法整備、ソフト面での協力は日本が推進していくべきです。和平交渉の仲介役、インフラ整備を中東の安定のために行っていく姿勢は世界で評価されていることを、日本国民はどこまで理解しているのだろうか。

「当然、意見の違いはある。しかしその中で共通の目標や利益ではなく、違いばかりが殊更に強調されることで、対話が閉ざされてしまうことを私は恐れる。それは、既存の国際秩序に挑戦しようとするものたちが、最も望んでいることであるからだ」

中国や韓国、そして混乱する中東諸国へのメッセージだろう。ここまで国際的視野の広い日本の指導者も珍しいだろう。我々日本人に、今の世界をどう考えるべきか、課題を与えられるような気がする。


Mitsuteru.O