カテゴリ:
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)をめぐる稲田朋美防衛相の発言を受け、東京・永田町の国会前で17日夜、陸上自衛隊のPKO派遣に反対する市民らが抗議活動を展開した。稲田防衛相の辞任を求めるプラカードを手にした参加者ら数百人が集まった。

「安保関連法に反対するママの会」の西郷南海子(みなこ)さん(29)=京都市=はマイクを手に「稲田防衛相は(南スーダンでの)『戦闘』を『衝突』と言い換えれば、憲法の縛りにひっかからないと考えた。自衛隊員を馬鹿にしないで」と批判。「憲法を守らせる力はどこにあるのか」と訴えた。

http://www.asahi.com/articles/ASK2K6WV3K2KUTIL060.html

デモ

このデモに参加した方々の身元を全て調べたほうがいいのではないでしょうか?南スーダンでの自衛隊によるPKO活動の報告書が公表されなかったことは隠蔽と言われても仕方ありませんし、防衛省の不祥事です。問題なのは霞が関の隠蔽体質であって、稲田大臣に一定の責任があるのは確かですが、この問題が「自衛隊員の命を守れ」という論理になるのはいささか無理があります。

そもそも南スーダンが危険な場所というのはすでにわかりきっていることです。戦闘か衝突か、細かい定義もないまま判断するのは不可能です。戦闘状態であることはすでにわかっていることです。

大体からして、この方々は普段から平和活動をしているのでしょうか?隠蔽問題をきっかけに稲田大臣を辞めさせたい一心でSNSで連携して、デモをやろうと集まって要るだけではないでしょうか?この方々は普段から平和のために全ての国際ニュースを吟味しているのか?

南スーダンがどのような地域で、なぜ紛争状態になっていて、自衛隊の活動の意義を完全に理解しているのですか?派遣されている自衛隊員は日本の看板を背負い、誇りをもって活動に従事しているはずです。世界中を見渡しても最も過激な争いが行われているといってもおかしくありません。そのなかで身を呈して国際社会の貢献のために任務を遂行しているのです。

このデモに参加した方々は恥を知るべきです。国際社会が混乱の最中にあるなか、自衛隊の活動も幅広く運用されるべきです。自称リベラル派、左翼は「国際平和」をよく主張しますが、すべて理想論で机上の空論です。中身がないのです。自衛隊の国際貢献の甚大さも理解せず、デモをしたり、ただテレビやネットで平和を語るのはいいかげんにやめていただきたいと思います。