就業者の保険料を利用して子どもの教育費の無償化を目指す、「こども保険」の実現に向けて、与党の自民党が動き出した。

まだ構想段階だが、特命チームを組んで試案を取りまとめることになるだろう。自民党が与党であり続ける可能性が高いので、こども保険についても法案化されると考えたほうが良い。

小学生
 

教育無償化は長い間議論されてきたものだが、選挙に行くのは高齢者が多いため、高齢者向けの政策ばかり実現してきたこれまでの政治体質のおかげで、なかなか議論は進まなかった。

ある程度成長を遂げた国家にとって少子高齢化は深刻な問題である。将来、働き手を移民に頼ることになれば、ますます日本が日本であるための手段は少なくなるだろう。

教育無償化は少子化対策に大きな効果をもたらすだろう。若い夫婦は子供が欲しくても収入や貯蓄が少ない分、子供を作ろうとしない。それが現場の現実なのである。エリート層の官僚や政治家にはその気持ちはわからないだろう。

想像してほしい。小中高の公立学校での出費がゼロになるのだ。教材費も給食費もその他雑費も。これは本当に助かる。

それで浮いたお金は他の習い事に使うこともできるし、将来の生活資金に回せることになる。このこども保険構想は、もしかすると庶民の気持ちを大いに付託した妙案かも知れない。議論を行方を見守るべきである。


Mitsuteru.O