カテゴリ:
北朝鮮の核攻撃や化学兵器への警戒からか、日本でも核シェルターの購入が相次いでいるようです。これまでの日本社会ではまずありえなかったことなのですが、「北朝鮮は本気で攻撃してくるんじゃないか!?」という国民の警戒感の表れでしょう。

兵庫県神戸市にある核シェルターを取り扱う会社では、通常の年間注文数が6件程度であるのに対し、今年は4月だけで8件の注文があるらしい。

さらにサリンなどの猛毒ガスに対応できるように大型の空気清浄機の購入も増えているとか。価格は6人用で62万円。13人用170万円と、一般庶民にはとても手が出せない高価格です。

これまで日本は米国の抑止力と核の傘に守られ、現実的に日本に対して攻撃がなされる可能性は極めて低かったのが事実です。

決して平和主義を貫いた結果だとか、憲法9条の不戦の精神が日本への侵略や戦争を防いできたわけではありません。「米国に守られてきた」それが歴史の事実です。

今、現実に核攻撃やミサイル攻撃が日本に行われる可能性がある限り、日本は防衛のために行動すべきです。国民の命を守る。それが国家の基本的な役割です。もし日本国民に死傷者が出れば、それは政府の責任なのです。

そのために日本政府は何をしてきたのか。核攻撃などへの対策は皆無です。例えばスイスは病院、学校といった建物の地下に30万基以上のシェルターを確保していて、500基以上の公共シェルターがあるのです。冷戦期の産物ですが、それは政府が国民を守る意思があるという表れです。

日本における核シェルターの話題も、ただの話題で終わってはいけません。人ごとではない。それを認識すべきでしょう。