カテゴリ:
皆さんお気付きでしょうか。中国公船が尖閣諸島への領海侵犯をここのところ繰り返しています。

国際社会は現在、北朝鮮問題に関心を向けています。北朝鮮以前は中国による南シナ海の埋め立てや尖閣への侵犯が国際問題になっていました。しかし、尖閣はそれほど国際舞台で大きな問題にはならなかった。

それは日本政府の怠慢です。日本単独で尖閣問題を解決にする手段も持たないのに、国際社会の場で争うことはしませんでした。かろうじて同盟国の米国による防衛を確約しましたが、海上自衛隊や米海軍の展開までは実現していません。

中国は北朝鮮問題で、米国に屈しました。北朝鮮にもはや影響力はありません。北朝鮮カードを失いつつある中国は、今後尖閣や南シナ海で挑発を繰り返すでしょう。すでに尖閣を侵犯する公船には武装している船も確認されています。日本は防衛出動も視野に検討すべきです。