カテゴリ:
ムン新大統領就任を受けて安倍首相が動き出し、日韓首脳による電話会談を実施。早期の首脳会談と北朝鮮に対して連携することを確認した模様。

日中韓3カ国による会談も模索はしているようで、どこか日本世論の動向を正しく反映していないように思う。日本国民の大半は韓国に対して良い印象は持っておらず、両国の関係が劇的に改善するようなことは期待していない。

それは解決したはずの慰安婦問題を蒸し返したり、日本に対して抑圧的な態度を取り続けていることが最大の要因である。日本国民は韓国を良く理解しており、政治的な関係を良く認識している。一般の韓国国民は日本が大好きであるが、日本国民は仲良くなれないことを良く知っている。歴史的に見てもそれは明らかである。

韓国情勢が日本や国際社会に与える影響は極めて限定的だが、東アジアの隣国として一応チェックはしておきたい。安倍首相がどのような戦略を取るかは定かではないが、背後に構える中国に対して誤った印象を与えるのは禁物である。曖昧な態度ではなく、断固とした姿勢で韓国に向き合うべきだろう。