タグ

タグ:アレッポ

アレッポでの食糧難は国連の怠慢

カテゴリ:
イラクではIS掃討作戦が進められ、モスルはほぼ解放される見込みで、続いてシリアのIS拠点、ラッカ解放作戦に有志連合は動いているようです。その中でシリア内戦は一向に終わる気配も無く、和平どころか一年前よりドロ沼の状況になっており、その内戦の激戦地アレッポではついに国連配給の食糧も尽きたようです。

アレッポ難民

NHKの記事によれば、国連がアレッポ東部で食糧が底をついたことを明らかにし、住民の飢餓を防ぐために、半年間途絶えている食糧の搬入に協力するよう、戦闘を続けるすべての勢力に呼びかけた模様。

国連のシリア問題の担当者は10日、スイスのジュネーブで会見を開き、配給していた食糧が底をついたことを明らかに。国連の報告書では、母親たちは限られた食べ物を子どもに与えるために、みずからは腹を縄でしばったり、水を飲んだりして飢えをしのいでいるとのこと。国連担当者は「冬に入り、大規模な飢餓が起こる恐れがあるが、まだ防ぐことができると信じている」と述べた。ロシア国防省の報道官は「攻撃の停止を延長しても、一般市民を助けるのではなく、テロリストが戦闘力を回復するだけだ」とする声明を発表した。

ちなみにこの問題は国連の潘基文事務総長が先月10月に、アレッポで今月末にも食料備蓄が尽きる見通しを示していて、何の改善策も講じられなかったことが明らかにされています。もはや国連主体の紛争解決能力に実行力は無く、
潘基文事務総長主体の国連運営はもはや機能していないことがわかります。韓国国内と同じく、国連もレームダック化していると言われても仕方ありません。

ロシア報道官の声明はアサド政権維持のための声明なのか、本気で過激派組織と対峙しているのか、精査する必要がありますが、有志連合とロシア側のどちらがシリア内戦の終結に寄与しているかは、まだ何とも言えません。アレッポの住民が被害を被っていることは明らかです。一刻も早い人道支援を求めます。日本が主導することも考えるべきでしょう。


コメントをどうぞ。議論しましょう。
ツイッターでもどうぞ

言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。

【国際】ロシアがシリア空爆を停止 なおも事態は先行き不透明

カテゴリ:
激しい戦闘が続くシリア北部のアレッポで17日、子ども10人を含む一家14人が空爆によって死亡した。この直後、ロシアは20日に空爆を一時的に停止すると発表した。 ロシアは反体制派が制圧するアレッポ東部でシリア政府軍による空爆を支援してきた。この影響でアレッポは人道危機状態に陥っている。
(CNN)

アレッポ
 

ロシアがシリア・アレッポでの空爆を停止させた。米英よるロシアへの経済制裁の可能性が示唆されていることや、国際社会からの批判を考慮しての措置と思われる。先日、英ロンドンで開かれたシリア情勢を巡る米英による外相会談の場で、シリアの激戦地アレッポへの空爆を理由にロシアとシリアに対する経済制裁を検討していることを明らかにしていた。

会談ではシリア危機打開に向けた多国間対応について協議したほか、停戦の維持やアレッポへの人道援助などについて話し合われた模様 。現在、アレッポではシリア・シリア両軍による空爆を続けており、市民25万人あまりがアレッポから身動きできなくなっている。

ケリー長官はアレッポ空爆を「恐るべき時代の逆行」と表現。「第2次世界大戦以来、最悪の人道危機」とまで発言。このまま放置するわけにはいかないという意思表示を制裁強化という形で表した。しかしまるでイタチごっこである。制裁を強化しても、かまわず空爆を続けるロシアを止めることはできない。米露が直接戦うことは不可能なために、アレッポの住民が犠牲になっているのだ。

そういえばシリア情勢を巡る問題については、米国やロシア、シリア周辺国の外相らが参加した会合がスイスのローザンヌで開かれていた。しかし状況を打開できないまま約4時間で終了した経緯がある。もはや介入国や周囲国も解決の糸口を見出せない、手詰まりの状態であることがわかる。

日本は中東諸国へのテロ防止支援や経済協力などで支援を約束しているが、直接的にシリア内戦には関わっていない。軍事的介入は論外だが、政治的妥協をまとめる役割と考えれば日本にも参加の余地があるのではないだろうか。実際にアフガン支援の会合を東京で開いた実績もある。安倍政権が掲げる積極外交の指針にも結びつく事柄であり、ロシアとの現在の友好的な関係を考えれば、和平協議のための予備協議に日本が参加する余地はある。米国もロシアを口説くように日本に打診するべきだ。

アレッポ空爆停止を発表したショイグ国防相によると、10月20日の人道停戦発効より前に、空爆停止は開始される見込み。

ショイグ国防相
 

続けてショイグ国防相は停戦中、戦闘員たちがアレッポから離れられるように「シリア政府軍がアレッポから撤退する」と言明。果たして真実なのかはわからないが...。
 
ショイグ国防相は「アレッポ東部から武器を持ったまま、2つの特別に作られた回廊を通って出ることができる。回廊の1つ目は、カステッロ道路で、2つ目は、ハイイ市場の地域にある」
 
「我われはアレッポ東部の武装勢力に影響力を持つ諸国指導部に、武装勢力のリーダーたちが戦闘行為をやめて町を離れるよう説得するよう、提案する」

結局のところ、アサド政府軍にアレッポを引き渡せ、ということだ。ロシアはその交渉としてアレッポへの空爆を停止したに過ぎない。長期的な平和を約束するものではなく、あくまで一時的な空爆停止だと理解すべきだろう。


今、世界で起こっていること。みんなで考える。
「NOW! TIMES」



ジャーナリズム ブログランキングへ

シリア・アレッポで停戦合意! 和平への道筋はいかに

カテゴリ:

~この記事の要点~

・アレッポで停戦が発効
・本当に停戦が守られるかは疑問
・シリア和平への道筋は


お疲れ様です。
さて、中東情勢を左右するビッグニュースが入ってきました。

▼シリア最激戦地のアレッポ(グーグルマップ)

混乱するシリアの激戦地、アレッポで停戦が発効されました。
以下に要約しています。


・シリア政府軍は4日、米露両政府の圧力に応じ、同国第2の都市アレッポにおける2日間の停戦に同意。
・同国首都ダマスカスの軍司令部は声明で「木曜日(5日)の午前1時(日本時間同日午前7時)より、アレッポで48時間の停戦が発効する」と発表。



▼空爆や戦闘で荒廃したシリア第2の地 アレッポ(AFP)
アレッポAFP

▼歴史のある町だったが...(CNN)
CNN アレッポの様子
 
シリアで最大の懸念だったアレッポでの停戦がひとまずは実現するかも知れません。
日本時間で、本日の朝から2日間に渡っての停戦です。ということは恐らく今現在、戦闘がストップしている状況です。
(シリア政府軍、ロシア軍、反体制派ともに停戦をしっかり守ったことはないが...。)


いくつか関係者のコメントも出ていますので、ご紹介します。


米・トナー副報道官
「シリアの市民に対する攻撃を正当化することはできず、直ちに停止しなければならない」
「我々の目標がシリア全土を網羅する敵対行為の停止であることに変わりはない」

露・ラブロフ外相 (国連のデミストゥラ特使との共同会見で)
「(ロシアと米国が)同じ地図を見ることになる。恐らくこれは、ロシアと米国による連携強化に向けた大きな一歩になるだろう」

英・ライクロフト国連大使
「シリア国民の国連に対する信頼は薄れつつある。信頼を取り戻すためには国連が大量殺戮を食い止めなければならない」

反政府交渉団の調整官
「新しいイニシアティブを求める」




停戦の遵守と和平の行方


さて、今後のシリアですが、正直に申し上げてまだ何とも言えません。
これまでにも停戦が発行されたにも関わらず、平気で戦闘が繰り広げられてきましたから、今回の停戦も守られるかは正直疑問です。
中東情勢を普段からご覧になっている方には常識的なことですが、中東のこれらの問題は、情報を鵜呑みにしてはいけません。


停戦に関しても、たった48時間。2日後にはまた戦闘が始まる恐れがあります。
また、停戦といってもシリア政府軍と反体制派のみの適用となり、当然ながらISやヌスラ戦線などの過激派には適用されません。


停戦に向けての駆け引きも尋常ではありません。
シリアの国営メディアによると、2日には政府の掌握地域がロケット弾で砲撃され、少なくとも17人が死亡したようです。
停戦が発効される前に少しでも戦況を優位にしようという表れです。


特にロシアはシリア介入の理由は、過激派の掃討にあるとアピールしています。
ロシア国防相のコナシェンコフ報道官によると、「ロシア軍機は過去4日間だけで87回にわたってISを空爆した。ラッカとデリゾールにあるISの資産を狙った」
と語り、ロシアの正当性を国際社会に誇示しています。

▼トリポリでアレッポの混乱解決を願う少女(AFP)
シリア トリポリ少女 AFP

一番大事なことは、英・国連大使のコメントにあるように、民間人の犠牲者を何とかしなければならないこと。
アラブ連盟も4日の緊急会合で、アレッポに対する空爆は人道に対する罪であると非難し、安保理に対して、必要な措置を取るように要請したようです。
シリア内戦で大量の死者、難民が発生している現状を食い止めること。これが国際社会に求められているのです。
シリアでどの国や組織が優位に立つか。それはあくまで政治ゲームなので、あとからでいいのです。まずはシリア国内の民間人の保護が先決です。


停戦が守られたと仮定して、次は和平の行方ですが、反体制派が応じるか微妙でしょう。
その理由は、まず一つとして、シリア政府軍の進撃(ロシア軍も含む)が相当なもので、軍事的には崩壊寸前であること。
米や有志連合の援助なしではとても戦えない状況です。そのため和平会議に出席したとしても、不利な案を呑まされる可能性が高いと見込まれる。


もう一つは、アサドが今後のシリアに関わる可能性が高いということ。
反体制派は、和平プロセスそのものにアサドが参加することを、拒絶しています。
シリア政府側はアサド維持が目的ですから、これはどうにもならない。これでは完全に袋小路に陥ってしまいます。


和平を成功させるには絶対に米露の指導力が必要です。
つまりロシアはシリア政府に、アメリカは反体制派に、和平実現のためのイニシアティブを発揮するべきです。
こうした出口の無い内戦では、第3国の介入が絶対に必要です。それでこその国際政治なのですから。


とにもかくもアレッポで停戦が発効されたのは、歓迎すべきです。
もしかすると近日中に新たな声明(和平に関する何らかの情報)が出されるかもしれません。
すぐにお伝えしたいと思います。ここが正念場ですからね。


最後に付け加えますが、残念なのは、日本でアレッポ停戦についての政治家の発言がないこと。
中東情勢に関心がないことが証明されています。
政治がこのような認識ですから、国民の関心がないのも仕方ないのかもしれません。
これでテロ警戒と言っているのですから、ふざけていますね。このままではいけません。
ひとまず失礼します。



Mitsuteru.O


引用参考元
・CNN
・AFP
・スプートニク
・アルアラビアネット


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com

このページのトップヘ

見出し画像
×