タグ

タグ:イエメン情勢

日本メディアが報じない中東情勢Vol.5  (シールズ隊員死亡、安保理の非難声明)

カテゴリ:

~この記事の要点~

・米特殊部隊シールズ隊員1名
・アレッポ空爆に安保理が非難声明
・イエメン和平にクウェート政府が仲介


おはようございます。
とりまとめ、最新の中東情勢をお伝えします。


ISの攻撃 シールズ隊員が死亡


▼イラク北部モスル近郊で交戦(CNN)
ISモスル CNN
 

イラクのモスル近郊の、クルド人部隊の領域にISが襲撃した模様です。
ここで米海軍特殊部隊シールズの隊員、1名が死亡したようです。詳細は以下の通り。


・イラク北部モスル近郊で3日、クルド人部隊の拠点がISの集団に襲われ、米海軍特殊部隊SEALの隊員1人が死亡
・現場はモスル北方約30キロの前線
・ISは車による自爆攻撃を仕掛けたりブルドーザーを使ったりして、クルド人自治政府の治安部隊ペシュメルガの検問所を突破し、さらに3~5キロ離れた基地へ攻め込んだ
・米軍はF15戦闘機や無人機から爆弾20発以上を投下して反撃した



国防総省のクック報道官は「ISを永続的に敗北させることによって、この犠牲に報いる」と述べました。
ISは弱体化しているとお伝えしていきましたが、弱体化自体は間違いないと思います。
しかしながら、前線での戦闘は戦争状態ですから、当然あるわけで、ISの襲撃を読めなかった背景に何があるのか、米軍またはクルド人部隊の作戦に改善の余地があるのかと思われます。


通信傍受や、電子兵器を使用していますので、無線や電話の傍受は必ずしているはずですが、奇襲のような攻撃はなかなか防ぎきれません。アメリカからすればシールズ隊員の戦死はショックだと思います。
テロ掃討は世界の安全に貢献しています。多数の犠牲があることを忘れてはならないでしょう。


安保理が非難決議採択


先日、シリア北部のアレッポで、病院が空爆によって破壊された事実について、国連が動きました。
安保理は本日4日にもアレッポ情勢に関する審議を行う予定です。これに先立ち3日、安保理は別の会合が行われたようで、医療機関に対する攻撃を非難し、それら機関を保護するように求める決議を全会一致で採択しました。


▼国連の安保理決議の様子(国連ニュースセンター)
国連決議 国連ニュースセンター
 

・安保理はシリア等における医療機関に対する攻撃に対する攻撃が増加していることを非難して、関係者に対して医療機関を守ることを求める決議案を全会一致で採択
・このような攻撃は戦争犯罪に当たるとしており、決議はアレッポでの施設に対する攻撃で少なくとも30が死亡した事件から1週間もたたないうちに採択された
・国連事務総長は、関係国がこのような攻撃を止めさせ、違反した者の責任を問うように求めた



この空爆はシリア政府軍、ならびにロシア空軍のによるものとされていますが、ふざけているのか、ギャグなのか、安保理は全会一致で採択しています。(ロシアが入っている)
この事実を無視して、国連は無理やり採択に持ち込むのですから、よく理解ができません。


国連は戦勝国クラブですから、この時代に不向きなのは明らかです。
しかもアメリカの役割もオバマ大統領になってからは見直されてきましたし、国連が何をやるのか、というビジョンが見えづらくなりました。
解決策は国連が考える、という時代は終わったのかもしれません。



イエメン和平の動き


和平が近いとお伝えしてきたイエメンですが、フーシの停戦が守られていないとして、政府側が和平会議の出席を拒否しているところまで、報告しました。ここで新たな動きが。
会議開催地のクウェート政府が昨日3日にも仲介に乗り出して、各方面と接触しているようです。GCCの事務局長も仲介のために3日クウェイトに到着している模様。


一方で情勢は、タエズでフーシ連合が政府軍陣地、民間人地域に対して、ロケット等を激しく発射し、またタエズに対する包囲を強めているようです。
攻撃の対象は特に、タエズの南、および東部地域。
またフーシ連合はタエズの包囲強化に成功し、住民の間の食糧、医薬品の欠乏が激しくなっています。



イエメンでもシリアでもそうですが、和平会議の話が出てからも戦闘は活発化しています。
少しでも和平の主導権を握ろうとする証拠ですね。これは戦後処理問題と理論は同じで、結局戦勝国が強いということ。
日本でもそうですが、軍事的敗北を喫した国や組織は、和平や平和条約締結時に不利な合意を求められるものです。
そのような戦後体質が現代にも染み付いているのですね。中東を注視していれば、毎日様々な動きがありますから、本当に勉強になります。


また、今後はYoutubeにて、音声でも中東のニュースをお伝えしていこうかと思います。
通勤時、暇なときにでも、教養の一つとして、中東情勢・テロ関連のニュースを(日本では報じないニュース)皆様に幅広くお伝えしていきたいと思います。
たまに、動画で姿をお見せしようと思いますが...。


そのなかで今よりも多くの方々に見てもらって、意見交換ができたら嬉しいですね。
では良い、一日を。



Mitsuteru.O


参考引用元
・CNN
・国連ニュースセンター
・アルアラビアネット


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com


日本メディアが報じない中東情勢Vol.3  (新たな米兵がシリア入りとサウジの攻勢)

カテゴリ:

~この記事の要点~

・米兵補充兵シリア・ラッカに到着
・サウジによるイエメン空爆が活発化
・イエメン和平と情勢


皆様お疲れ様です。ゴールデンウィーク真っ只中ですが、めげずにお伝えしていきたいと思っています。
世間では帰省に観光、家族サービスで忙しい方々ばかりだと思います。ちょっと国際情勢が気になるかたは、このブログでさくっと情報収集していただければと、思います。


米兵150名がラッカに派遣

▼ついにラッカ入りした増派の米兵(ParsToday)
parstoday 米兵増派

イルナー通信の情報では、新たな米兵150名がラッカに派遣された模様です。それ以上の情報はさすがに配信されていません。(軍事情報なので、わざわざ公表して作戦内容が漏れることがあってはならない)
ですが、これは先日のオバマ大統領が発表した米軍増派によるものだと思います。早速実行に移したことになりますが、ISに向けてのものであるならば歓迎すべきです。
日本ではあまり伝えられていませんが、IS戦の状況は非常にうまく進んでおり、ISは確実に弱体化しています。ここで増派を敢行して、地上部隊を派遣し、有志連合の攻撃第3段階へ近づけるためにも、今は非常に重要な時期に差し掛かっていると言っていいでしょう。


この米兵増派に関して、ロシアのラブロフ外相とシリア政府は、「シリアへの主権の侵害」だと主張しています。
果たしてこの主張は正しいのかどうか、よく見極める必要がありますが、シリア政府からすれば、対ISに向けられたものであるならば、逆に感謝すべき事案なのですが...。
そしてロシアにも内政干渉だと言うべきなのですが...。



イエメンでサウジ軍の空爆が活発化

▼サウジの空爆が激化するイエメン(ParsToday)
ParsToday サウジ空爆

サウジ軍の爆撃機が、イエメン北部サマダ・ジャウフ州など広い範囲で空爆を実施しています。
サウジは最近、ものすごく軍事作戦を積極的に実施しています。イランがこの地域への介入に力を入れていますから、それに応戦する形ですね。


抑えておくべきポイントは、このサウジを中心とした空爆で、フーシの勢力は確実に弱体化しています。フーシを支援しているイランがこのあとどのようなアクションを取るのか、注目すべきです。
サウジに関して言えば、GCCでの成果として受けとめていいでしょう。積極的な介入は対イランと、湾岸諸国を牽引する責任からでしょうか。



クウェート会議と、イエメン情勢

▼アデンで道路爆弾が炸裂 犯行声明は出ていない(アルジャジーラ)
アルジャジーラ アデンの道路テロ

さて、そのイエメン和平会議ですが、イエメン政府が会議の出席を凍結しました。
その理由は、フーシ側が停戦を全く守っていないからということです。イエメン政府の発表では(一方的な見方かも知れませんが)フーシが1日で217の停戦違反があったとの報告がなされています。
仮にこれが事実だとしたら、戦闘は常態化しているということです。むしろ通常の戦闘状態よりも多いのではないでしょうか。
イエメン和平は比較的進んでいるとお伝えしてきましたが、政府側が会議の出席を凍結しましたから、雲行きが怪しくなってきました。優位に進めている政府側にはまだ余裕がある証拠なのかもしれません。


一方、治安状況ですが、アデンで道路爆弾が爆発し、4名死亡、負傷者8名が確認されています。
犯行声明は出ていません。



とりあえず本日はここまでですが、重要なニュースはたくさん入っていますが、特集も含めてどんどんあげていきますのよろしくお願いします。


Mitsuteru.O


引用参考元
・サバー通信
・イルナー通信
・アルジャジーラ


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com

時系列分析 イエメン情勢(和平会議開始の流れか?)

カテゴリ:
この10日でイエメン情勢は大きく動いています。
国連関係者は和平会議開始の流れで楽観的な考えを述べていましたが、イエメン政府とフーシの対立・戦闘で停戦は実現せず、和平会議自体もなくなるのでは?という観測が出ていました。


4月10日~20日のイエメン情勢の時系列は以下の通り。


4月10日
所属不明の武装組織がイエメン軍兵士28人殺害
南部アビヤン州アハワル市で9日、武装勢力が主要道路を封鎖してハディ暫定大統領派の軍兵士が乗る車両に発砲し、少なくとも28人の兵士を殺害
国際テロ組織アルカイダ系の過激派「アンサール・シャリア」は関与を否定する声明を発表した

4月12日
大規模な戦闘勃発 停戦破棄の危機
12日、ハディ暫定大統領派と、イランの支援を受けるイスラム教シーア派フーシの衝突が複数の箇所で起きた。反政府側は停戦が危機に瀕していると警告している。
当局者らによると、衝突が起きたのは東部のマーリブ県や、フーシ派が掌握する首都サヌアの北東に位置するニームなど。マーリブ県のサルワー地区では、フーシ派および同派と連携するアリ・アブドラ・サレハ前大統領派の勢力が2か所の丘陵の奪取を試みているという。
一方、イエメン当局者によると南部アデンでは同日、国際テロ組織アルカイダの構成員とみられる男が軍の新兵が集まっていた場所で自爆し、イエメン兵5人が死亡した。男は基地に向かっていた新兵の集団の中に紛れ込んでいたという。

4月16日
国連のイエメン特使の発言
国連のイエメン特使は、15日安保理で、イエメンの和平は、これまでのいかなる時よりも近くなっていると述べた。
その関連で、今後数週間が死活的に重要な時期となるであろうと強調した。
特使は、イエメンの停戦はおおむね維持されているとした。

4月16日
UAEがアメリカに軍事支援要請 イエメンのアルカイダに対し
アルカイダに対しての闘争を行っているUAEからの支援要請は、米国としてもこれまで危険なテロを続けてきた「アラビア半島のアルカイダ」に対する軍事行動を検討する機会である。
アルカイダはイエメン内戦を利用して、その影響を広げ、イエメンのかなり広い地域を支配している。
米責任者は、UAEの要請は、作戦における医療救援、救助作戦の他、より広い空爆、訓練等を含んでいるが、シリアやイラクでのように特殊部隊の派遣を含んでいるかどうかは不明であるとしている。

4月18日
アデンで自爆テロを阻止
アデンで17日、空港に対する2重自爆テロが企てられたが、双方とも阻止された。
一件は自爆車が入り口の検問所で止められ、自爆死したもの、もう一件は自爆に至る前に、班員が逮捕されたもの。
これら事件についてはどこからも犯行声明は出ていない。

4月18日
イエメン各地の軍による動き
アラブ連合空軍はアブヤンでアルカイダの拠点を空爆し、5名のテロリストを殺害した。
サウジアラビアとフーシとの関係では、捕虜の交換が行われ、フーシ側はサウジアラビアから30名を受け取った模様。サウジアラビアの捕虜の数は不明。
他方政府軍は、和平交渉が失敗に終わった時には、首都サナア攻略戦を開始する予定で、第141旅団はその準備を終わったとしている。
 
4月18日 
イエメン和平クウェート会議の国連が提示した議題
国連が用意した議題は
・民兵及び武装グループの主要都市からの無条件撤退
・重火器を中心とする武器の引き渡し
・撤退後の地域の引き渡しと治安維持のための委員会の設置
・政府機構の引き渡し
・捕虜、拘留者のリストの交換

4月18日
イエメン和平会議の遅れ
アラビア語メディアはフーシ連合の到着が遅れているので、18日の国連傘下の和平会議の開催が遅れていると報じています。
これに対して、政府側の代表の副首相兼外相は、政府側代表団もいつまでも待つわけにはいかないと言及。
他方、アデンには旧南イエメンの分離、独立を求めるために、多くの民衆が南イエメン各地から集まってきている。

4月20日
サウジ軍がイエメン空爆
イエメンのサバー通信によると、サウジアラビアの戦闘機は19日火曜、イエメンの首都サヌアの複数の地区をミサイル攻撃し、これにより、イエメン人の市民3名が死亡した。

4月21日
イエメン和平会議再開の方向へ
イエメンの和平協議に関する国連報道官は、国連傘下の和平協議は21日開かれると表明した。
この協議は本来18日に開かれることになっていたが、フーシ、サーレハ陣営の代表団がクウェイトに到着せずに、開催が遅れていて、政府側代表団は、21日までに協議が開かれなければ、クウェートを離れると警告していた模様。


▼サウジ軍が実施したイエメン空爆
イエメン空爆


再開の流れであることは間違いなさそうですが、状況は楽観できません。
何より停戦が実現していません。(上層部だけの合意で現場レベルでは停戦など認識できていないのでは?)
フーシの到着で会議が開かれたとしても、イラン、サウジ両者の影が潜んでいます。
結局、イエメンはイラン、サウジの思惑次第で決着、または再び混乱に陥るのではないでしょうか。
IS、アルカイダもイエメンに進出していますが、イエメンの政治自体が落ち着かない限り、テロ組織一層作戦などできやしません。
和平会議が開かれたとすれば、今日、明日の話なので、注視していきたいと思います。


Mitsuteru.O

参考記事引用元
AFP:http://www.afpbb.com/
CNN:http://www.cnn.co.jp/
中東の窓:http://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/

コンタクトはこちらへ
Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622 

このページのトップヘ

見出し画像
×