タグ

タグ:イラク情勢

イラク、シリアの作戦について

カテゴリ:
シリアへ米中央軍の最高司令官が訪問したようで、クルド人部隊やアラブ系の民族部隊への支援を続ける意思を示した。
また、イラクでファルージャ奪還に向けて、最終的な作戦に入ったようだ。地元住民にも非難勧告を出していて、大規模な空爆が予想される。

ファルージャ


シリアでは相変わらずシリア政府軍、ロシア軍、有志連合軍、アラブ連合、反体制派、ヌスラ戦線、ヒズボラ、そしてISなど、まるで戦国時代のように、血を流す戦いを続けている。
しかし世界共通の敵であるISについては弱体化が確実に進んでおり、各国の空爆が効果をあげているのは事実である。
まず、このISの壊滅をすべての国で取り組めば、シリアの混乱は解決の道へと進む可能性がある。


これらの作戦はもしかすると、有志連合が当初予想していた第2段階の終結を意味するものなのかもしれない。有志連合の作戦には第3段階まである。
この第2段階とはISをラッカ(シリア)とモスル(イラク)の根拠地から追放するために、これらの地域を孤立化させることを目的にしている。
この第2段階作戦は、イラクではユーフラティス流域でアンバール県の安定を回復し、ティグリス川流域ではモースルの孤立化を目指して、既に始まっている。
注目される最終段階では、特殊部隊も使い、ISが再び復活できないようにするために彼らを壊滅させることである。


シリアでは先日、ロシアがアメリカに合同作戦を打診したようだが、アメリカが拒否したという。有志連合を率いる立場としてロシアと手を組むことはできないだろう。
一方イラクでは、何やらきな臭い動きが目立つ。それはグリーンゾーンでのデモが過激化していることだ。イラクの元指導者サドル師率いるデモ隊だが、とても不穏な気配がする。
イラク政府の運営に不満を残すスンニ派の代表的な指導者である。この人物は先月、テヘランへ訪問している。イランと接触する理由がわからない。なぜシーア派の大国の後ろ盾を取り付けたいのだろうか?


イラクは、アメリカが目指した民主政治の失敗作に終わる可能性が高い。存在しない大量破壊兵器から始まったイラクの悲劇は最終局面を迎えている。フセイン・バース党の消滅からスンニ派の冷遇に至るまで、ここ最近のイラクは褒められるような政治を行っていない。結局はイラクのことはイラク国民で決めればよかったのかも知れない。終わりの始まりとなるのか、はたまたイラクが民主主義の旗を降ろさずに立ち直るのか。


ただシリア、イラクでのアメリカでの動きは、この有志連合軍の戦術オペレーションの表れだと言える。
最終段階に突入するまでに、イラクの政治に関する道筋は付けておきたいところである。ただ繰り返すようだが、サドル師とイランの接触は注意すべきだ。イランがスンニ派を助けるために大規模な作戦を行う可能性もある。シリアでは、もはや停戦と和平などできる状態にないので、とにかくISの壊滅から手を付けるべきだろう。


Mitsuteru.O


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」   

イラク、ファルージャの動きに関する報告

カテゴリ:
シリアへ米中央軍の最高司令官が訪問したようで、クルド人部隊やアラブ系の民族部隊への支援を続ける意思を示した。
また、イラクでファルージャ奪還に向けて、最終的な確認に入ったようだ。地元住民にも非難勧告を出していて、大規模な空爆が予想される。

デモ


シリアでは相変わらずシリア政府軍、ロシア軍、有志連合軍、アラブ連合、反体制派、ヌスラ戦線、ヒズボラ、そしてISなど、まるで戦国時代のように、血を流す戦いを続けている。
しかし世界共通の敵であるISについては弱体化が確実に進んでおり、各国の空爆が効果をあげているのは事実である。
まず、このISの壊滅をすべての国で取り組めば、シリアの混乱は解決の道へと進む可能性がある。


これらの作戦はもしかすると、有志連合が当初予想していた第2段階の終結を意味するものなのかもしれない。有志連合の作戦には第3段階まである。
この第2段階とはISをラッカ(シリア)とモスル(イラク)の根拠地から追放するために、これらの地域を孤立化させることを目的にしている。
この第2段階作戦は、イラクではユーフラティス流域でアンバール県の安定を回復し、ティグリス川流域ではモースルの孤立化を目指して、既に始まっている。
注目される最終段階では、特殊部隊も使い、ISが再び復活できないようにするために彼らを壊滅させることである。


シリアでは先日、ロシアがアメリカに合同作戦を打診したようだが、アメリカが拒否したという。有志連合を率いる立場としてロシアと手を組むことはできないだろう。
一方イラクでは、何やらきな臭い動きが目立つ。それはグリーンゾーンでのデモが過激化していることだ。イラクの元指導者サドル師率いるデモ隊だが、とても不穏な気配がする。
イラク政府の運営に不満を残すスンニ派の代表的な指導者である。この人物は先月、テヘランへ訪問している。シーア派のイランと接触する理由は一体なんだ?


イラクは、アメリカが目指した民主政治の失敗作に終わる可能性が高い。存在しない大量破壊兵器から始まったイラクの悲劇は最終局面を迎えている。フセイン・バース党の消滅からスンニ派の冷遇に至るまで、ここ最近のイラクは褒められるような政治を行っていない。結局はイラクのことはイラク国民で決めればよかったのかも知れない。終わりの始まりとなるのか、はたまたイラクが民主主義の旗を降ろさずに立ち直るのか。


ただシリア、イラクでのアメリカでの動きは、この有志連合軍の戦術オペレーションの表れだと言える。
最終段階に突入するまでに、イラクの政治に関する道筋は付けておきたいところである。ただ繰り返すようだが、サドル師とイランの接触は注意すべきだ。
シリアでは、もはや停戦と和平などできる状態にないので、とにかくISの壊滅から手を付けるべきだろう。


 Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」

中東安定にはリスクがあって当然

カテゴリ:
イラクの首都、バグダッドでまたしても大規模なテロが発生した。
死者は少なくとも48名とされ負傷者は100名を越すという。地元のアラビア系新聞では100名の死亡などと報じられていて、情報の正しささえも、怪しくなってきている。

バグダッド

イラクはグリーンゾーンデモが発生してから、治安状況が一段と悪化してきた模様。
イラク戦争後、世界各国の支援の下で復興を果たしたが、またもやテロの渦の中に引き込まれている。
先日もバグダッドで自動車爆弾が 炸裂したが、今回もISの犯行だという見方が強いのだとか。

不自然なのは、イラクの元指導者であるサドル氏。
イラクでの反政府デモを主導している人物だが、確か先月にイランのテヘランに訪問している。
テヘランでイランの首脳と会ったようだが、なぜ会ったのかは今もハッキリしない。

先日のバグダッド自動車爆弾テロがあったのはその直後で、今回もテロが連続して起きた。
そこでアラビア語メディアに、サドル氏のコメントが記載されていた。
「このようなテロと人民の流血は、まさしくイラク政府の無能さを示している」

まさかではあるが、中東での出来事である。サドル氏がテロを指示して、イラク政府の無能さをアピールしたのでは?と。そのことと、イラン訪問は全く関係ないが、イランと同じシーア派の指導者であるサドル氏はイランの後ろ盾が欲しいのは明らかである。

このバグダッドテロはここ最近のイラク国内のテロでは最大規模であり、立て続けに多くの犠牲者が出ている。
日本がシリア和平に参加するのだから、中東の出来事として、もっと大きく報じられて良いはずだ。

そのシリアはアサド政府軍と、反体制派、または反体制派同士(ヌスラ戦線とイスラム軍)の戦闘も行なわれていて、壊滅状態だ。
この現状に業を煮やした欧州各国は、もう米露に任せていられない、としてシリア和平に関する閣僚会合を昨日(17日)緊急に開いた。
欧州各国は相当に怒っているようだ。米露が何とかすると言うから任せたものの、戦闘は激化し、停戦は守られていない。さらに反体制派もまとまらず、ロシアは相変わらずアサド支援を続けている。

日本はシリア和平に参画するが、今のところ出番はなにもない。
紛争終結後、さらにISやアルカイダによるテロの脅威が無くなったあとに、平和構築プロセスの実行のために日本が本領発揮する手はずである。
民主化プロセス、法整備、官僚機構の教育など、日本ができるソフト面での国際貢献の可能性は山ほどある。

私は先進国が国際社会に無責任であることは、絶対にいけないことだと思っている。
日本は国民がもっと国際的視点を持つべきである。
「戦争に巻き込まれる」「アメリカの言いなり」「テロに巻き込まれる」などという理屈は一切通じない。

テロリストとの対話?テロの標的にされるから対テロ戦は他の国に任せておこう?
国民の鎖国的な考えはいつの時代まで続くのだろうか?
どこの国もそのようなリスクを抱えながら、対テロ戦、中東和平に望んでいるのだ。
平和を享受している我々は、その平和にどっぷり漬かって上から目線で世界で起こる残虐な紛争を見ているだけでいいのだろうか。

少なくとも、日本がシリア和平に参加することは素直に評価したい。
日本が国際貢献への道を進む、第一歩だと思っている。


Mitsuteru.O


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」


バグダッドのテロ 世界は悲しまないの?

カテゴリ:
日本時間の昨夜、10時くらいにイラクのバグダッドでテロが起こったニュースを知りました。
ISによる犯行です。
今回のテロは大規模なもので、なおかつ大量殺人のための計画的な犯行だということです。

イラクの首都バグダッドで11日、イスラム教シーア派地区にある市場での大規模な爆発に続き、さらに2件の自動車爆弾攻撃が起き、合わせて少なくとも94人が死亡、約150人が負傷した。ISが3件全てについて犯行声明を出した。

バグダット
 

最も規模が大きかったのは午前10時(日本時間午後4時)ごろ、バグダッド北部サドルシティー地区の市場で発生した爆発で、少なくとも64人が死亡した。同地区では過去にも同様の事件が相次いでいる。 

引用元・AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3086784?cx_part=topstory


かなりの死者が出ました。
ちなみにパリの同時多発テロは死者130名。
ブリュッセルでは35名。
昨年のベイルートでは45名。
今回のバグダッドは94名です。

にも関わらず、報道や一般の人たちの反応は鈍いですよね。
これがヨーロッパの大都市との違いなのでしょうか。
同じように世界は悲しむべきではないですか?
イスラム教の方々(過激思想ではなく普通の。穏健な。)は本当に心優しいですよ。
ネットメディアの代表をしていたとき、東京代々木のモスク、東京ジャーミィに取材しましたが、お祈りしている方々は本当に世界の平和を願っています。

だけど日本の一般層からは、「イラクとかシリアだったら仕方ないよね」と、そんな声が聞こえてきそうです。
これはテロに対する誤った見方につながりかねません。
ISはかつてのアルカイダと違ってアメリカなど、外国へのテロ攻撃よりも、比較的中東地域でのテロが多いですよね。
それが特徴とも言えるのですが、なぜそうするかと言えば、わざわざ外国にまでリスクを犯して国境を越える必要がないから。

恐らく彼らは、外国への攻撃はホームグロウン、ローンウルフに任せておけばいい。
そう考えているのでは?
つまり現代はそんな時代なのです。

その本家大元のISが地元でテロ攻撃(しかも今回のような多くの死者が出るような攻撃)を仕掛けたことは、何かのサインなのかも知れない。

もしかしたらバグダッドでテロを起こしたことが、次の攻撃のサインかも知れない。
絶対に何かが繋がっています。連絡手段は電話、メール、SNSだとして、それはすぐに傍受される時代。
それならば他の手段を使うはずです。

だからこのバグダッドテロのニュースを軽く扱うことは危険なのです。

日本では連日の雨から一転、今日は良い天気でした。
治安を脅かす事件も起きないですし、今日も平和を享受しています。
この平和を維持することを、切に願います。


Mitsuteru.O 


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622 

グリーンゾーンデモ 中東のことは中東で任せられない理由

カテゴリ:

~この記事の要点~

・イラクで大規模なテロ
・中東介入の論争
・中東情勢を理解せず批判するのは大間違い


イラクの首都バグダッドで大規模なデモが行われ、国会議事堂に乱入するなど、首都が混乱状態に陥っています。デモが行われている場所は通称「グリーンゾーン」と呼ばれ、政府機関やアメリカ大使館がある場所で、その衝撃が世界中に配信されています。


▼CNNでも連日、数時間に渡って報じられている。
これが真のニュース番組と言えるものだ。(CNN)

CNN デモ
 
▼イラクの首都バグダッド(CNN) 
バグダット


イスラム教シーア派の指導者サドル氏が主導したデモとされ、イラク政府のスンニ派を優遇する政策、汚職、経済不振を批判し、マリキ前首相とともにシーア派の結束を呼びかけていました。

http://www.cnn.co.jp/world/35082046.html



イラクはイラク戦争後、実質アメリカの統治下に置かれ、国際社会が一丸となってイラクの復興を後押しし、宗派対立も最善の注意を払いながら、今に至る経緯があります。


正直に申し上げますと、イラクの民衆は何を考えているのか。
確かに中東は各国の利害が密集する地域で、様々な思惑が入り乱れ、普通の国家運営をするうえでも、他国の影響は受けやすいと思います。
しかしながらここまで国際情勢に影響を与え、戦争が続き、難民を多数出しているという現状を何と思っているのでしょうか。


よくアメリカやロシアの陰謀だからどうしようもない、という意見をよく聞きます。
では中東のことを中東にすべて任せたと仮定したとき、どのような結末が待っているでしょうか。
ただでさえ、今回のような宗派対立、民族対立が続く中、血を血で洗う争いが一生続くのではないでしょうか。
世界平和という言葉は絶対にありえない言葉で、一部の自称平和主義者がそれを言い続けていますが、まさしく映画や海外ドラマで描かれるような世界が、今この瞬間も現実で起こっているのです。


人類はどんな環境でも、人を傷つけ、人を殺めてきました。これは揺るぎようのない事実で、戦争や内戦がこの世からなくなったことはありません。
結局は一人ひとりの人種、宗教、思想、生き方で人生観は変わり、それが争いの火種になるのです。
中東に関して、それがあまりにも目立つ形で露呈してしまったため、イスラム過激派を生み、残虐な行為を武器に脅して、人類の危機を招いているのです。


過激派の根源は旧ソ連のアフガン侵攻にあるとされています。
大国の介入には様々な意見があり、どちらかというと反対する意見が多いのですが(日本の場合は実態を理解していない)、では全く介入せずに放置していたらどうなっていたでしょう。


ご存知の通り、イラク、イエメン、リビア、チュニジアは現在、統治体制が機能していない。
アフガニスタンも旧北部同盟のメンバーが中心で、とても持ちそうにありません。
レバノンでは政府は機能せず、ヒズボラが実質的な権力を握っています。
シリアではアサド独裁政権が化学兵器を使い続け、住民を大量に殺害して、さらにISが侵攻し、イラク・シリアは同じイスラム教徒で大規模な戦争と、死者が発生するでしょう。
イエメンではイラン対サウジの代理戦争が始まり、(今でもそうだが、他国や国連が介入しなければすでイエメンは荒廃している)唯一の解決策は、最後の最後まで戦い尽くして、大量の死者が出るまで待つことに限られてきます。


日本で矛盾する言論がありますが、「中東に介入するな」と言いながら、「戦争反対」または「国連はしっかり仕事をしろ」などと言います。
言っていることが全く理解できないのですが、自分のまとまった考えを持たず、批判ばかりする方々は本当に卑怯な手法だと思います。それは私のような一般人でも匿名でも同様です。


私は、欧米の(日本も)中東への関与は必須だと思います。
中東のことを中東にすべて任せたら、世界は存立の危機を迎えると本気で思っています。
その危機を抑止するために、治安の回復、過激派テロリストの一掃、中東諸国の関係維持のための根回し、独裁政治、国民の弾圧を防ぐ他国の介入が絶対に必要です。


そのような地道で、なおかつ計算された計画のもと、中東の安定をはかっていかなければなりません。
無責任な批判は誰でもできます。建設的な提案と、対案を持ってこそ、初めて他者を批判できるものだと信じています。


最後に肝心なイラクの続報を。
デモは収まった模様ですが、イラクの治安部隊や主要の部隊は、ISとの戦いを優先しており、首都バグダッドの治安態勢が整っていない様子です。
このタイミングでのテロ攻撃は、多くの民衆を巻き込み、対外的にも悪影響を与えるものになりますので、テロ攻撃だけはなんとしても防ぎたいところです。



同じシーア派のイランと何を話し合ったのか。非常に興味深い動きです。(まさかイラクのスンニ派政権を打倒するために、工作を願い出たか?それは考えすぎ?)
この問題は宗教指導者の思惑、イランの内政干渉もありますから、様々な視点で判断しないと、見方を誤ると思います。
難しいですが、頭をひねっていかなければなりません。


Mitsuteru.O


参考引用元
・CNN
・アルジャジーラ
・アルアラビアネット


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com


このページのトップヘ

見出し画像
×