タグ

タグ:コラム

【東アジア】尖閣への領海侵入、今年で30回目 みんな知っているのか?

カテゴリ:
沖縄県尖閣沖の日本の領海で、中国公船による侵犯が後を絶たない。なんとその数、今年で30回目だという!

でも尖閣が危険に侵されている事態をどれだけの若者が知っているだろうか。

尖閣
 

排他的経済水域や尖閣近くの公海に近づいた数ではなく、「領海」に侵入している事実は絶対に見逃せない。完全に尖閣と沖縄を奪いにきている証拠だ。いくら中国が海洋進出を強めているとしても、我が国の領土領海が略奪されるような事態を見逃すわけにはいかない。

でも待てよ?日本全体がそのような危機感に包まれているか?冷静に考えたが、そうではなかった!それはマスコミの報道姿勢を見ればすぐにわかる。自分達の領土が脅かされる事態など、とんでもない事実なのに。ニュース番組でトップ扱いにすべきだし、何時間も掛けて有識者を招いて解決策を議論すべきだし、新聞各紙も徹底して日本が取るべき対策を提言するべきではないのか?

例えばこれがアメリカでの出来事ならCNNなどは連日に渡って報道するだろうし、英BBCでも同様だろう。領土が侵略されそうになっているのに、話題の動画を紹介するような放送局が存在するのは日本くらいである。それは本当に恥ずかしいことであり、平和ボケの際たる例である。

さて、このまま尖閣はどうなってしまうのだろうか。一度奪われてしまったほうがいいのか?いや、奪われてしまっても報道は何も変わらないかも知れない。

本当に嫌なことである。日本人に生まれて良かったし、心から誇りを持っているが、今の日本の空気は本当に情けないと思うし、大嫌いだ。平和を享受しすぎて完全に麻痺している。

先人達は今のような日本にしたかったのではないと思う。報道レベルは本当に低レベルすぎる。世界の恥である。改善する余地はあるのだろうか。


(NOW! TIMESのコラムとして掲載しています)
今、世界で起こっていること。みんなで考える。
「NOW! TIMES」



ジャーナリズム ブログランキングへ

【マスコミ批判】靖国参拝をいちいち取り上げるマスコミの違和感

衆参国会議員85人が、靖国神社に参拝したことについて毎度よろしくマスコミがわざわざ報じている。

靖国


こうして報じる必要があるのか?戦前、戦中に日本のために戦った先人に対して感謝の気持ちを持つことが、なぜダメなのだろう。

靖国神社に参拝することがタブー視される世の中は絶対におかしいと思う。例えば私たち一人ひとりのご先祖様に感謝することは当たり前のことだとされているのに、靖国に行くなと言っているのと同じである。お盆の時期に墓参りに行くのが当たり前のように、今の日本を作り上げた先人に感謝するのも当たり前のことではないだろうか。

中国や韓国は日本の政治家が靖国に参拝することを批判している。日本を敵視している彼らが言うのはわかるが、日本のマスコミは政治家が靖国に参拝することを、あたかも悪いことのように報じているように思える。

私はわざわざニュースとして報じる必要はないと考える。靖国神社に参拝しようがしまいが、個人の自由であり、それが政治家であろうと関係ない。靖国参拝を日本のマスコミが騒ぎ立てて報じることにすごく違和感を感じる。「まだそんなことで騒いでいるの?」といった感じである。

中国や韓国との関係を悪化させているのは日本の報道にも原因があることを自覚すべきだ。


(NOW! TIMESのコラムとして掲載しています)
今、世界で起こっていること。みんなで考える。
「NOW! TIMES」



ジャーナリズム ブログランキングへ

【コラム】ボブディランがノーベル文学賞受賞

カテゴリ:
今年のノーベル文学賞は歌手のボブディラン氏が選ばれた。歌手がノーベル文学賞に選ばれたことはすごいことだな、と素直に思う。歌詞が文学的な影響を持つということは、考えもしなかったし、多くの現役アーティストに希望を与えるのではないだろうか。

ボブディラン
 

日本の音楽業界では、平和や反戦をテーマに歌うことは、アーティストとしてタブーな要素であるかのような雰囲気がある。もちろん反戦をテーマにした楽曲はたくさんあるが、少ないと思う。

もちろんアーティスト自らが自分のメッセージをリスナーに届けたいという思いで歌詞を書くのであり、あらゆる賞レースはあくまで第三者が評価する結果なので、いちいち意識してアーティストは楽曲や作詞をしないだろう。

でも日本人の特に若い世代は、なぜボブディラン氏が村上春樹氏や他の作家を差し置いてノーベル文学賞を受賞したのかを考えてみてほしい。世界で起こる様々な争いや人と人との殺し合いは、現実に起こっていることでありフィクションではなくリアルな出来事である。

それを考えるきっかけにしてほしい。平和とは一体なんなのか。平和を維持していくことはどれだけ大変なことで、何をしなければならないのか。理想論だけを並べても平和は勝ち取れない。現実はそんなに甘くない。ボブディラン氏もそれを理解しながら、平和を願い、戦争を嫌った。

今もこの瞬間、一人また一人、シリアなどでの不毛な争いの結果、罪のない人達の命が奪われている。この現実を踏まえて考えることが日本の未来につながる。今日はそんな一日にしたい。


(NOW! TIMESのコラムとして掲載しています)
今、世界で起こっていること。みんなで考える。
「NOW! TIMES」

このページのトップヘ

見出し画像
×