タグ

タグ:サミット

オバマ大統領 勇気ある決断をありがとう

カテゴリ:
オバマ大統領が被爆地・広島を訪問し、被爆者の方と笑顔で対面し、抱き合った。
私は何とも言えない感情になった。多くの想いがよぎり、涙が溢れてきた。かつての敵国で71年前まで戦争をした国家の現役大統領が、そして世界で始めて核兵器を使用したこの広島に足を運んだ事実を深く受け止めた。
理屈抜きで、素晴らしい瞬間だったと思う。素直に、オバマ大統領に「ありがとう」と言いたい。

広島1

広島2





私はテレビでその様子を見ていたが、広島の雰囲気はとても穏やかで、静粛な空気の中、その歴史的な瞬間を迎えた。
10万人以上の犠牲者を生んだ原爆投下の、まさに中心地にオバマ大統領は現れた。犠牲となった我々の先輩方、英霊の方々は天国で今頃どのような気持ちでいるのだろうか。
そのことを考えたとき、私の涙腺は崩壊した。
あの瞬間から71年が経ち、日本は戦後の復興を成し遂げ、世界に誇れる民主国家、先進国になった。そのことを改めてかみ締めた。


今回のオバマ大統領の訪問に際して、「オバマ大統領は日本に謝罪すべき」という意見が一部で飛び交ったが、そのような必要はない。
日本にとって、確かに原爆を落とされ何の罪の無い民間人が大量殺戮され、アメリカの戦争責任について追及すべきだという気持ちはわかる。同じ日本人なのだから。
しかし戦後、日本が平和で経済的に豊かになった最大の理由はアメリカの存在である。日米安保条約で日本は国防よりも戦後復興、経済に力を入れ、国力を手にしてきた。
その間、冷戦、北朝鮮、中国への抑止力として米軍が機能し、日本は安全を保たれてきた。


そのことをしっかり理解していれば、アメリカに71年前の出来事について謝罪を求めることはナンセンスである。
もはや、犠牲になった方々も、そんなことは求めていないはずである。日本人はすでにあの出来事を乗り越えているのだから。当然、原爆を落とされ、世界で唯一の被爆国として心に刻み込んでおくべきものは持ち続けていくべきだ。だが謝罪を求めることは、韓国や中国のように過去の歴史にこだわり、未来志向の考え方ができないままでいるということだ。


オバマ大統領は「かつての敵国が今や、強固な同盟関係を築くまでになった」と言った。
アメリカにとって最大のパートナーは今でも日本である。そして信頼できるトモダチであることは間違いない。日本は今回のアメリカの歩み寄りに応えるべきだ。
もっと国際貢献の道を日本も取るべきである。日本が世界で活躍できる環境はすでに整っている。
オバマ大統領はそれを望んでいるはずであり、核兵器の廃絶、戦争抑止のためにアメリカと手を組み、これまで以上に親密な日米同盟を築いていくべきである。


少なくとも今回の歴史的な訪問が、世界に流され、日本とアメリカの関係が強固であることをアピールできた。
非常に意味のある出来事であり、これで国際情勢の雰囲気が変わればいいと思う。日本も世界に飛び出すべきだ。
そしてロシアのプーチン大統領も広島に来て、献花や原爆資料館に来て、核兵器の実態を見にきたらいいのではないかと思う。
とにかく、伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問が無事終わり、良かったと思う。関係者の皆様、警備に当たった当局の皆様、安倍首相、お疲れ様でした。


Mitsuteru.O


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」   

サミット直前!テロ対策は内通者の存在がカギ

カテゴリ:
 日本では伊勢志摩サミットがまもなく始まる。日本は海に囲まれ、テロ対策や抑止には向いているとされる。
また、伊勢志摩という会場も離島という観点で言えば、テロ対策に適した立地と言える。そこで今回は日本のテロ対策にヒントとなる出来事を紹介する。

伊勢志摩

シリア北西部タルトスでの大規模テロはロシアや政府軍にとって非常にショックな出来事であったと指摘されている。
テロ攻撃は23日で、シリア北西部の地中海沿岸のタルトス、ジャブレにてバス停や病院での同時多発テロだった。


 IS犯行声明を出した連続爆弾攻撃で、死者が少なくとも148人に達したことが分かった。シリア沿岸部にある政権派の拠点を狙った攻撃による死者としては過去最多である。
ISは有志連合やロシア空軍の空爆で弱体化していることは明らか。しかし、弱体化してからのテロ攻撃が一番恐ろしい。大規模な空爆には大規模なテロで報復するという手法が採用されているようだ。


 地中海沿岸のジャブレとタルトスは、比較的シリア内戦の影響を受けておらず、被害も少なかった。ロシア軍の基地も存在し、シリア政府軍の海軍学校もタルトスにあるので、その地で大規模なテロが起こった衝撃は大きい。
また、そのような地であるということは当然検問や警備体制も万全であったはずだ。なのにどうして大量の爆薬を持ち込み、ISの工作員が潜入できたのか。
シリア政府軍に、ISの工作員は紛れ込んでいないだろうか?
同時多発的に大規模なテロ攻撃をするなどということは、周到で緻密な計画がなされているに違いない。やはり政府軍に内通している何者かが指示を出している可能性は大きい。


 テロリストにとって潜伏というキーワードはかなり大きな意味を持つものだが、同時に敵対する対象への内通も得意とするところだ。実際、テロが起こった地中海沿岸はアルカイダやヌスラ戦線が活動する地域なのだ。
敵対する(アルカイダとの関係は微妙だが)過激派の縄張りに潜伏して、テロを成功させるのだから、相当な戦闘訓練を受けていることが想像できる。
そしてISは、この地中海沿岸にISによるイスラム行政区画を設置すると示唆している。手法は暴力的で容認する余地は微塵ないが、周到な計画を立てていることが伺える。これがやだの過激派組織と違う点なのだろう。


 さて日本では伊勢志摩サミットが始まる。地形を考えれば橋が2つしかなく、テロリストが潜入することはほぼないだろう。しかし、あってはならないことだが日本の政府関係者、またはG7の政府関係者にISに内通している者がいれば、防ぐことはできない。爆薬を持ち込むことは不可能だが、彼らは護身用の銃を所持しているはずだ。
またタイミング悪く、ISが報復を示唆していることから、サミットは本当に最大級のテロ対策になるだろう。無事に終わることを望む。


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」  

このページのトップヘ

見出し画像
×