タグ

タグ:タリバン

特集 米国のアフガン政策に変化 タリバンの春の攻勢を警戒か

カテゴリ:
<特集>

長年のアフガン政策も水の泡 
完全にタリバンが息を吹き返した

タリバン


・タリバンの「春の攻勢」がアフガンの混乱要因に
・米国もアフガンの増派を検討
・中途半端な介入は混乱に拍車を掛ける恐れ


タリバンの暗躍にトランプも我慢ならず


アフガニスタンで長年介入してきた米国は多くの決断を行わなければならない。アフガンが本当に民主主義国家になって、平和が訪れるなどという幻想を本当に当時の米政権は思っていたのだろうか。多くの民族が交じり合うこの荒野で、米国が主導して「作られた民主国家」が本当に実現するとでも思ったのだろうか。


日本もかつては米国に占領され、米国の意向に沿った憲法を作られ、日本は戦後復興を成し遂げ経済大国にのし上がった。それは日本人という民族性が成功の大きな理由に挙げられる。では同じようにアフガン人やイラク人、シリア人が日本と同じように我慢強く、礼儀正しく、寡黙かといえばそうではない。米国に作られた民主国家など中東の人々は望んでいないのである。


アフガン

(隣国にイラン、パキスタンを抱えるアフガン。考えて見ればここに米国主導の民主国家が実現するわけがない)

米国ができること。それはもはや限られている。次のニュースのように過激派の指導者を一人ひとり抹殺していくことである。


「アフガニスタンのIS指導者を殺害、米軍・アフガン政府」

米軍によると、10日前にアフガニスタン東部のナンガルハル州で実施した両国の特殊部隊の合同作戦で、ハシブ幹部を殺害したという。
ハシブ幹部は、今年3月に軍の病院が攻撃され、少なくとも50人が死亡した事件を指示した人物だとみられている。
ハシブ幹部は昨年、前任者が米軍のドローン(無人機)による攻撃で死亡したことを受けてISのアフガニスタン地域組織の指導者に就いていた。
ハシブ幹部は3月の軍病院攻撃の首謀者だとみられているものの、アフガニスタンの安全保障専門家の一部は、同国では依然として小規模だとされる集団が大規模な攻撃を計画・実施できるのか疑念があると指摘している。



オバマ前政権で完全に中東政策を間違えた米国は立て直しを迫られている。しかしすでに時遅し。かつて米国を苦しめたアルカイダも、アフガンで暫定政権を気付いたタリバンも、完全に息を吹き返したのである。その原因は「中途半端な介入」である。


基本的に紛争解決には2つの手段しかない。戦争を終わらせるには
1、一切介入はせず、当事者同士の戦闘が終わるまで待つのみ。犠牲者は増えるがそれが戦争の基本的な姿勢
2、徹底的な軍事介入。一方の勢力に完全に同化して、戦いが終わるまで徹底的に戦う
しかし、2の場合、戦争終結後の復興、法整備なども完全にこなすことが求められる。それができなければ不完全な介入となる。


米国はイラク戦争の当事者であり、戦後復興と民主化への後押しを本気でやっていたに違いない。それは間違いない。しかしイラク人の非協力的な姿勢と、民族性に翻弄された現地の米国人職員は「イラクに民主化など無理だ」と後に発言していることから、現場レベルではあきらめムードが漂っていたという。


さてトランプ大統領の手腕は今のところ存分に発揮していると思うが、中東政策に関してはまだ様子を伺っている。とりあえずタリバンをこのまま放置するわけにはいかない、という姿勢を見せたのが次のニュースだ。


「トランプ大統領にアフガン増派提案=タリバンへの圧力強化-米紙」

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は8日、米政権の外交・安保担当高官らがトランプ大統領に、アフガニスタンへの米部隊増派を含む軍事関与拡大を提案したと報じた。反政府勢力タリバンへの圧力を強め、和解のための交渉の席に着かせるのが狙いとされ、部隊撤収を進めたオバマ前政権の方針が大きく転換する可能性もある。
 関与拡大案は、現在約8400人の駐留米部隊を少なくとも3000人増派。戦地での米部隊の行動制約も緩和し、従来は認められなかった状況でもタリバンへの空爆が可能になる。トランプ氏は25日の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議までに、同案を承認するか否か最終決断を下す見通しという。



重要なのはこのあとだ。このまま増派したままで終わることがあってはいけない。それでは「中途半端な介入」に終わってしまう。タリバンやアルカイダはそれを狙っている。中途半端な介入をしのげば何とかなると思っているのだ。このまま増派をし続けアフガンを占領・統治するか、あるいは完全に撤退するか。紛争解決にはその両者しかないのが国際社会の現実なのだ。


Mitsuteru.O
ご意見・ご感想はお気軽にツイッターやコメントでどうぞ。





落ちぶれたタリバンの悪質な犯行

カテゴリ:
今やイスラム過激派組織といえば第一に浮かんでくるのがISですが、かつてアフガニスタン暫定政権を務めたタリバンの存在を皆さんは覚えているでしょうか?アルカイダとともに過激派組織の草分け的存在で、中東に介入する欧米諸国への敵対的な思想を、過激なテロによるジハード(聖戦)主義につなげた組織です。

タリバン
 
そのタリバンが自爆テロを行ったようです。米CNNによると、アフガニスタン北部バルフ州で10日、ドイツ領事館を狙った自爆テロがあり4人が死亡、100人以上が負傷した模様。州当局者が11日に発表した。ちなみにドイツ人職員にけがはなかったのこと。

タリバンが犯行を認める声明を報道各社に送信。タリバン広報はドイツを「侵略者」と形容した。

昨年の米軍によるタリバン掃討作戦において、米軍が病院を誤爆して多くの民間人が死亡したことへの報復だと考えられます。

しかしタリバンも落ちるとこまで落ちたという感じです。タリバンはこれまでアルカイダやISのように世界的なテロを敢行するよりも、アフガン国内での内戦をはじめとした国内紛争解決の手段としてテロを行ってきました。ところが最近では欧米諸国を間接的に狙ったテロにシフトしているように思えます。アフガンの復興のために国際社会が動いている現状のなかで真逆のことをやっていると言えます。

追記ですが、最新のニュースでアフガンのバグラム米軍基地で爆発が起こり、米兵4人が死亡したとのことです。土地柄、タリバンの犯行が濃厚です。ここにきてタリバンが勢いを増してきているのでしょうか。


コメントをどうぞ。議論しましょう。
ツイッターでもどうぞ

言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。

テロが再び活発化

カテゴリ:

 アフガンとシリアでほぼ同時に爆破テロが起こりました。アフガンでは首都カブールで国防省を狙ったテロ、シリアではISが複数の都市で同時多発テロを敢行。ISはシリア政府軍や有志連合の空爆で、壊滅状態であるという観測が流れていましたが、まだまだテロ攻撃を実行できる能力と、ネットワークを保持していることが明らかになりました。

タリバン アフガンテロ
 


 カブールの爆破テロの詳細は以下の通り。


・首都カブール中心部の国防省庁舎そばで5日、爆弾攻撃が2件立て続けに発生

・保健省報道官によると少なくとも24人が死亡、91人が負傷

・タリバンのザビフラ・ムジャヒド報道官はツイッター上に犯行声明を発表


 アフガニスタン国防省の関係者がAFPの取材に答え、「最初の爆発は本省付近の橋で発生した。2件目の爆発が起きたのは、兵士や警察官、市民らが犠牲者を助けようと駆け付けた矢先だった」と説明した。


http://www.afpbb.com/articles/-/3099878?cx_part=txt_topics



一方、シリアで起こったISによるテロ攻撃の状況も入ってきています。

シリア テロ攻撃
 


・爆発が起きたのは同国西部のタルトスとホムス、首都ダマスカス、北東部ハサカ

・タルトスでは爆弾を積んだ自動車が爆発し、負傷者を助けようと人々が集まったところで自爆犯が爆発物を仕込んだベルトを起爆した模様

・地元の病院長の話として、少なくとも35人が死亡、43人が負傷したと発表

・ダマスカスでは、同市西部の道路で爆発

・ホムスでは自動車が爆発し、少なくとも4人が死亡。この地区はアサド政権派のシーア派の住民が大半である

・犯行はほぼ同時多発的


 在英のシリア人権監視団によると少なくとも計53人が死亡と発表しており、被害者の数は今後も増える見込み。G20で世界各国の首脳が、中国の対応に翻弄されながら意味の無い国際会議を開いているさなかでの悲惨なテロ攻撃となりました。米露はシリア情勢と対IS戦への対応を議論していましたが、他国にそのような議論がなかったことを非常に残念に思います。


http://www.afpbb.com/articles/-/3099841?pid=


 IS戦について言及すれば、先日トルコ軍および、トルコ軍の支援を受けた自由シリア軍(反政府組織の武装した民兵)の攻勢により、シリア北部ジャラーブルスから西方のアザーズにかけて十カ所以上の村落を奪還し、一帯を完全に掌握したことが明らかになりました。ISはこれにより資金調達や補給ルートを絶たれたことになり、大きな打撃になったはずでした。


 余談ですが気になるので触れますが、中東メディアのアルジャジーラはISの新司令官としてタジキスタン特殊部隊の元司令官を任命したと報じています。ISに参加したのは数年前だそうですが、米国では早速彼の情報について懸賞金を掛けたそうです。


 今回のテロは完全にその報復テロでしょう。こうして簡単に報復テロを実行させてしまう治安当局の能力の無さは死活的問題ですが、こうした血を血で洗う戦いに終わりは見えるのでしょうか。



古川 光輝

https://twitter.com/mitsuteru1127

政治フリーペーパー「JAPAN IN THE WORLD

http://site-935764-9191-6615.strikingly.com/
 


ジャーナリズム ブログランキングへ

タリバン指導者暗殺とイランの思惑

カテゴリ:
 タリバンの指導者、マンスール氏が殺害されたが、その手法はドローン(無人戦闘機)の作戦であることがほぼ明らかにされている。この作戦がマンスール氏を標的に行なわれたのか、またはタリバン攻撃のための一環として、たまたまマンスール氏を見つけ出したのは不明だが、車列に空爆するという、ドローンの基本的なオペレーションの中で行なわれたものであると推測できる。

ドローン


 米軍のアフガンにおけるドローン作戦の本拠地はカンダハール空軍基地だったと思うが、まさに現代の戦争の代名詞であるこのドローンの性能は恐ろしい。空軍の戦闘機パイロットが、基地内でまるでゲームのように画面で操縦し、ミサイル攻撃を繰り返すのだから、兵士(人間)の命のリスクは軽減されるし、また、飛行高度も高いことから、敵の攻撃から避けることができる。ただ、画面上でミサイル発射ボタンを押してから、実際に発射される時間のタイムラグが生じるため、タイミングが合わず、民間人にも攻撃してしまう、といったこともあるようだ。


 さて、マンスール氏の殺害作戦は、アフガニスタンとパキスタンの国境付近で行なわれた模様だ。
パキスタンはアルカイダの指導者だったビンラディン氏殺害の時もそうだったように、テロリストが逃げこむ地帯になっている。


 もともとパキスタンはタリバンとの関係が深い。パキスタンは対インド戦略の一環として、地政学的にイスラム主義(スンニ派であるとか、ある程度過激なイスラム原理主義)のパートナーを必要としていた。
そのことで、アフガンにタリバンが出現し、政権を取ったことから、親密な関係に。その要因としてはアフガニスタンとパキスタンにまたがって存在するパシュトゥン人の影響が指摘されている。


 同じスンニ派のサウジアラビアもアフガニスタンの安定を期待して、タリバンに資金援助していた。サウジはISにも当初、援助をおこなっていたが、中東の各国は、このような過激派組織などを自国の利益のために使う手段を多く用いる。それは米国も同じなのだが。


 一方シーア派のイランだが、タリバンとの関係は良くなかったものの、2013年にタリバン幹部がテヘランに訪問し、イラン高官と会合を行なうなどして、ここ最近は親密さをアピールしていた。イランに対して、アフガンの旧北部同盟への支援をやめるように要請したのもこのころだ。


 そのイランだが、今回のマンスール氏の殺害に関して、彼のイランへの訪問と接触を否定。現場に残されたパスポートにはパキスタン人の偽名でイラン入国の査証もあったとか。その後パキスタン入りしていることから、接触があったのでは?とアラブメディアは伝えているようだ。
イランが米国にその情報を伝えて、作戦が行なわれたとすれば、イランはタリバンを見限ったと言える。


 その背景には、制裁解除のカード、国際社会へのアピール、そして注意したいのはスンニ派との関係をタリバンからイラクの元指導者サドル師に切り替えたのではないか、と推測する。スンニ派のサドル師を利用して宗派こそ違うが、それを利用し、サウジやシリアへの影響力を保持したい狙いなのかもしれない。実際にサドル師はテヘランに謎の訪問をしていることから、その関係は明らかである。あくまで推測だが、仮説を立てて検証するのが国際情勢のおもしろいところである。 

 今のところタリバンやアルカイダ、ISからの日本のサミットに対する攻撃予告は伝わっていない。ただ、サミットが終わってもテロ対策は怠るべきではない。有志連合やロシア、イラン、アラブ連合の攻撃でISやアルカイダは確実に弱体化している。だが弱体化してきたからこそ、大規模テロの可能性は高まるので、今からがテロ抑止の正念場といえる。とにかくサミットが無事に行なわれることを祈るばかりである。


Mitsuteru.O


 Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」 

このページのトップヘ

見出し画像
×