タグ

タグ:テロ警戒

宇都宮自爆テロ 日本社会が抱える格差、不満が新たなテロの理由に

カテゴリ:
栃木県・宇都宮市で10月23日、爆発が3ヶ所同時に起こり日本社会に新たな波紋が広がっている。

宇都宮3

宇都宮爆破 トップ

事件は宇都宮市内で30分の間に、住宅や駐車場、公園の3か所で相次いで爆発が起き、元自衛官の栗原敏勝容疑者(72)が死亡したほか、近くにいた男性3人が巻き込まれ重軽傷を負った。栗原容疑者は、公園内での爆発で死亡し、遺体からは遺書が見つかっていて、警察は、栗原容疑者が2件の爆発を起こしたあと、公園で爆発物を使って自殺したとみている。

学ばないメディア またも爆発音と報道

この事件が起きた当初、大多数のマスコミ・テレビ局は靖国爆破事件と同様に「爆発音」と報じている。
爆発音がしたということはすでに何らかの理由で爆発が起きており、これを爆発音と誤魔化すメディアの操作には大きな違和感が感じる。

犯人の動機は

宇都宮2


事件を起こし、自爆をした容疑者は元自衛官の男性。
自衛隊時代に問題があったり過激思想があったわけではなさそうだ。
遺書に、「命を絶って償います」と書いており、家庭内の悩みと共にこんな文言を記していたことがわかっている。自ら開設したとみられるブログや動画投稿サイトには妻との不仲がつづられ、離婚を巡る訴訟などへの不満が何度も記されていた。「自暴自棄」などとの記述もある。

個人的なストレス、社会への不満がこうした事件に結びつくことが度々あるが、ここまで過激な事件を起こすことは稀である。殺人事件や通り魔事件も恐怖ではあるが、多くの人間を一瞬にして傷つけてしまう爆破テロは日本社会で新たな脅威となる。






テロはイスラム過激派だけではない証拠


何度もこのブログで懸念を伝えてきたが、「テロ」はイスラム過激派だけがするものではない。
社会への不満、個人的ストレス、家庭内での出来事などの理由で、今後も「爆破テロ」が起こる可能性は十分にある。
そうした手法を用いることは、中東などで起こるテロなどのニュースに触発される背景もあるだろう。懸念されることは”過激思想のテロよりも摘発が難しい”ことである。

いわゆるローンウルフ、ホームグロウンのカテゴリーになるのだが、過激思想が無いということは警察当局による内偵も難しく、事件発生後の対処しかできなくなる。
もし、宇都宮で起きたこの事件が東京などの大都市のターミナル駅で起きればどうなっていただろうか。

社会への不満がテロへとつながる時代に


4


「日本でテロが起こるはずがない」多くの人がそう思っているが、それはイスラム過激派や政治的な犯行での意味だろう。
今回のような社会的不満や個人的ストレスによる爆弾テロは日本が抱える新たな問題になるだろう。解決策はそう簡単には見出せない。普通の日本人による、日常の中に完全に溶け込んでいる人間が起こすのだから。


お気軽にコメント下さい。
ツイッターでもどうぞ
https://twitter.com/mitsuteru1127




ジャーナリズム ブログランキングへ

イスラム教犠牲祭が始まる 各地でのテロ警戒を

カテゴリ:
 イスラム世界では今日から犠牲祭が始まる。イスラム教の祭日のひとつで、多くのイスラム教徒が特別な日として巡礼などを行う。

モスク
 

 サウジアラビアのイスラム教徒の聖地、メッカへの巡礼と重なることから、各地でテロへの警戒が強まっている。イスラム教徒は本来、平和を願い、穏健な人々が多いのだが、一部の過激思想に魅せられた人々が世界を恐怖に陥れている。イスラム教徒全体の大切な行事を、血で染めることなどもっての他である。絶対にテロを許してはならない。

 メッカ巡礼については他の問題も浮上している。サウジアラビアとイランの関係悪化だ。両国は現在、国交を断絶しており緊張状態にある。元々対立しあう間柄で両国とも中東の覇権国と自認しているからこそ、お互いの主張をぶつけ合う事態になっている。

 今年は米同時多発テロから15年の節目を迎える。その観点から、メッカ巡礼と犠牲祭のタイミングでテロを計画する可能性は非常に高い。さらにイランは米同時多発テロの根幹はサウジアラビアがアルカイダなどの過激派を庇っており、米国がそれを守り、自らテロを誘発させたというキャンペーンを行っている。緊張の高まりを利用してISなどの過激派が、テロ攻撃を実行する可能性がある。十分に注意したい。

 ドイツでは昨日、テロを企てたとされる3人の容疑者が逮捕されている。犠牲祭のタイミングでのテロ計画かも知れない。ISが欧州やアジアでのテロを計画していたことは、以前にも書いた記事にあるように周知の事実である。参考にしてもらいたい。
(参考記事:軽視してはいけないISのテロネットワーク

 中東や欧州だけでなく、アジアでもイスラム教徒は多い。インドネシアでは警戒が強まっている。渡航の際には十分に気をつけてもらいたい。そして、日本も例外ではない。国内のモスクや大型商業施設、空港やターミナル駅での警戒が予想される。十分に気をつけていただきたい。

(この記事は編集長のコラムです。)

お気軽にメッセージを。議論しましょう!
政治フリーペーパー「JAPAN IN THE WORLD」


ジャーナリズム ブログランキングへ

中央大学で爆破予告 浮かび上がる犯人像は?

カテゴリ:
世界的なテロ警戒のなかで許されない行為

爆破予告


 20日夜、東京の中央大学を爆破するという書き込みが大学のホームページに見つかり、休講などの措置を取り、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査しているということです。



  これが単なるイタズラなのか、はたまた無差別に一般市民を狙ったテロなのか真相はわかりませんが、あまりにも短絡的な行動といっていいでしょう。
爆発物は見つかっていないということですので、イタズラ目的だったという観測が強まっています。


世界がどのような状況か理解していない証拠


 世界は今、国際テロとの戦いの真っ只中です。シリア・イラクでは世界各国の連合軍がテロリスト掃討を目指し、空爆や地上部隊を展開して、テロリストへの攻撃を強めています。
また、欧州やアメリカでは最高レベルのテロ警戒を実施し、自国でテロが起きないように当局による捜査や警戒が日常の光景になっているのです。


 今回の爆破予告を見る限り、おそらくイタズラ目的であることはほぼ間違いないでしょう。
本物のテロリストである場合、爆破予告など行ないません。無差別に予告なく犯行を行い、犯行後に犯行声明を出すのがテロリストの常套手段です。
あえて言えば、今回の犯人は世の中のことを何も知らないと言っても過言ではないでしょう。


 もし、犯人が今も暗い部屋の中で、今回の犯行に関する情報をネットで集めて、このブログ記事を読んでいたのなら自分の愚かさに気付くでしょう。
世の中に何かの不満がある場合、それを変えていくのは自分自身です。誰も助けてはくれません。
それを爆破予告や無差別に他人を傷つけることで発散することは許せません。


 恐らく社会的不満を抱え、やることがなく暇だったのでしょう。イスラム過激思想や反日勢力の犯行ではなさそうです。
彼らは爆破予告などのような半端なことはしません。今の時代にこのようなふざけた犯行をすることは、相当な重罪です。世界は(日本も含めて)国際テロと戦っている最中だというのに。


ユーロポールが単独型テロ増加に警鐘


 爆破予告のような幼稚で短絡的な犯行に付き合っていることに、私自身、憤りと恥ずかしさを感じますが、時代が時代です。
爆破予告のあとに過激思想を身につける、または植えつけられる恐れも十分にあります。この犯人は逮捕後、一生公安当局のマークの対象になるでしょう。やむを得ません。

 
 それに関連して興味深いニュースがあるので紹介します。欧州警察機構(ユーロポール)が年次報告書を発表しました。


・ISが好む戦略として、単独型のテロが増加していることに懸念
・ISはイスラム教徒に対して単独型テロを行なうように呼びかけている
・欧州からシリア・イラクに戦闘員として渡航した者は5000人を超え、多くが母国に帰国している
・女性の戦闘員も増加している

ユーロポール


 単独型テロ。いわゆるローンウルフ型テロの増加に警鐘を鳴らし、警戒すべきとの報告がなされています。
日本はまさにこのテロ攻撃に警戒すべきであり、日本の場合これまでに何度も言っているように、イスラム過激派以外の犯行の可能性が考えられます。





 それは外国人ではなく、今回の爆破予告を行なったような幼稚な考えの下に、日本人がテロを行なう可能性が十分にあるということです。
「日本人がテロをするなんて」そんな甘いことを言っている時代ではありません。国際社会を俯瞰して下さい。テロは現代で最も驚異的で悪い意味でのトレンドになってしまっているのです。


 今後の捜査で恐らく犯人は逮捕されるでしょう。犯行の動機ををしっかりマスコミは伝えるべきです。
それも正しく、公平に。国民に真実を伝えるべく、今回の爆破予告事件を徹底解明することを警察当局とマスコミに求めます。


Mitsuteru.O


ツイッター、メールにて政治、国際情勢について意見交換しませんか?
コメント、ご連絡、お気軽にどうぞ。

ラマダン突入で世界的なテロ警戒実施

カテゴリ:
イスラム教徒の儀式、ラマダンが6日に始まり信仰を深める儀式であるがゆえに、それを悪用して、イスラム過激派がテロ攻撃を仕掛けるのでは、という情報が入ってきている。
特にISは過激なカリフ制国家建設を目指していることから、イスラム教徒に対して攻撃を仕掛けるようにと、呼び掛けているようだ。


image



ラマダンは断食や性交渉などの禁止を通じて、イスラム教への信仰心を高める儀式のことであり、何もそれが過激な思想であるわけではない。テロリストらはラマダンを逆手にとり「敬虔なイスラム教徒なら聖戦を行うべきだ」として、イスラム教徒を煽っている。
これは、本来平和を願うイスラムの教えに背くことであり、国際的にも絶対に認められない主張であることは誰の目から見ても理解できる。



イスラム教徒やラマダンが危険なのではない。一部の過激派テロリストが悪なのである。それをしっかり頭に入れておきたい。
シリアなどでは、内戦の影響でラマダンのような行事に参加できないということが報告されている。外に出歩くのも危険であり、イスラム教徒の信仰を妨げているのが、同じイスラム教徒だという矛盾を生み出している。



国際社会はラマダン突入で、最高レベルのテロ警戒を実施する。国際行事などでの大規模なテロが警告されているので、注意したいところである。
なお、先日ウクライナでテロ容疑の男が逮捕されたが、その人物はどうやらイスラム過激派ではないらしい。極右主義者の計画だったらしい。しかし、機関銃4丁に銃弾が数千発押収されており、とても危険な状態であった。



何度も指摘しているが、日本でテロ攻撃が行われるリスクは高い。その場合、イスラム過激派のみならず、反日組織や左派による攻撃に注意したい。サミットが終わってもテロ警戒を決して怠ってはならない。



Mitsuteru.O

このページのトップヘ

見出し画像
×