タグ

タグ:ブリュッセルテロ攻撃

安倍首相、ベルギー訪問でテロ犠牲者に献花

カテゴリ:

~この記事の要点~

・ヨーロッパ歴訪中の安倍首相がベルギー訪問
・ブリュッセルでテロ犠牲者に献花
・ベルギー首脳との合意点



お疲れ様です。GWも終わりに近づき、また通常の生活が舞い戻ってきますね。
海外旅行にも行かれた方が多かったのでは?テロなどの被害が今のところありませんので、少し安心しております。


さて、日本の安倍首相がヨーロッパを歴訪しています。この外交の成果と分析は、当ブログ、または他の媒体にて執筆しようと考えています。
そのなかで本日は、安倍首相のベルギー訪問の際のニュースをお伝えします。ちなみに安倍首相、現在はロシアに入られたと思われます。(5月6日現在、このあと日露首脳会談の予定)


安倍首相がテロ被害現場で献花


▼ブリュッセルのテロ現場で献花する安倍首相(時事)
安倍首相 時事

安倍首相は5月3日にベルギー・ブリュッセル入り。ベルギーのミシェル首相とブリュッセルのエグモン宮で会談しました。
主な会談の内容と成果は以下の通り。

・安倍首相は、3月にブリュッセルで起きた同時多発テロを強く非難
・テロ防止でベルギーと連帯していく考えを表明
・両首脳は、テロ対策に関する2国間協議を年内に開始することで一致
・欧州と日本を結ぶ航空機の搭乗者情報を共有するため、「乗客予約記録(PNR)」の欧州側から日本側への提供に協力を要請

(時事通信)


さらに、ブリュッセル同時テロの現場を訪れ、犠牲者への献花を行ないました。


安倍首相
「この場所には花が絶えない。平和への希求の思いが集まっている」
「日本も世界の国々と手を携えて、テロ根絶に向けテロと戦っていく」

(時事通信)


ベルギーとの連携?にすごく違和感といいますか、正直なところブリュッセルであのような痛ましい事件(事件というよりテロ攻撃)があったから、慰めや怒りを代弁してテロ防止で連携という形になったのではないでしょうか?
いかにも日本らしいといいますか、何か公式に発表しなければなりませんから、仕方ないのですが。
テロ防止で各国が連携を取るのは当たり前のことで、テロ対策の2国間協議というより、各国が集まってより大きな枠組みで情報共有を行なってほしいと思います。


歓迎すべきなのは伊勢志摩サミットで「テロ対策」を主要議題として扱うことです。これは非常に大事なことです。
ロシアがいませんから、ほぼ有志連合の作戦会議みたいになってしまいますが...。
対テロの行動計画を策定するようなので、注目すべきポイントです。


そして、安倍首相のコメントにもあるように、「日本もテロ根絶と戦う」としています。
私たち一人ひとりがテロと戦う気がなくても(日本人の場合は現実味がない)日本の代表である首相がそのようなことを発言すれば、世界の認識は日本人はテロと戦うものだと、思うものです。
外交の場でこのようなことを断言したのですから、我々も少しは対テロ戦がどのようなものか、考えるべきでしょう。当然、テロに賛同する人はいないでしょうから。


今日もお疲れ様でした。


Mitsuteru.O


引用参考元
・時事通信


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com


テロ対策は光の見えないトンネルに突入 国際社会はIS壊滅に向けた議論を真剣に考えよ

カテゴリ:
ブリュッセルのテロは本当に痛ましい大惨事になってしまった。
「EUの首都」と呼ばれるこのブリュッセルで、大規模なテロが起こったことに衝撃を受けた方も多いのでは?
9.11のNY同時多発テロから15年。依然としてテロ攻撃を防ぐ手段が見当たらないことを、国際社会が痛感する最悪の事件になってしまった。


ブリュッセル連続テロの衝撃

images


パリに続きEUの首都、ブリュッセルでも大規模なテロが起きたことに、各国の首脳も怒りを隠せない様子である。


フランソワ・オランド仏大統領は「欧州全体が攻撃されている」として、「深刻な脅威に直面するなかで必要不可欠な対策」を講じるよう欧州各国に呼び掛けた。

アンゲラ・メルケル独首相は「恐怖は無限だが、テロに打ち勝つ意志の強さも無限だ」と述べた。

デービッド・キャメロン英首相は「テロリストには絶対に勝たせない」と言明。

バラク・オバマ米大統領は、攻撃は「言語道断だ」と糾弾した。

国連のバン事務総長は「卑劣な行為」だと非難した。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領も、「野蛮な犯罪」だと非難した。

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は「多くの苦しみを生む見境のない暴力」だと述べた。

エジプト・カイロに本拠を置くイスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルは、今回の爆発事件は「イスラムの寛容な教義に反する」と表明した。




テロ対策とテロの原因は一言で片付けられない
単純だと思うのは日本人特有の議論


テロが起こるたびにテロの原因や、テロリストが増え続ける理由について論争が行なわれるが、実際に役立つ理論にあまり出会うことはない。
現場ではセキュリティも含めて、最大限の予算を投入してテロ対策に望んでいる。だがISなどはそれを飛び越えてテロ攻撃を仕掛けてくる。


テロ攻撃が起こってから治安の問題や、移民対策などを指摘する専門家が多く存在するが、なぜもっと早くそれに気付いていながら問題提起しなかったのか。
日本人は戦争・テロに不慣れで、いつでも平和主義(お花畑理論)を掲げて、「報復は報復しか生まれない」「対話による解決を」と力説するが、欧州や中東の現場レベルでそんなことを言ったら、バカにされるのがオチである。


治安当局の資金不足、国内の言語の違い、移民政策、貧困、差別、武器所有など、テロリストを生み出す原因が語られているが、それらすべてを一挙に解決するのは不可能である。
テロ攻撃という新しい戦争の形がすでにできあがっていることを、日本人はわかっているのだろうか?
無差別に民間人を殺害するテロ攻撃は、人道上もっとも最悪な行為だが、過激派組織の人間からすればそれが聖戦=戦争なのだ。
どんな手段でも、憎き欧米文化を破壊し、間違ったイスラム理論に基づく国家をISは作ろうとしている。


新たな戦争だという理解ができなければテロ問題を俯瞰して見れない。いつまで経っても時代遅れの国防論に終始してしまう。
テロリストが、さきほど上記で示したテロの原因に賛同し、格差や不満を解消できればテロ攻撃を辞めるかといえば、そんなわけがない。
新たなテロリストを生ませない施策にはなるだろうが、すでに全世界からISに集まっている状況である。新たなテロ攻撃をさせないために何をすべきかを考える必要がある。


それは武力の行使以外に考えられない。残念ながら方法はこれしかないと考える。
恐らく箔のついた専門家や影響力がある方は、「武力行使」などとても言えないのが本音だろう。しかし、心の中では大国の本格的なIS掃討作戦を願っているはずである。
今の国際情勢は、もはや格差問題や移民政策、民族差別といった問題を通り越している。ISは本気で全世界と戦争をしているつもりだ。


ハッキリと断言しておきたい。「日本ではテロが起こらないだろう」と安心している日本国民はまだまだたくさんいる。
なぜ起こらないか、と聞けば答えられないだろう。関心がないからだ。日本人の多くの若者はそのようなレベルである。


今や世界中のどこであろうとテロが起こる可能性がある。ブリュッセルで起こった今回のテロ攻撃も、ある首脳が「驚くことではない」と発言したように、もはやテロ攻撃は現代の新たな戦闘の形になりつつある。
日本を攻撃する理由はたくさんあるだろう。


・アメリカと同盟国であること。
・自由主義の象徴、平和主義の象徴であること
・平和な民主主義国家をテロ攻撃するというセンセーショナルな宣伝効果
・ソフトターゲットに最適なインフラ網
・国民の国防意識、国際社会への無関心さ


我々日本人の普通の感覚でいえば、理不尽な理由ばかりだが、彼らからすればそれが”聖戦”にあたるのだ。
よって日本人がよく言う「平和的解決」は不可能な状態である。対話に応じないからテロリストであり、武力や恐怖で目的を達成するのがテロリストである。
そんなことは何年も前からわかっていたことであり、今さら思い出したように議論することではないのだ。


IS掃討にはかなりの時間を要するだろう。まずはシリア和平を確実なものにして、次期政権への移行を進め、全世界でIS掃討に動かなければこの戦いに勝利はできない。
ISは「カリフ国家」の建設を目指しているが、それに賛同する国家は無い。賛同し、兵士として参加するのは社会に不満を持った人々であり、そのほとんどは「カリフ国家」に興味はないはずだ。
つまり、ISに魅力を感じて自分の生き方を見つけるといった動機でISに参加した者を、失望させることが大切である。
ISに参加して失敗した、後悔したと感じるほどの大規模な作戦が必要であると考える。


どちらにしろ、テロの恐怖は今後も続くであろう。
市街地や航空機の自爆テロや、シリア・イラク戦線での攻撃は今後もやむことは無い。
ただ、ひとつ言えることはISに対話は通じない。
武力行使しか、残された道はないということを理解しておくべきである。
他にISを壊滅させることができる方法があれば良いのだが、もはや手遅れである。



文・Mitsuteru Odo


このページのトップヘ

見出し画像
×