タグ

タグ:マスコミ

危機の深刻さが全く理解できていない日本の極左メディア

カテゴリ:
・緊迫する北朝鮮情勢について極左メディアの論調があまりにもひどい
・日本は国防の概念を捨てたのか、といわざる得ない論評
・本当に日本のマスコミなのか?という疑問が生じる


いいかげんで他人事のマスコミ報道を鵜呑みにするべきではない

新聞


北朝鮮の暴走によって東アジア情勢は緊迫しているが、米軍基地を抱える日本にとっては北朝鮮からの核ミサイル、化学兵器攻撃をいかに防ぐかが、安全保障面での最大の課題である。

しかしながら日本のマスコミは今日も平和ボケ真っ只中の報道を繰り返しており、これを鵜呑みにする国民も少なからず存在することを考えれば看過できない問題である。

沖縄タイムスの月日付けの社説では、憲法9条のためなら日本の国防は二の次だという論調である。9条を正しく解釈できていないにもかかわらず、日本が戦争を引き起こす火種になるかのような印象操作だ。


「日本は憲法9条で海外における武力行使が禁じられている。「専守防衛」の原則から逸脱する恐れがある」

「1956年の鳩山一郎首相の国会答弁である。「座して自滅を待つべしと言うのが憲法の趣旨とは考えられない」「誘導弾(ミサイル)などの基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能」との立場だ」

「北朝鮮が発射台にミサイルを立てたとしても、それがどのようにして日本に向けた攻撃だと断定できるのか。その時点で日本が攻撃すれば逆に、日本による先制攻撃になりかねない」

「日本が攻撃した後、北朝鮮が多数のミサイルで報復すれば周辺諸国も巻き込んだ全面戦争になりかねない」

「北朝鮮に対する軍事的対抗策ばかりが強調され、対話や外交努力が押しやられていることを危惧する」


(社説[巡航ミサイル検討]専守防衛 逸脱する恐れ http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/96368


この社説を書いた記者は本当に日本人なのであろうか?また沖縄タイムス自体、本当に日本世論や沖縄世論を反映したものなのであろうか。日本が国際社会で必要な役割を果たしていくことが、どこか不快に思っているどこかの国の機関紙みたいである。


また月日付けの東京新聞の社説では以下のような論調で日本政府の動きを批判している。


「今回の米艦防護は、軍事的合理性よりも政治的な思惑が先行している感が否めない」

「日米連携をことさら強化することは、逆に東アジアの緊張を高めることになりかねない」

「そもそも必要性に乏しい米艦防護に踏み切った背景には、憲法学者ら多くの専門家が憲法違反と断じた安保法を既成事実化し、自衛隊と米軍との軍事的一体化を加速する狙いがあるのだろう」

「外交努力を尽くすこと。それが、武力による威嚇や武力の行使を、国際紛争の解決手段としては永久に放棄した日本の役割である」


(社説 初の米艦防護 本当に必要な任務か http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017050202000167.html


驚くのは日米同盟を強化することが、東アジアの緊張を高めていると指摘していることである。日米同盟が機能してきたからこそ、近年東アジアで本格的な戦争が起こらず、米国の抑止力によって日本が守られていたことを東京新聞は全く理解できていないようだ。

また北朝鮮に対して外交努力をせよ、と指摘しているが、これまでの北朝鮮への対話や外交努力の結果が今の現状である。国際情勢の動きを理解できていない証拠である。

こうしたデタラメな論調に国民は騙されないようにしたい。テレビニュースの論調もそうだが、公共の電波を使って平気で印象操作を繰り返している。平和ボケを治すには、大手マスコミが変わらなければ絶対に成し遂げることはできないだろう。


Mitsuteru.Odo





海上自衛隊、米艦防護へ 他人事のマスコミは存在意義なし

カテゴリ:
・初の安保法適用で海上自衛隊の護衛艦「いずも」が「米艦防護」の任務の為に横須賀基地から出航
・その後「さざなみ」も出航
・戦後の呪縛から一歩抜け出す実績に
・マスコミや一部反体制派はこの措置に否定的


いずも

安全保障関連法に基づき、自衛隊が平時から米軍艦艇を守る「米艦防護」を行うため、海上自衛隊最大級のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」(1万9500トン)が1日午前、横須賀基地(神奈川県)を出港した。日米政府関係者によると、午後に千葉・房総半島沖で米補給艦と合流し、昨年3月の同法施行後初めて、米艦防護の任務を実施した。米軍の要請を受け、稲田朋美防衛相が命じていた。

米軍の要請とはいえこのニュースは日本が戦後の呪縛から抜け出す実績といえるでしょう。米国は安保条約によって日本を守る義務がある。その抑止力と核の傘によってこれまでどれだけの日本に対する武力攻撃を回避してきたのでしょうか。まず日本の国防を語るときにその評価をすべきなのです。日本を守ってくれている米国に対して、有事に加担するのではなく、日本の防衛のために展開してる米軍を平時から支援することはごく当たり前のことなのです。

その「現実と理想の乖離」はマスコミによって国民に植え付けられるのが常です。特に日本の場合は戦後の教育や社会の風潮が戦争を絶対悪として、特に米国にはかなりのアレルギーを発揮して、有事には絶対関わらないように政府は最大限務めてきました。しかし70年が経って国際情勢は変化をしました。防衛や国防論がどのようなものなのか、ようやくわかってきたのではないでしょうか。

しかし朝日の4月30日付け社説では「トランプ政権 戦略無き強権の危うさ」と題して、「就任前は「米国は世界の警察官にならない」と主張していたが、シリアへのミサイル攻撃など軍事偏重に一転した。同じことは、緊張が高まる北朝鮮情勢にも当てはまる。事態打開を急ぐあまり軍事行動にはやらないか」と評しています。

では朝日新聞は北朝鮮問題をどう解決すべきと考えているのでしょうか。相変わらず6カ国協議を含めた「対話」をもって北朝鮮を変えさせるという呑気なことを大メディアが言っているのですから日本の平和ボケは簡単に治せるものではありません。


ミサイル

(核ミサイル防衛の危機がマスコミに理解できるのだろうか)


そういえば北朝鮮がミサイルを発射したときに東京メトロや北陸新幹線が安全確認のために停車したが、そのことについて毎日は4月30日付け社説で「今回は休日の早朝だったが、平日の通勤時だったら大きな影響が出たはずだ。いざという時の備えは必要だが、過剰な反応は混乱を招く可能性がある。公共交通機関は慎重に対応策を練ってほしい」とミサイルを警戒して安全確認のために列車を停止させた交通機関を批判している。

国民の命を守ることを日頃から左翼メディアは叫んでいるが、ミサイルを警戒して列車を停車させたことは批判するらしい。矛盾も度を越している。ミサイル防衛や抑止力、国防の議論に余りにも疎すぎる日本メディアは絶対に信用してはならない。

どのように国家国民を守るかその手段を知らないマスコミ連中は、安倍政権の国防政策に口を出す資格はない。安倍首相は客観的に評価しても、国民の命をいかにして守るか、その術を知っているように思う。地球儀外交でその目で、肌で国際情勢の厳しさを感じたのだろう。国防や安全保障の政策は安倍政権を信頼して良し、と言えるだろう。何度も言うが、無知で勉強不足の日本のマスコミに国防議論をリードする資格はない。


Mitsuteru.O





国防の危機に日本のマスコミは何をやっているのか?

カテゴリ:
日本のテレビ局はわざと北朝鮮に関する情報を国民に流さないのか?と思ってしまう。
北朝鮮が今にも暴発しそうな情勢で、それに伴い米国が攻撃をしようとする場面でも、日本では相変わらずバラエティ一色の番組構成である。

朝日2
 
(まるで北朝鮮の機関紙みたいである。本当に日本の新聞なのか?)
 

北朝鮮との有事を想定したときに、日本の在日米軍が標的にされるのは当然のことである。

それは日本が攻撃されるということ。

それなのに何の危機感の無い日本の世論とマスコミ。世界でも珍しい現象である。
それどころか、「未だに北朝鮮との対話」が大事だ、と主張する人も居る。

北朝鮮の核問題や挑発的行為、それに関わる中国の存在は、何年も、いや何十年も解決しないまま、さらにはエスカレートする状況である。この悪化し続ける状況を見過ごしてきたのは私たちの責任である。

北朝鮮が核実験をしたニュースはまるで日常茶飯事の事のように扱われる。それは中国の尖閣侵犯も同じことであるが。
北朝鮮と対話を試みても、あるいは制裁を強化して自重を求めても、金王朝は一切耳を貸さなかった。

残る選択肢は、金王朝の崩壊と、北朝鮮という国家の解体以外に残っていないことを、薄々、みんなが気付いているのに。
なのに、日本のマスコミはその世論の声を報じることなく、日本の隣国の脅威を東アジアの問題というように、まさに「他人事」の報道を繰り返す。これでは日本人の平和ボケも治るはずがない。

北朝鮮が核実験をする、米国が攻撃態勢に入る。にもかかわらず日本のニュースや国会は森友問題やどうでもいい野党のニュースばかり。
呆れるとい言葉以外に何も見つからない。

北朝鮮問題や拉致被害者救出に無関心でありながら、問題が深刻化すれば平気で政権批判を繰り返すマスコミと左巻きの自称平和主義者は本当に大罪である。

核ミサイルで日本に被害が出れば、パニック報道を起こすのは目に見えている。
だから、私達は自分達で心構えをしておくべきなのだが。


Mitsuteru.O



 

平和を叫びながらもISの戦局を報じないマスコミ

ISやシリアを巡る戦局は日に日に増しています。
これは現実にこの世界で行われている正真正銘の戦争です。
大手マスコミおよび、有識者は「平和主義」を貫き、様々な意見を述べていますが、実際に展開されている軍事的要素を理解できているのでしょうか。
例えば以下のような戦局を皆さんはご存知ですか?

f0ec124e8923d7391150d9b3dd27d012

img_daa4c9be8d3b6e1109d1c7d93864877d191166

アレッポ周辺での政府軍と反政府軍との戦闘が激しさを増している。
ハメネイ最高指導者がアレッポの完全占拠を命じ、これまでにない激戦が続いたと報じています。
その結果、最初の数日は、革命防衛隊はシリア軍とともに、アレッポ近郊の複数の村を占拠した。しかし、これに対する反政府軍の反撃のため、戦局は膠着し、2カ月も戦闘が続いているが、新しいことはイラン兵の犠牲が大きく増えたこと。

例えば過去48時間で、革命防衛隊の指揮官4名のほか兵士7名が死亡した。
このため8月以来の革命防衛隊の死者は500名に達したが、その半分は補助の民兵。

記事はアル・アラビアネットから。ブログ「中東の窓」から翻訳記事を一部修正の上、引用。
http://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/archives/4980479.html 
この戦闘はIS戦ではなく、シリア内戦の戦況を伝えたものですが、シリア軍と反体制派の激戦は相当なものです。
イラン革命防衛隊はロシアの空爆支援を盾に、地上作戦をシリア軍と共に展開していますが、戦死者は革命防衛隊だけで500名!

反体制派の戦死者は伝えられていませんが、こちらにも相当の被害が予想されます。
これにプラスIS戦があるのですが、日本の呑気なコメンテーターはこれをしっかりと認識しているのか?
その軽々しい発言を眺めていると、とてもそうは思えません。

私からすれば、軍事力を持つ英国の強面が押し切ったように見えた。日本のように、70年前の大戦以降、他国で戦ったことがない国と英国とは全然違う。英国は長い間、戦争ばかりしている国なのだ。戦っている状態に慣れている。

小林恭子「英国がシリアへの空爆開始 効果には疑問符でも、その場の雰囲気に流されて」
正義が一元的なものではなくなり、いろんな正義があり、それぞれが必死にその正当性を主張している。その「主張」は、言葉によるものに収まらなくなり、デモならいいけどテロにすらなるようになっている。

倉本圭造「テロが当たり前の時代の『あたらしい正義』について」
事態は予想以上に深刻なものです。今、実際に行なわれている「戦争」なのです。


腐っても大メディアの影響力は絶大

日本の有識者の特徴は(これはあくまで個人的見解です)平和主義、あるいは平和な社会の影響で、何か捻じ曲がったような印象を受ける論調が多いように思えます。

実際に行なわれている戦局を全て理解しての発言なのか、疑問です。
一見、高度な方法論を解いているように思えますが、IS戦・シリア内戦を解決に導く問題提起には結びついていません。

日本は戦後、「戦争」を論じることがタブー視されてきました。現在もそうです。
安保法案の賛否では、「賛成」の意志を示すことが、何かいけないことだという空気が流れていました。

それ以前に、「安全保障に関心が無い」という若者が大半です。知識の無い若者が、大手マスコミの真実を報じない報道により騙されているのが、日本の世論の現状です。
そしてそれは、IS戦やシリア内戦においても関連しているのです。


国民の意識を変えるには問題提起をし続けること

もし私が、大手テレビ局の責任者ならゴールデンタイムで政治・国際情勢の討論番組を毎日生放送する。時間は夜7時~9時がいいだろうか。
要は影響力のあるメディアと有識者の発言が変われば、国民の言論レベルは上がるのです。

IS戦の戦局や、シリア内戦の正しい現状を知れば日本人になにができるのか、または日本はどれくらい危険なのか、正しく考えられるのではないでしょうか。
多くの若者がシリアやイラクで激戦が行なわれていることを知らない。戦争が起きていることは少しは理解しているでしょう。しかし、それが日本にどのような影響を及ぼしているかはわからないと思います。

まず、マスコミに求める点は
・IS戦とシリア内戦の戦局を正しく、全てを報じる
・日本のテロへの危険性を問題提起
・政治・国際情勢の重要性を国民に積極的に伝える
・IS掃討の方法論を提示し続ける
・無駄な理想論でIS戦を利用した空想をやめる

私の知るところ、新聞・テレビはISへの空爆に対する批判や政治論だけを述べているだけで、IS掃討に向けての方法論や戦術への提起はしていない。
恐らく知識がないか、その発言に対する責任が取れないためでしょう。
それが日本の言論をおかしくしている原因だということを、マスコミが気付いていないことが悲しい現実です。

TERU

評価していただけましたら、こちらにご協力下さい!

ぜひ投票とSNSへの拡散をお願いします。

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×