タグ

タグ:ロシア

国連、ウクライナは「深刻な状況」と懸念

カテゴリ:
世界中が反トランプに走っている間にも国際情勢は動き続けています。シリア問題などがその先頭を行く懸念事項ですが、ウクライナ問題に関しても長年の課題です。トランプ大統領就任後にそのウクライナで動きがあったのは周知の通りですが、国連も「深刻な懸念」だとようやく認定したようです。

ウクライナ


年明けからのウクライナの動きをまとめてみますと、

・1月30日から始まった戦闘で軍兵士8人が死亡。親ロ派メディアも、市民が犠牲になったと伝えた
・戦闘が起きたのは政府側の町であるドネツク州アブディイフカなど
・ポロシェンコ大統領は「(対ロ)制裁解除に言及する人に聞きたい。侵略者の責任を問うために他に何をすればよいのか」と強調
・ロシアのペスコフ報道官は31日、「ウクライナ軍の支援を受けたこれらの攻撃は停戦合意を損なっている」と批判
・29日の戦闘以降、政府軍と武装勢力双方の兵士および市民、少なくとも計13人が死亡
・国連安全保障理事会は31日、「深刻な懸念」を表明。さらに「ウクライナの主権と領土保全を全力でサポートする」と表明 

ポロシェンコ大統領の言い分はよくわかります。侵略された側からすればロシアの制裁解除など考えられない。しかし冷静になって考えてみると、我々日本は北方領土交渉のためにロシアとの経済協力を推進して、制裁を解除するかも知れない。領土問題と引き換えにウクライナの心情は無視するべきなのか。こうした議論が日本には必要なのだと感じます。

こういうニュースを見ると、余計にそう感じます。
日本人の国際感覚は大丈夫なのかと不安に感じます。このようなニュースを無視するようならば、日本人はいつまで経っても国際レベルでの会話についていけないと思うのであります。

(大阪発・MItsuteru.O) 

言論サイト「SPECIAL WEEK」http://special-week.strikingly.com/ 

帝国主義ロシアの北方領土に対する不誠実な対応

カテゴリ:

~この記事の要点~

・ロシアが北方領土に関する新たな動き
・安倍首相の訪露に水を刺す
・平和条約と北方領土はセットにするべきではない


▼北方領土の完全なる日本返還はありえるのか (外務省)
北方 外務省


おはようございます。
ロシアが北方領土に対する新たな動きを見せました。
日露関係に水を差す行為を簡単にやってしまうこの国と、日本はどう向き合うべきなのでしょうか。
今回取り上げるのはこちらのニュースです。


・ロシアのプーチン大統領は3日までに、極東地域の振興策として国民に土地を無償で分与する法案に署名し、同法は成立した。
・露政府は北方領土にも新法を適用する方針で、現地での人口増加などを通じ、ロシアによる北方四島の実効支配がいっそう強まるのは必至だ。
・6日には安倍晋三首相の非公式訪露が予定されており、日本政府の対応が注視される。


6日に安倍首相がロシアに訪問するタイミングでなぜこのような法案を成立させたのか。
安倍首相の顔に泥を塗る、我々日本人からすれば屈辱的なニュースです。
ロシア訪問の議題のなかには、当然北方領土のことも話しあわれるはずです。ロシアはこの法案成立をどう説明する気なのでしょうか。


ロシアとの関係改善は賭け?


日本はロシアとどう向き合うべきなのか。これは日本が抱える永遠の課題です。
否応にロシアと仲良くすればいいわけにはいきません。アメリカやヨーロッパと同じ価値観(民族や思想は違うが)を共有する日本はロシアとの関係に苦しんでいます。
外交ゲームにおいて、ロシアは非常に強硬な姿勢で、リーダーシップを発揮したがります。


シリアでは内戦に深く関与し、アサド政権維持のために、テロリスト掃討を名目に民間人や反体制派を空爆したりと、まさに「暴れん坊将軍」的なイメージです。
プーチンが大統領に再任してからは、より強硬になり、クリミア併合においてもまさに帝国主義の復活といわんばかりの姿勢でした。


日本国内において、同盟国アメリカとの関係はどうあるべきかと、たくさん議論されていますが、実はロシアとの関係についてあまり語られていないように思います。
ロシアはヨーロッパのイメージが強いのでしょうか?(実際にサッカーなどではヨーロッパの所属だが)
日本の隣国です。海がありますが、お隣さんの国なのです。


核兵器も保有して、強力な軍隊、どこにでも介入したがる外交方針、独裁的な首脳。まさに中国とこのロシアは隣国として脅威なる存在です。
簡単においそれと、平和条約や関係改善とまではいかないものです。戦前には不可侵条約も破棄されましたからね。(旧ソ連時代)


ここで日本人のネットでの反応を見てみましょう。


・領土問題と平和条約・経済協力は同じレベルで議論するべきです。
どちらかが先行して、ってか経済協力だけ先行してやっても、ロシアは恩も何も感じないでしょう。

・もし返還となったとき、少しでも高く売れるよう日本との交渉カードに使える。
ロシアの経済と国庫の状況が、相当悪くなって来ていると見るのが妥当かも。

・返還なんか期待してない 奪還すべし

・不謹慎かと思うが、北方領土の平和的な返還はもう無理だと思う。ロシアは信用できない。









真意がなかなか読めないロシアの外交


ロシアはシリアの内戦においても、時には驚くほどの行動に出たり、見えみえの嘘を付いたり、本当に予想しづらい外交をしてきます。
先日のシリア・アレッポの病院空爆で、国連安保理が非難決議を採択しましたが、おかしなことです。
安保理のメンバーであるロシアが空爆をしたのに、非難決議を採択...。このようなことを平気でしてきます。


▼ますます帝国主義化するプーチン大統領 (スプートニク)
プーチン スプートニク


プーチン大統領になって、北方領土問題がもしかすると進展するのでは?と期待されましたが、そんなこともありませんでした。
ロシア人東洋学者で歴史博士のアナトーリー・コーシキン氏 は次のようなことを語っています。
「歯舞、色丹は平和条約締結後に日本に渡すことはできるだろうが、示された諸島を渡すことで、領土問題は全て完全に解決済みとせねばならない」


さらにこのインタビューをしたスプートニク(ほぼロシアの機関紙といっても良い)にはこのような解説記事が。
「平和条約もないまま70年も暮らしたのだから、この先もなしでいけるだろう。そういえばあの戦争の一番の敵だったドイツとも平和条約はないままだが、ここ数十年、政治、貿易経済、文化などいろんな分野で両国の間、両国民の間の関係発展を図るにためにはこれは何の障害にもならなかった」


クレムリンはもはや、平和条約などまったく頭に無いのかもしれません。私は平和条約と北方領土はセットでなくていいと、思っています。
ロシアと平和条約を結ぶことは不可能かと。正直に申し上げて、信用ならないからです。
中国との衝突があったときに、ロシアはどちらに付く、あるいはどちらを擁護すると思いますか?そこに平和な関係など存在しません。


最後にプーチン大統領がクレムリンで語った最新のコメントをどうぞ。
「我々は活発な政治コンタクトを、しかもあらゆるレベルで維持している。多角的な対日対話の発展はロシアの最優敵外交課題のひとつだ。5月6日の安倍首相の訪問が互恵的かつそれぞれの国益を考慮した露日関係の拡大を促すものと期待している」


本当なのでしょうか...。


GWの帰省でお帰りの方が多いと思います。
事故無く帰られることを祈っています。


それからYoutubeでも動画配信を始めました。ぜひご覧ください。
 



古川 光輝



ジャーナリズム ブログランキングへ

日本の積極姿勢が求められる日露首脳会談

カテゴリ:
9月28日に、日露首脳会談が開かれることが決定した。
ロシアとの間では、プーチン大統領の訪日のタイミングを図っていたようだが、意外と早く首脳会談が実現する予定だ。

先日の24日に谷内国家安全保障局長が首相官邸で、プーチン大統領の側近である、パトルシェフ氏と会談をしている。
ここで首脳会談の主な内容や、事務レベルでの合意内容を確認したと見る。

当然ながら、この会談の内容は表に出てこない。
日本の新聞各社も「プーチン大統領の年内訪日に道筋がつけられるかどうか」
などといった、推測に終始している。

img_156a8198afd3d14e3ba01115db826dd1134967
 AFP

しかしここで鵜呑みにしてはいけないことは、額面通りにこの主張に納得しないことだ。
日露関係が何も進展しない会談など無意味に近い。首脳同士が会うこと自体が重要だという論調があるが、それはあくまで対外的な「印象」を残すことが目的であり、両国の関係が改善することを意味するものではない。

首脳同士が顔を揃えるだけで満足ならば、事務方の協議は不要であるし、わざわざ国連の場で会談をする意味もない。
大手マスコミはこの首脳会談の前に、会談が有意義であるように紙面で問題提起し、機運を高める報道をしてほしかった。
会談は月曜日である。もう時間はない。中身のある議論はしないだろう、とマスコミ各社が思っているのに何も問題提起しないのは、もはやマスコミは機能していないという他にないだろう。


北方領土返還のために強い抗議を


首脳会談で予想される主な議題は、
・北方領土問題
・平和条約交渉の開始
・日本によるロシアへの経済制裁について
・ロシアのシリア軍事加入への懸念
・クリミア半島問題
・プーチン大統領の年内訪日について

map_260718
 
首相官邸HPより

最大の懸念は北方領土問題だ。日本人であるならば避けては通れない、最大の領土問題である。
日本とロシアは1955年の日ソ共同宣言で外交関係を再開したが、北方領土は棚上げ状態であった。
サンフランシスコ講和条約で、日本側の「千島列島は北方領土には含まれない」という主張に対し、ソ連側は「含まれる」と反論したことから、
ソ連はサンフランシスコ講和条約に調印していない。

しかし、幕末にロシアとの間で結んだ日露修好通商条約以来の固有の領土である北方領土は歴史的にも、国際的にも日本の領土であるべきだ。
ロシアはクリミアにも見られるように、帝国主義に基づく実効支配を通じて、主権を獲得する手法が多い。
それはソ連が崩壊してロシアとなったあとも、日露間の外交懸念として、長年続いているのが現状だ。

そして北方領土問題の影響で、ロシアとの間で平和条約が未だに結ばれていないことを忘れてはならない。
日本は徹底して4島返還を主張しているが、ロシアは「平和条約が締結すれば歯舞、色丹の2島を返還する」としており、その結果が日ソ共同宣言なのだ。
つまり北方領土と平和条約はセットなんですよ、とロシアは日本に「エサ」を撒いているのだ。

そんな簡単に物事が進むわけが無い。相手はロシアである。
ここでロシアに関する情報を紹介しよう。

「モスクワの視点によれば、南クリル諸島は第二次世界大戦の結果ロシアに組み入れられたものであり、これを見直す必要はない」
モスクワ国際関係大学国際問題研究所のアンドレイ・イワノフ上級研究員・ロシアの声より

「露日間の現状はいわば「意図的な曖昧さ」の政策だ。何しろこの問題では、いまだにコンセンサスが得られていない」
リョドミラ、サーキャン氏・スプートニクより

前者の記事は完全にモスクワの意図が伝わる内容である。基本的にロシアはこの姿勢で首脳会談に臨むのだろう。
後者の論評は全くその通りだといわざるを得ない。全く交渉は進まず手詰まりなのは明らかなのだから。

日本政府は積極的に北方領土問題を取り上げて、強い言葉を用いて抗議すべきだ。そうでないと中身のある首脳会談にはならない。
北方領土は完全に実効支配されている。ということは日本は取り返す努力をもっとするべきではないだろうか?
もし安倍首相が軟調な言葉で、あまり北方領土について取り上げないのなら、国内の保守派から相当な反発の声が上がるだろう。
28日の会談には、まず北方領土の議題から入ることを日本政府に求める。

postercontest27
 首相官邸HPより

70th-tsudoi_1
首相官邸HPより
 
ロシアはかねてから平和条約締結後に残り2島を返還すると発言しているが、これを鵜呑みにしてはならない。
その条件には日本は簡単に乗らないほうが良い。セットで経済制裁の解除、石油輸入量を増やせ、など条件を付けてくるのは目に見えている。

そして良く考えて欲しい。ロシアは先日シリアに戦闘機や無人機の配備を決定し、完全なる軍事介入を決定した。
シリアに軍事介入しロシアが空爆などの軍事作戦を開始すれば、これまで以上にシリアは大混乱に陥り、さらに難民は大量発生するだろう。
国際社会が一致団結して、難民問題に取り組んでいる中、ロシアの行動が全てを水の泡にしてしまう。

これまでの様な会談内容では、国際社会に何もアピールできない。
日本がロシアに何らかの形で関与する姿勢を見せるべきである。


記事執筆・Mitsuteru.odo
ご意見、ご感想、執筆依頼、質問などがありましたら、こちらまでお送り下さい。

忘れがちな難民問題の本質

カテゴリ:
現代社会は大きく進化を遂げ、人々の生活を飛躍的に向上させてきた。
ネットの普及、ロボットの開発などにより今後も便利な社会が訪れることは必至だ。
しかしどれだけ時代が進んで快適な世の中が訪れようと、防げない問題はいつの時代も変わらぬままだ。
戦争や飢餓、環境破壊。様々な問題があるなかで、最近になってメディアにより大きく取り上げられているのが難民問題だ。

1  AFP
AFP通信


問題追及の矛先は本当に受け入れ側なのか?


日本未来マガジンの9/8付けの記事でも難民問題を取り上げたが、ひとつだけどうしても引っかかることがある。
どのテレビ、新聞も難民を素直に受け入れないヨーロッパ各国の批判や情報ばかりを流している点だ。
これは日本のメディアだけでなく、欧米の主要メディアも同様だ。

確かに当初のヨーロッパ各国の動きは鈍く、批判されるのは致し方ないだろう。
国境付近を大量に難民が殺到したにも関わらず、対応に不備があり国際社会に大きな衝撃をもたらした。

2  AFP
AFP通信

しかし、難民が出てしまう背景にはなにがあるのだろうか?そこを理解していないと、難民問題の正しい理解と解決策は見つからないだろう。

最大の問題は言うまでも無く、難民を出している国々だ。
シリア、イラク、エジプト、リビア、ソマリア、南スーダン...。
これらの国の紛争解決に国際社会は本気で取り組んできたのだろうか?
難民問題の最高の解決策は、難民を発生させないことである。そのような当たり前の理論をなぜ影響力のある大手マスコミは問題提起しないのだろうか。

さらに言えば、難民問題はこの夏の終わりに初めて表面化したのではなく、今年の春先からすでに大きな問題となっていた。
その時点でこのような事態になるのではないかという予想ができていれば、今も混乱は無かっただろう。
「たられば」は禁物だが、危機を前もって予想し、対処すること。それが政治の役割であり、メディアが問題提起するものである。

3  CNN
CNN

難民問題はチュニジアから始まったアラブ諸国の民主化運動、いわゆる「アラブの春」の大失敗を確実なものにした。
民主政治を目指した民衆は政治的な手法により幸福を追及したが、武力衝突と派閥・宗派争いで最終的には難民を生み出した。

この「アラブの春」の時点で民主国家、平和国家の象徴である日本は何か手助けできることはなかったのだろうか。
例えば、憲法起草のアドバイザーや治安維持のための自衛隊派遣。議会運営や選挙運営の手助け。民主化を進めるプロセスをもっとうまく機能させていれば、あくまで希望的観測だが、ここまでの混乱は無かったのかも知れない。


民主化失敗はアメリカのせい?


「アラブの春」で一番悲劇的な末路を辿った国は、シリアだろう。アサド政権による独裁政権に反発した民衆は、ムスリム同胞団などと組んでアサド政権の打倒を目指した。
しかし、このような政治的な運動に慣れていないシリア人たちはまとまれず、アサド政府軍の武力行使により大混乱に陥り内戦に突入した。
その混乱に乗じてIS(自称イスラム国)が支配地域を広げてしまった。
アメリカがもっと早く介入していれば、という声は多い。ただこの責任をアメリカ一国に負わせる論理は正論なのか?

オバマ大統領は就任当初から「アメリカは世界の警察官ではない」と発言していることから、アメリカが介入に消極的なのは予想できたはずだ。
さらに国連が機能しなかったのは、ロシアがアサド政権を支援していたことから、安保理で拒否権の行使を発動するためであった。
そこでPKO(国連平和維持活動)の派遣は視野になかったのだろうか?

4  AFP
AFP通信

もっとも早期に動くべきだったのは、NATO(北大西洋条約機構)だ。7月になってトルコの要請で緊急会合を開いたが軍事行動はせず、トルコは単独でシリア空爆に踏み切った。
これは危険で高度な予測だが、アサド政府軍が化学兵器を使用したタイミングでNATOが軍事介入すれば、どうなっていただろうか?
ロシアがアサド側に付いて、戦争になっていただろうか?この場合、アサド政府軍に勝ち目は無いだろうからロシアは介入しなかったのかも知れない。

私は先日までそう思っていた。しかし、この場をお借りして私はまだまだ未熟だったことを打ち明ける。
ロシアは先日、シリアへの戦闘機配備を含む軍事支援を明言した。さらに無人機も配備するという。予想をしていなかった。

しかし、もしあのタイミングでNATOが創設したての即応部隊を派遣し、短期で決着させることができたなら。いや、それしか方法はないだろう。
なぜならあの時、ロシアはクリミア問題を最優先していたのだから。

国際社会(私たちも含む)が難民問題を解決するには、まずは原因になっている紛争の解決を急ぐことだ。
政治にその意思が無いのなら、マスコミが問題提起する。マスコミが大事なことを報じないなら、一般大衆が政治・マスコミに気付かせる。
これは難民問題に限らず、様々な問題に適用できる手法だ。しかしその主張は正しいものでなくてはならない。だからこそ、現代人は国際情勢を俯瞰できるスキルが必要なのである。

最新の情報ではEUが緊急会合の中で、シリア周辺諸国へ1300億円規模の追加支援を実施する方針で合意した。

しかしながら、難民問題の現状はヨーロッパ諸国だけの問題ではない。
シリア内戦で住む場所を失ったシリア人は1100万人を超える。
パレスチナ自治区ガザでは、現在の状況が続けば「人が住めない場所」になると国連が報告している。
ミャンマーでは少数民族のロヒンギャ族がタイやマレーシアなどに脱出している。
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の発表で、東南アジアの難民は50万人を超えるとされている。

これで平和な世界だと言えるだろうか。祖国の戦乱で、愛する祖国から逃れる。そのことを私たち日本人は理解できるのだろうか。


記事執筆・Mitsuteru.odo
ご意見、ご感想、執筆依頼、質問などがありましたら、こちらまでお送り下さい。
japan.in.the.world919@gmail.com





 

このページのトップヘ

見出し画像
×