タグ

タグ:中国包囲網

フィリピンとの連携は対中戦略として必要不可欠

カテゴリ:
 安倍首相はフィリピンのドゥテルテ大統領と初会談を行い、自衛隊の練習機5機と大型巡視船2隻の供与を決めた。いずれも中国による南シナ海への挑発に備えるもので、両国とも仲裁裁判所が出した判決を尊重するよう中国に求めることでも一致した。

安倍 ドゥテルテ
 

 さてフィリピンのドゥテルテ大統領だが、どうも不安定な一面が目立つ。オバマ大統領がフィリピンの人道問題について言及しようとすれば、会談を拒否したり、その他にも過激な言動を繰り返すことが当たり前のように思える指導者だ。

 そんなフィリピンだが、対中国という観点で見れば絶対に必要不可欠な存在である。南シナ海における一連の挑発行為に歯止めをかけるべく、日本がフィリピンに協力を求めるのは当然のこと。今回自衛隊の練習機の供与などを確約したが、正直これでは物足りない。フィリピンは南シナ海問題の当事者であり、まさに国防上の危機である。そして中国はこの南シナ海を足掛かりに東シナ海への挑発も繰り返すことが見込まれるため、そのまま日本への脅威となる。

 そうした場合、「抑止」という意味で日本が取るべき施策は「中国包囲網」の構築と、「抑止力強化」である。

 「中国包囲網」は国際社会と連携し、中国の手足を縛る戦略だ。国際会議などの場で積極的に中国の行動を批判し、議題に取り上げて、周囲各国の賛同を得る。そこにタブーを持ち込んではならない。外交とは武器を使わない戦争である。現在、安倍首相が掲げる「地球儀外交」は日本の国益を求めながら、国際社会に貢献するというとても難しいテーマだが、国際社会の代表的な懸念事項である南シナ海問題を解決しようとするならば、先に述べたように周囲国との連携は必要不可欠になる。その意味でもフィリピンやベトナム、インドネシアなどの紛争当事国に対して、働きかけを行うべきである。

 そして「抑止力強化」は「中国包囲網」のそれとつながってくるが、東南アジア一帯の抑止力を高めることは、中国への抑止につながると期待して良いだろう。米国は中東やロシア、テロとの戦いの中心的プレーヤーであることから、地政学的にアジアばかりに目線を向けることは不可能なのだから、その代わりに同盟国である日本が、リーダーシップを発揮して、南シナ海の仲裁に積極的に乗り出すべきである。

 南シナ海への仲裁とは、紛争当事国への経済支援と軍事抑止である。軍事抑止とは何も兵器や武器を供与するのではなく、南シナ海における軍事演習や軍による交流でも十分効果が見込める。その結果、中国は尖閣などへの挑発をもって対抗してくることが予想されるが、尖閣は日本の領土であり、国際的に見ても日本に不利な状況にはならない。その場合は正々堂々、自衛隊を派遣し、防衛出動という形で、断固として領土領海を守り抜くべきである。

 その一環として今回のようなフィリピンとの連携は歓迎すべきものであり、今後のアジアの秩序と法の支配に十分貢献するものだと確信している。これからASEAN、東アジアサミットが続いていくが、中国を名指しした批判は抑えられる見込みだ。外交交渉や国際会議でまとまらない懸念は、代表するどこかの一国がリーダーシップを発揮しなければ懸念は解消されない。その役目を日本が担うべきである。


古川 光輝

https://twitter.com/mitsuteru1127

政治フリーペーパー「JAPAN IN THE WORLD

http://site-935764-9191-6615.strikingly.com/


 

ジャーナリズム ブログランキングへ

テレビが報じない安倍外交 ASEM首脳会議で日本が得た成果をおさらい

カテゴリ:
 7月15~16日にモンゴル・ウランバートルにて行なわれたASEM(アジア・欧州会議)首脳会議で日本の安倍首相は多数の国家の首脳と会談を行なった。
安倍首相が掲げる「地球儀外交」の実践であり、積極的に日本の考えを世界にアピールし、それが国益に結びついていることを高く評価したいと思っている。
しかし、残念なのは日本のテレビニュースをはじめとした大手マスコミの報道姿勢。もう何度何度もこのブログでマスコミ批判をしているが、(このブログがマスコミ批判を中心に展開しているので、それが理由に実際に私は大手マスコミの採用に落ちた経験がある!)とにもかくにも、日本の代表である総理大臣が他国とどのような話し合いを持ったのか、詳しく報じないようでは、マスコミの仕事を放棄しているようなものである。だから代わりにこのブログで発信し続けているのであります! 

歓迎式典

ASEM


安倍首相は訪問先のモンゴルにて以下の国の首脳と会談した。
・モンゴル
・EU
・カンボジア
・ベトナム
・中国
・バングラデシュ
・ドイツ
(韓国とは立ち話のためここでは省略)
また、中国との首脳会談も行なわれた。中国については後日検証記事を書くので、ここでは省略させていただきます。
今回は各国との首脳会談の重要ポイントと、今後の日本への影響を一緒に考えてみたいと思う。


着実に中国包囲網は構築されていることを実感


まずは議長国のモンゴル、エルベグドルジ大統領との首脳会談。

モンゴル


安倍首相
「日本とモンゴルは基本的価値を共有する地域の重要なパートナー。モンゴルの自立的発展のためにできる限りの支援を惜しまない」
「北朝鮮による弾道ミサイル発射は核ミサイル開発の進展を示すもので,北朝鮮の安全保障上の脅威は新たな段階。北朝鮮の行動を変えるためにも安保理決議の厳格な履行や外交的働きかけを通じ,圧力を強めることが重要。北朝鮮の非核化につながるよう協力をしていきたい。また,拉致問題へのモンゴルの協力と理解に感謝している」

エルベグドルジ大統領
「安倍総理のイニシアティブの下で「戦略的パートナーシップ」のための行動計画が順調に進展。次の段階の行動計画にも今後合意し,鉄道,石炭,産業クラスター形成等で協力を進めていきたい」
「交関係樹立45周年に向けて幅広い行事を実施したい」

主な一致点は
・日・モンゴルEPA協定発行を歓迎
・テロを断固非難。バングラデシュでのテロの犠牲者に追悼の意
・モンゴルは日本の平和安全法制を改めて支持

地政学的に北朝鮮、中国との距離が近いモンゴルは日本にとってとても重要な国であることは言うまでもない。
その点は中国もわかっていて、現在モンゴルには膨大な中国マネーが投下されていて中国の影響力も高まっている。
やはり途上国側からすれば先進国からの経済支援が必要であり、確かな技術と良質なインフラ設備などは魅力的である。質で言えば日本の技術は中国の何倍もの価値があるだろう。
安倍首相は拉致問題についてもしっかり言及。北朝鮮に何らかのチャンネルがありそうなモンゴルを経由して、拉致被害者の帰還につなげたい。


次はカンボジアとの首脳会談。昨年11月の東アジアサミット以来となる。

安倍首相
「カンボジアは,ASEAN統合の鍵を握る重要な国であり、日本は質の高いインフラ輸出やメコン連結性の強化や産業人材の育成等を通じ,カンボジアへの支援を継続する」

フン・セン首相
「今日のカンボジアの発展は日本の援助と切り離すことはできない,安倍総理と自分の二人のイニシアティブで開始した直行便の就航を楽しみにしている,また,安倍総理と共に開始した貿易促進についても,10億ドルに達した,日本がカンボジアの重要なパートナーであり,共に仕事をすることができていることを嬉しく思う」

あまり知られていないことだが、(マスコミが報じないだけ)安倍首相は2013年にカンボジア訪問をした際に、選挙改革支援をカンボジア政府に助言を行なっている。その成果がカンボジアの政治に反映されていることを高く評価している。こうして日本の選挙制度とか官僚制度、法整備の仕組みなどを途上国に輸出することも今後の日本にとっては重要なことだろう。中国包囲網のためにも。
そしてカンボジア政府は日本の平和安全法制を支持している。ここの見逃してはならない重要なポイントである。


次にEUの幹部との会談。伊勢志摩サミット以来となる。

日・EU


安倍首相
「EUと英国が協調して今後の交渉の見通しを明確にすることを求める」

EU側
「離脱プロセスにより法的に何かが止まることはなく、日EU関係に何の変化も及ばさない、EUは信頼のおけるパートナーであり続けたい」

やはりEUの話題と言えば英国のEU離脱問題。英国民が決断してことなので、どうにもならないが、あまりにも国際社会に与える影響が大きいためEUは焦っているだろう。
安倍首相もその点を強調している。日本にとっては経済への影響が最大の懸念材料であり、株価や為替の不安定な動きは見過ごすことができない。
その他にはEPA協定の年内妥結を引き続き目指していくことで一致。
そして日本にとって一番重要な中国の南シナ海問題における仲裁裁判所の裁定については、EUは現在声明の取りまとめの最終段階にあるとして逃げた印象。やはりEUにも中国マネーの影響力が働いているのか。


続いてベトナムとの首脳会談。フック首相とは伊勢志摩サミット以来。

ベトナム


安倍首相
「引き続き両国間の信頼関係を強化し,「広範な戦略的パートナーシップ」の下,あらゆる分野での協力を強化していきたい」

フック首相
「G7に招待頂き感謝したい。その際の盛大なおもてなしと二国間首脳会談を実現頂いたことに感謝している」

主な一致点は以下の通り。
・南シナ海での日本との連携を今後も緊密にしていく
・海洋安全保障、航行の自由が確保されることが重要
・ベトナムの海洋執行能力について日本は日豪と連携してベトナムを支援する

南シナ海での緊迫した状況に対峙する当事者である。フィリピンとともに自国の領海が脅かされる事態になっているので、議題も南シナ海問題に終始したようだ。
東シナ海で尖閣周囲での中国の行動を見ている我々にとっても南シナ海は周囲国と価値観を共有できるはずだ。米国が動かなくても、そんなことは関係なく日本は海洋安全保障の協力を進めるべき。


続いてバングラデシュとの首脳会談

バングラデシュ


安倍首相
「ダッカ襲撃テロ事件で尊い人命が多数奪われたことは遺憾。テロはいかなる理由でも決して許されるものではなく,断固として非難する。亡くなられたバングラデシュの方に改めてお悔やみ申し上げるとともに,バングラデシュへの強い連帯の意を表明する」

ハシナ首相
「今般のダッカにおけるテロ事件に深いショックと悲しみを覚える。7名の邦人の方が犠牲なったことに対し,安倍総理,日本国民,御遺族に心からお悔やみを申し上げる。今般の邦人犠牲者は,バングラデシュの開発と発展に尽くしていた方であり,大きな悲しみ。テロリストはテロリストであり,国境も宗教もない。今回のASEM首脳会合でテロを許さないという強いメッセージを出すべきである。安倍総理のASEM首脳会合でのスピーチは力強いメッセージであった」

悲しみが溢れる首脳会談となった。なんといってもダッカで起こったテロ事件である。両国の犠牲者をまずは静かに追悼することから会談は行なわれたようだ。
アジアで大規模なテロが起きた衝撃は計り知れないほどのショックと、日本人に犠牲者が出たことで、一般国民にもリアルに感じられたはずである。
にも関わらず、マスコミは2、3日、ダッカテロの報道をしておしまい。納得できるわけがない。


最後に安倍首相と仲の良い、ドイツ・メルケル首相との首脳会談。伊勢志摩サミット以来である。

ドイツ


安倍首相
「英国のEU離脱について、不透明感の払拭と今後の予測可能性を高めるために、EUと英国が協調して今後の交渉の見通しを明確にすることを求める」

メルケル首相
「欧州統合にとって大きな節目となる出来事だ。まず英国が何をどうしたいのか明らかにする必要がある」

一致点は以下の通り
・ダッカ、ニースでのテロを断固非難する
・安倍首相がメルケル首相に誕生日のお祝いの言葉を寄せた(17日が誕生日だった)」
・緊密な日独関係を今後も構築していくことで一致

否が応でも英国の話題になってしまうが、現時点では致し方ないか。あまり中身のある会談にはならなかったようで、一層ドイツとの関係を緊密にしていくことで一致したといえる。
日本とドイツは「有能な経済大国」としてやはり中国に対抗して、途上国支援を行なっていく責務があると思う。ドイツとなら日本は協力してやっていけるだろう。


安倍外交の成果は着実に実感 次は中国依存の打破を


ASEMを振り返ると、大抵の国は中国のマネーを頼りにしていることがわかる。
中国も経済支援がどれだけ大きな影響力を発揮するか理解しての行動だ。ただ問題は経済で甘い蜜を吸わせながら、軍事力を高めて各国の脅かす手法をしていることだ。
この手法が信頼に値するだろうか?そのような汚いカネで自国の発展をすることが正しいことなのか?
中国の力を借りようとする周囲国はこのことを考えて欲しい。


確かに日本経済も中国依存の傾向にある。小売、観光、様々な分野で中国人の消費による恩恵を受けているのは間違いない。
しかし、中国が今後も尖閣や石垣島周囲を脅かす行動に出る、または一歩二歩踏み込んだ行動に出れば、国交断絶も視野に入れるべき。
中国の南シナ海の軍事化、東シナ海の挑発、サンゴ礁の密漁は絶対に許されない行為であり、100%中国が間違いであると確信する。ならば日本は正論を武器に国際社会に訴え、必要ならば中国との関係を切るべきだ。


考えて欲しい。マスコミは伝えないが、ほぼ毎日、尖閣周囲の接続水域を中国船が航行している。
マスコミが報じないものだから、すでに既成事実になってしまっている。当たり前の光景になってしまった。
ありえないことである。内閣官房も防衛省も、もっと強く抗議すべきである。
ASEMを通して中国包囲網が進んでいることは確かなのだから、日本は自信を持って、行動を起こすべきである。


Mitsuteru.O

国民を守るためには?若い世代にもわかる平和安全法制の是非


ツイッター、メールにて政治、国際情勢について意見交換しませんか?
ご連絡、お気軽にどうぞ。


参考リンク

このページのトップヘ

見出し画像
×