タグ

タグ:中東情勢

カテゴリ:
日本は中東支援のために7800億円の支援を約束したが、金銭だけの支援はもう時代遅れだと思う。
難民支援と感染症対策として多くの支出を決めたが、これは国際社会に対する日本の責任であるかといえばそうではないと考える。日本が掲げる平和主義、民主主義のシステムを中東に輸出するべきなのではないだろうか。

難民問題はシリアの元凶、アサド氏によってもたらされた災難であり、大量破壊兵器や化学兵器を使用したこの独裁者によって難民は生まれ、ヨーロッパ各国にその難民が溢れ出したのは説明不要の事実だ。
日本は直接軍事介入をする余地もないし、する必要も無い。
中東への軍事介入が日本の国益につながるわけでもない。例えばアメリカ、ロシアは中東地域への影響力というとても曖昧な表現で解説されるが、日本が中東に影響力を持つ必要は無い。

無償の支援を日本が世界にアピールできたらそれは素晴らしいことである。
ただ、問題なのは中東地域に民主主義が根付くかどうか。チュニジアやイスラム教徒がほとんどを占めるパキスタンでは民主主義の色合いが強く、政治の統治がしっかりしている。
しかし、リビアやエジプトなどで見られた民主化運動、「アラブの春」の失敗で、中東に民主化は根付かないのでは?という疑問が生じた。だが民主主義は失敗を重ねて成熟していくものだ。選んだ政権が失敗続きなら、選挙でまた選び直せばいい。

独裁政権が崩壊するたびに内戦になるような世界jにはもううんざりである。冷戦の終結で民主主義の勝利という認識が広がったが、民主主義自体、まだ成熟しきれていないのである。ということは中東に民主主義を持ち込んでも問題ない。しかし、イスラムの教義であるコーランには政治や社会はこうあるべきだと定めているため、原理主義者からすれば民主主義はどうなのか、という思いもあるだろう。この場合、政教分離については時間を掛けて議論しなければならない。

アラブの春の失敗の顛末がシリア内戦なのだが、いくら民主主義が根付かないとはいえ、アサドのような悪魔をそのままにしていいわけがない。国際社会は本当に甘すぎると思う。アサドの悪行で、どれだけの人が命を落としただろうか。
ロシアの意向がシリア内戦の主導権を握っているのは常識だが、プーチンはこの犯罪者を最終的にどう料理するつもりなのだろうか。腹の中はわからないが、アサドの延命はあと何年持つか、と私は思っている。

中東の混乱についてはシリア内戦の終結、アサド抜きの新政府樹立、ISや他のテロリストの壊滅で、一旦は落ち着くだろう。そのために国際社会、特に米露はこのプログラムを徹底して貫いて欲しい。
または、先にテロリストの壊滅を進めていくか。だがシリアからISを追い出したとしても、イエメンやリビアでしぶとく生き残る可能性は否定できない。

再三、このブログで私は提言しているので、くどいようだが、日本は民主主義のプロセスを輸出すべきである。
日本が持つ官僚機構のモデルは強力である。(良くも悪くも)政治家に関しては、地位も名誉も、お金も命も捨てて国政に取り組む議員は少ないが、官僚組織と法整備に関する仕組みは世界に通用するものだと思う。
新政府樹立のタイミングの前後で、日本は中心となってシリアに協力すべきである。
お金を出していれば良い、というかつての湾岸戦争時のようなみっともない姿を国際社会に見せてはならない。
世界に誇れる日本として胸を張れる政策と国際貢献をすべきである。それが平和を享受している日本の責任であると思う。


Mitsuteru.O

Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」
 

日本メディアが報じない中東情勢Vol.6 (反体制派とヌスラ戦線が合流?、シルトでIS作戦決行)

カテゴリ:

~この記事の要点~

・イドリブでまたもや空爆
・シリア反体制派とヌスラ戦線が合流?
・いよいよリビア・シルトで大詰めの作戦決行
・シリアで移行政権の枠組み合意?


おはようございます。
目新しい動きは無いのですが、先日お伝えしたシリア・アレッポでの48時間の停戦は今のところ守られているようです。
停戦期限はもう終わりますから、また戦闘が始まる恐れがあります。これ以上の破壊は両者に取って悪影響だと思うのですが、どうなるでしょうか。


シリア北部、イドリブで空爆

▼空爆があったシリア・イドリブ(グーグルマップ)

▼イドリブの市街地(グーグルマップ)
イドリブ


アレッポの停戦で、少しは落ち着きを取り戻せば、と願っていたのですが、アレッポの南西部に位置するイドリブで空爆が行なわれました。
シリア政府軍の空爆だと思います。先日はイドリブの野菜市場が被害に遭いましたから、連続での空爆です。これはヒドイ。
これにより、一般市民少なくとも28人が死亡したと、「シリア人権監視団」が発表しています。
空爆を受けたのはヌスラ戦線が掌握しているイドリブ県サルマダに近い場所にある国内避難民キャンプで、女性や子どもを含む市民28人が死亡し、50人が負傷したとのことです。



これに関連して興味深いニュースを発見しました。


反体制派とヌスラ戦線が合流?


▼シリア・ダマスカスで旗を広げるヌスラ戦線の兵士(CNN)
ヌスラ戦線

ロシア・スプートニクが伝えています。要点は

・米国防省はアレッポで反政府勢力がヌスラ戦線と合流したことを認めた
・アメリカが過激派組織の拠点を正確に把握していないことは明らか
・穏健派の反体制派にも一定の影響を及ぼす



これを先ほどのイドリブの空爆に照らし合わせると、ロシアの頭の中が見えてきます。
ロシアの言い分としては、アメリカはヌスラ戦線やISの拠点を把握しきれていない。そのためヌスラ戦線を狙った攻撃を積極的に取れない。
それが原因で過激派の支配地域を広げてしまった。シリア軍とロシア軍はそれを看過できないから、ヌスラ戦線への空爆を積極的に実行する。
民間人に被害が出たとしても、それは致し方ない。実際に過激派に打撃を与えているのはロシアなのだから...。こう言いたいのでしょうか。
アメリカに任していては、テロ掃討は不可能だ。そうアピールした記事であることは否めません。


リビアのIS戦はいよいよ大詰め


リビアでは、IS掃討作戦が進んでいます。カダフィ政権崩壊後、混乱に付け込んだISもリビアでは壊滅しそうな勢いです。

▼今後のリビアを占ううえで最重要地点のシルト(グーグルマップ)


・リビアの各地の軍が協力してISの拠点シルトを攻撃することがすでに決まっている
・シルト解放合同作戦本部の報道官は、シルト解放作戦は今週末に始まると語った模様
・作戦はリビア東部からの軍と西部からの軍が協力して行い、作戦に参加する航空機のための空港が2か所近くに用意されている模様
・報道官は、作戦参加の軍は更に現地に到着しつつあり、数日以内に完全な体制が整うと語った


日本メディアでは絶対にお目にかかれません。いよいよシルト解放作戦が実行されるようです。
この作戦でリビア軍がシルトを奪還できたら、ISはリビア撤退を余儀なくされるでしょう。
しかし現地メディアではかなりの激戦が予想されていて、ISは総動員で待ち構えている様子。さらに地雷の埋設も完了しているようです。
恐ろしいですね。このようなことが現実に行なわれている。皆さん、想像できるでしょうか?今週末ですから、注目すべきです。犠牲者が多く出てしまうでしょう。


本当に?シリアで移行政権に関する合意?


この記事を見た瞬間、飲んでいたコーヒーをこぼしそうになったのですが...。
イランのParstodayに信じられない記事が。

・国連シリア特使が、シリア政府と反体制派の間で、新たな移行政権に関する合意が締結されたことを発表
・国連のデミストゥラ・シリア特使は文書を公開し、シリアの政府と反体制派の協議団は、この文書によればシリアの独立、統一、領土保全、内政不干渉を支持する中で、新たな移行政権の役割に関して合意を締結しているとのこと。
デミストゥラ特使
「この文書ではまた、戦略的な問題、テロ対策を行う合同の組織、国境地帯や地域の安全に対する支援の提供、集団的な安全を確保するための中立地帯の設定方法について、双方が立場を明確にする必要性が強調されている」


これだけの大ニュースならCNNやAFPも伝えているはずなのですが、このイランのニュースサイトでしか配信されていません。
(日本では当然ながら取り上げてない。それからイランからの発信というのがまた信用ならない...。)
移行政権の合意、とありますが、反体制派は移行プロセス自体にアサドが関与している時点で拒絶していたはずです。
そこがクリアされずに合意するはずがありません。アサド政権を維持したがるイランの思惑でしょうか。これはインテリジェンスも含んだ、非常に緻密な戦略の一環かも知れません。


こうして情報を整理して、まとめてみますと各国の思惑が透けて見えるようになります。
まだまだ私も予備知識が足りていないと自覚していますから、勉強と研究を重ねて、精進していきます。
そのなかで皆様に有益な情報を発信していきたいと思います。
本日も頑張りましょう。


Mitsuteru.O


引用参考元
・グーグルマップ
・AFP
・スプートニク
・アルアラビアネット
・パーツトゥデイ


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com

日本メディアが報じない中東情勢Vol.1 (フーシの捕虜、トルコがカタールに新基地)

カテゴリ:

~この記事の要点~

・シリア政府軍がアレッポで病院空爆
・イエメン軍がフーシの捕虜捕獲
・サウジがリビアに本格介入
・トルコ軍がカタールに新基地



毎日確実に中東情勢は動きます。そのスピードは半端ない速さで進むので、一日でもサボってしまうと、とんでもなく遅れを取ってしまいます・・・。


シリア和平はもう無理か


まずは最悪なニュースからです。またしてもシリアで政府軍の余計な空爆が・・。
これはもう和平の道が閉ざされたといっても過言ではない事実です。


アサド政権軍はシリア北部のアレッポで反体制派を標的とした空爆を実施した模様。
「国境無き医師団」MSFが運営する病院を標的にしたようで、50名が死亡したとのこと。
その攻撃は今なお続いている様子で、シリアの停戦ならびに和平はこれでほぼ無くなったと見ていいでしょう。
アメリカのケリー国務長官は「激しい怒り」を表明。
国連のバン事務総長も、「弁解の余地はない」
と非難しています。



空爆3

空爆

空爆2

つい先日にもイドリブの野菜市場で大規模な空爆がありましたから、もう和平は期待しないほうがいいでしょう。(もともと期待はしていないが)すでに反体制派の軍事力は歯が立たないでしょう。有志連合の攻撃も繰り返し行なうものではないですし、(そもそも有志連合は対IS向けであってシリア政府軍を敵として見ていない)
ロシア軍が今回も空爆に参加しているようですから、この内戦はアサド政権にこのままでは軍配が上がってしまいます。


おかしなことに、当のシリア軍とロシア軍はこれを否定しています。では誰が攻撃したの?って感じです。
平気でこのようなウソを付くのですから、困ったものです。実際に反体制派の区域にある病院が空爆されている。シリア政府軍の攻撃以外に考えられません。
これで和平は決裂し、有志連合、アメリカはどう動くのか。ISにおいては確実に弱体しているので、アサドを倒すための攻撃をいよいよ本格的に実施するのでしょうか。そうなるとアメリカvsロシア、サウジvsイランという恐ろしい構図が目の前に浮かびます・・・。


イエメン情勢


さてシリアに比べて和平が進んでいるといわれる(あくまで現地メディアの見解)イエメンですが、こちらはなぜか停戦は守られていないにも関わらず、和平は進むというよくわからない現象が起きています・・・。
そこで興味深いニュースが。

サヌア

イエメン軍は対立するフーシの捕虜と捕らえたとのニュースがあるのですが、その中にエチオピア人の若者28名が含まれていたとのこと。エチオピア!?驚きました。
フーシはシーア派の武装組織ですが、2011年のサヌア侵攻・占領でその名を世界に轟かせた?のですが、エチオピアの若者にそのような思想はあるのか?


ISもそうですが、アフリカの貧困で苦しむ若者をこうしてリクルートするわけです。
しかしイエメンでは比較的和平も進み、軍事作戦上の成果も上がっているようです。
先日はイエメンにおけるアルカイダ掃討作戦が、イエメン軍・サウジ軍・UAE軍によって行なわれて、アルカイダの戦闘員800名を殺害したとか。確実に各国のテロ壊滅の動きが強まっていますね。
アメリカは今でもIS、アルカイダ、フーシの存在が紅海の航行の自由を脅かしているとして、イエメンは重要地域だとの認識を示しています。


サウジがリビアにも触手?


新国王の指導のもと、どうやらサウジはリビアにも外交の介入を実施するようです。
これにGCCもアメリカも支持しているようで、6月にもサウジでリビアに関する会合が実施されるとか。
アラブの春で積極介入を見せずに、大批判を浴びているアメリカの尻拭いでしょうか?
「オバマに中東をコンロールできるわけがない。仕方ない我々が動くか」と聞こえてきそうですが、いやいや、これはイラン包囲網の一環だと私は思います。


イエメンでフーシに肩入れするイラン相手に、イエメン和平完結のためにサウジは積極的に空爆を仕掛けていますが、このリビアの件でも絶対にイランを意識しているはずです。


それにつながるのが、次のニュースです。


トルコが初の海外基地 場所はカタール!

カタール

トルコとカタールは外交政策で一致する点が多く、シリア内戦における作戦でもよく共にしていますし、さほど驚きはなかったのですが、これはGCCの安全保障向上のため、そしてイランへの牽制だと思います。
カタール自身、サウジとイラン国交断絶になったときも、強調姿勢を取りました。


しかしながら日本の大手マスコミさんはのんびりしています。
国交断絶中のサウジ・イランの間にはホルムズ海峡がありますよね。
ここは日本のエネルギー調達の重要な航路ですよ。その両者が中東を舞台に、各国を巻き込んで(テロ組織も)代理戦争をしているのですよ。
なぜ、報じないのでしょうか。テロ対策がどうのこうの注文するなら、その温床となっている中東情勢を報じなさいよ。


Mitsuteru.O


引用参考元
・AFP
・CNN
・アルジャジーラ
・ニューズウィーク

Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622 

 

【分析メモ】日本には伝わらない中東の現実

カテゴリ:
【情勢分析メモ】
ファイルNo.2-1 中東分析 国際/大阪発/中東の現状


日本のマスコミは国際的な感覚が皆無なので、国際情勢に関するニュース記事が少なすぎる。

特に中東に関するニュースは、処理能力が無いのか、または意図的に載せないだけなのか、はたまた必要ないと思っているかのいずれかだろう。

読者から購読料を取って高い給料で特派員を世界各国に派遣している割には、その情報量が少なすぎる。
今回は日本の大手マスコミが報じない、中東の情報をここで紹介する。

中東情勢は現時点で各国のあらゆる利害が対立する地域である。
そのため勉強する側、国際情勢を知りたいと思う方にとっては絶好の機会なのである。


ロシアとサウジアラビアが急接近?


中東の各メディアが一斉に報じたようだが、ロシアのプーチン大統領とサウジアラビアのサウディ副皇太子(国防相)が会談した模様だ。
当局から漏れてくる情報は極めて少ないが、両者の発言からまとめてみると、

・シリアの将来の政治的解決
・アサド大統領の退陣について
・ISを含むイスラム過激派の排除

以上の点で一致した模様だ。

ここで注視すべきはアサド大統領の退陣に触れたことだ。

ロシアはアサド大統領を支援するためにシリアの反体制派への空爆を始めたのではなかったのか?
欧米のメディア(日本も含む)はそのような論調だった。

しかし、今回の会談を見るとアサド政権擁護のために空爆をおこなっているのではないと、示唆している。
シリア安定のためにアサド政権が絶対必要ではない、というサインを国際社会に送っているのか?(そのサインに日本メディアは気付かないが...。)

いずれにせよ、サウジはイスラム戦線(ISとは別組織)への支援をおこなっているし、ロシアは反体制派への攻撃も継続させている模様。
両者の意図はまだハッキリ見えないので分析を続けるが、今回の会談があったことを頭の片隅にでも入れておきたい。


シリアの混乱がイスラエルにも飛び火


長年、パレスチナとの衝突が続く中東の代表国イスラエルもどうやらシリアからの砲撃に遭った様だ。

13日、ゴラン高原のシリア側から複数の砲弾が飛来してきた模様。
ミサイルまたはロケット砲だったという。

ゴラン高原 GooleEarthより
 ゴラン高原 GooleEarthより


これに対し、イスラエル軍もシリア側の砲兵大隊向けに、砲弾を発射したようだ。

この情報についても極めて限られたものだが、どうやら流れ弾だという観測が強い。
このシリア側から、という情報もISなのか、自由シリア軍なのか、イスラム戦線なのか。まだハッキリとはわからない。

ただイスラエル軍は何者かの攻撃か判断できているからこそ、反撃をしたのだろう。だとすればISなどの過激派の犯行か?
とにかく、イスラエルにもシリア混乱の影がジワリと寄ってきている状況だ。

パレスチナとの衝突が、日に日にエスカレートしていくなかでイスラエルは大変な局面を迎える。


イランがついに地上軍を展開


ビッグニュースが飛び込んできた。
シリア政府筋、イラン政府筋からの情報によると、シリア政府軍、イラン民兵、ヒズボラはロシア空軍の援護の下、アレッポで大規模作戦を計画していると発表。

アレッポ Googleマップより
 アレッポ Googleマップより


アレッポはシリア政府軍、反体制派、ISとそれぞれの勢力が入り乱れて戦闘をしているので、今回の攻撃はISと反体制派へのものだという見方が強い。
そして、すでに作戦は実行されている。

ロシア援護の下進軍するシリア政府軍 AFP
 ロシア援護の下進軍するシリア政府軍 AFP
 

注目すべきは、この作戦にはイラン兵数千名、指揮にはなんとイラン革命防衛隊のスレイマニア司令官!

イランは地上軍の駐留は無いと、外相が明言したわけだが早速この発言が偽りだったことが明らかに。
しかもロシアの援護の下。中東情勢はもう混乱どころの話ではない。

それなのに、このロシア主導による「アレッポ奪還作戦」は日本のマスコミは一切報道しない。
もしかして知らないのでは?またはロシア側による作戦だから報じないのか?これでは読者は真実を読み取れない。

この作戦はすでに実行され、その情報を入手した。

アレッポ戦闘の様子 AFP
 アレッポ戦闘の様子 AFP
 

ハマ Gooleマップより
ハマ Gooleマップより

 
まずはハマ周囲での戦闘では、過去3日間にイラン革命防衛隊の将軍3名が死亡。
先週末にはヒズボラの指揮官も死亡したという。
非常に激しい戦闘だったことは伺える。残念なのは両者の全体的な損失と、戦果は不明な点だ。

また関連する情報では、アレッポの北側でISが進撃しているところを反政府軍が撃退した模様。
ISは多くの死傷者を出し、退却したとされる。


日本のマスコミではもはや限界


何度も指摘するが以上のことは、日本の大手マスコミは一切報じない。
報じたとしても片隅に載せたりするだけで、ニュース番組でもこのテーマに沿った討論も見たことがない。

こんなことで日本人の国際的センスは身につくのだろうか?
このグローバル社会において、日本人が世界のどこへでも行く時代において、そのような閉ざされた報道姿勢でいいのだろうか?

「日本は中東から遠いし」
「日本は関係ないから」

そんなことはない。日本は対テロ戦に多くのお金を搬出しているし、中東の安定のためにかなり関与している。
テロリストから見れば、日本は敵国。

私たち、国民の税金を使って中東の安定の為に巨額のお金を搬出しているのだから、その中東情勢を知ることは国民の権利である。

どれくらい私たちのお金から出た支援は役に立ったのか、平和に貢献できたのか?

国民一人一人がそう思うことが、本当の平和国家の形ではないだろうか?

これからも独自の情報ルートで、必要な分析記事を届けたい。続報にて。


分析者、執筆・藤堂 秀光
情報交換、ご意見、ご感想、執筆依頼などがありましたら、こちらまでお送り下さい。

このページのトップヘ

見出し画像
×