タグ

タグ:内閣改造

新内閣の布陣は盤石の体制

カテゴリ:
img1_file57a21f24b824c

 内閣改造が断行された。布陣は盤石と言える。様々な問題点がマスコミ各社で指摘されているが、本気でそう思っているとは思えない。マスコミは批判する体質なので致し方ないが、あまりにも国民を馬鹿にした報道である。

新内閣

 安倍首相を支える菅官房長官、麻生副総理兼財務相、岸田外相が留任し、屋台骨は揺るがない布陣となった。自民党執行部の人事にしても谷垣氏の自転車転倒事故は誤算だったが、幹事長に二階氏、総務会長に細田氏、政調会長に茂木氏などとほぼ理想的な人事となり、安倍政権を支える体制は十分に整ったと考える。

 注目は稲田防衛大臣である。前回でも指摘したとおり、日本周囲の安全保障環境は日増しに深刻さを増している。就任当日に北朝鮮が秋田沖に弾道ミサイルを発射させたことがそのことを物語っている。改めて指摘しておくが、北朝鮮の核の脅威は日本の国防にとって極めて深刻な事態である。ノドンミサイルによって日本のほぼ全域が射程圏内に入っており、その正確さは実験を繰り返すことで精度を増している。北朝鮮にミサイル発射実験を禁じた国連決議などあってないようなものである。制裁を発動して周囲国は圧力を掛けているように思えるが、北朝鮮は自制するどころか、挑発をエスカレートさせている。

 弾道ミサイルは一度大気圏に突入することから、迎撃することが困難になる。PAC3の性能は確かだが、100%迎撃できるとは限らない。しかも今回は秋田沖のEEZ内に着弾した。EEZ内に着弾したのは初めてのことである。航行の自由が確保されている海域とはいえ、日本の漁民に被害が出る可能性は十分にあった。EEZ内に着弾する恐れがある場合は、迎撃することも視野に入れるべきではないだろうか。その判断が稲田防衛相にできるかどうか。これから中国、北朝鮮の挑発は高まっていくことが予想されるなかで、その手腕が問われることになる。
 
 安倍首相の側近だった世耕氏が経済産業大臣に任命された。世耕氏といえば安倍政権下で長年官房副長官を務め、首相の側近中の側近だ。経産相というポストは非常に重要なポストであり、安倍首相が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けての主要な省庁である。その重要な役割を信頼のできる世耕氏に託すことはまさに適材適所であろう。内閣も自民党も強固な布陣を敷いた印象であるが、稲田大臣就任を見れば「攻め」の姿勢も崩していない。今回の人事は谷垣氏の事故は想定外として、ほぼ理想通りの人事になったのではないだろうか。

 古川光輝

 

政治 ブログランキングへ

政権安定の理由は首相の人柄

カテゴリ:
abe

 第3次改造内閣とマスコミは報じているが何ともわかりにくい。「内閣」と、ひと括りにされる性質上致し方ないのだが、安倍首相が掲げる政策や国家観は何も変わっていない。それどころか年月が経つにつれてその意思はとても強くなっていると感じる。肝心の内閣の顔ぶれは報道にある通り、麻生副総理兼財務相、菅官房長官両者は当然ながら留任、岸田財務相、塩崎厚労相も留任。主要なポストの顔ぶれは変わりなく、安定政権が見込める顔ぶれである。

 
 よくある話なのだが、マスコミは長期間に渡ってポストを留任させることについて「お友達内閣」と揶揄するが、それは大間違いである。裏を返せば大臣としての仕事を十分にこなしていることや、わざわざ交代する必要が無いほど、政権安定に貢献しているということなのである。内閣の安定は国家の利益につながる。販売部数を増やしたいだけの報道は勘弁してもらいたいものである。

 
 注目すべきポイントは防衛大臣に稲田朋美氏が就任すること。安倍首相は稲田氏の政治能力を大変買っており、(将来の女性総理に最も近い?)防衛大臣に大抜擢する。女性の防衛大臣といえば、東京都知事に就任した小池氏以来2人目だが、目を付けなければならない点は、現状の東アジア情勢である。中国の軍事拡大、北朝鮮の核の脅威など日本周囲の国防の現状を見れば大変な事態であることが誰の目から見ても明らかである。そのタイミングでの防衛大臣就任は大変な重責であり、安倍首相はその大仕事を稲田氏に託したわけである。安倍首相も「責任は取ってやるからしっかりやりなさい」くらいのことは言っているだろうが、大変な局面でよく稲田氏を起用したものである。

 
稲田氏にいては自民党政調会長という党の要職をこなし、政策の調整、議員の根回し、官僚とのやりとりを経験し、より政治家として成長したように思える。NHKや民放の討論番組にも積極的に参加し、堂々とした発言とわかりやすい説明で、大臣就任の資格は十分にあると思う。海外メディアでも当然ながら注目していて、韓国の主要紙は早速「防衛大臣に強硬右派が就任」「これで日韓の防衛協力は難しくなる」とまで報じている。日本で「稲田氏が強硬右派」だとの認識が広まっていないにも関わらず、ここまで報じるのはいかがなものか。韓国は日本とどういった関係を望んでいるのか、全く理解できない。

 
 当の安倍首相は2日に 首相官邸にて北海 道と沖縄から訪問した「豆記者団」による歌や舞踊を鑑賞。子供たちにエールを送ったという。安倍首相がここまで国民に大きな支持を得ている理由は、やはり「人柄」にあるのではないだろうか。安部首相は口調も普段は穏やかであるし、強硬的な印象もない。安保法制反対派は「強硬採決」や「安倍政治の暴走」と揶揄したが、そのような印象はなかった。むしろ与党や諸外国に十分な根回しを行い、野党にも十分な審議時間を与えた上で、相当な議論を重ねた結果である。反対派の国民が多いことは確かだが、賛成する国民も同じくらい、またはそれ以上にいること忘れてはいないだろうか。

 
 安倍首相は穏やかな印象もあるが、演説や記者会見では力のこもった発言も行う。その反面、被災地をたずねるとき、または子供たちの話を聞くときは寄り添って、とても総理とは思えないくらい親身に感じることもある。その柔軟な姿勢は一度総理の座を降りたことが大きいのだろう。難病で総理を辞めたあと、私たちには想像もつかないほどの苦労があったと思う。盟友の中川氏の死去、東日本大震災など、様々な経験をして、さらに周りの「安倍をもう一度首相に」という想い。それらのドラマがあってこその現状の安定政権があるのだろう。口先だけでは一国の総理は務まらない。そのことは民主党時代の悪夢を思い出せばおわかりだろう。やはり苦労を重ねて本当に日本の将来を真剣に考える人物が、国民を正しい方向へ導くのだろうと実感している。

 
研究所代表 古川光輝
極東戦略研究所 http://eastasiaintelligence.strikingly.com/    
コンタクトはこちら eastasia.intelligence@gmail.com  
 

政治 ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×