タグ

タグ:化学兵器

北朝鮮、シリアを放っておくなどありえない選択

カテゴリ:
北朝鮮の核実験が近いこともあってひとつ確認したいことがある。一部の人達の主張の中で「武力ではなく対話をすべきだ」という意見がある。

これはもはや笑ってしまう話なのだが、ここにきてまだ対話などという考えが出てくることに驚く。これまで散々対話を試みてきたが、向こう側からそれを断ってきたのだから、もう対話は必要ない。

さて、シリアと北朝鮮の共通課題といえば、「化学兵器」である。化学兵器はサリンやVXガスなどをミサイルや爆弾に装填して、毒をばら撒き、人間を苦しめて殺傷する。それを使用することは人道上許すことのない行為だ。

金
 
(北朝鮮の独裁者・金正恩) 

化学兵器を保有する国家は、例えば核兵器や強力な軍隊を持たない国家が自衛目的や威嚇のために保有する側面があるようだ。しかし北朝鮮は核開発も同時に進めることを可能にし、その脅威は東アジアだけでなく、世界全体の懸念として認識されるようになった。

そのような北朝鮮の暴走を止めることができなかった。そう、対話では北朝鮮を止めることができなかったのだ。
これまでの歴史と経緯がそれを証明している。よって北朝鮮に「対話」で暴走をやめさせるというのは愚論である。

シリアと北朝鮮は化学兵器でつながっていて、シリアで北朝鮮国営企業が化学兵器の調達や開発に携わっているのは周知の事実であるし、共に独裁国家である共通点もそれに拍車を掛けている。独裁国家とはまさに北やシリアのことを言うのであって、一部日本の反体制派が安倍首相を「独裁者」と言っているのが、おかしくて仕方ない。

アサド
 
(シリアの独裁者・アサド) 

化学兵器を使用することは本当に許すことのできない戦争犯罪だ。アサドはそれを平気で使用するし、化学兵器を全廃したというのは真っ赤な嘘であり、その後も密かに化学兵器の製造を続けているのことは一目瞭然で、それに北朝鮮が絡んでいるのは言うまでも無い。

この2国の「毒ガス国家」を私達は無関心で、そして許していいのだろうか。

トランプ氏はこの2国に対して良い仕事をしていると思う。北朝鮮もシリアも「いつかは軍事的オプションで潰さないといけないだろう」と多くの日本国民が心の中で思っているはず。それは口にしないが、戦争するしか解決法がないのが現状だ。それをテレビも言わない。でもこのまま放っておくのはありえない選択なのである。


Mitsuteru.O

【定期報告書】シリアを巡る米露関係の裏合意

カテゴリ:
報告論点
・実質的に米国はロシアとの妥協点で合意した可能性
・化学兵器さえ使わなければ米国はこれ以上の攻撃はしないと約束?
・化学兵器を巡る新たな疑惑浮上
・科学兵器禁止機関がシリアでの調査開始

ティラーソン


1、米露外相会談での裏取引                      

米ティラーソン国務長官は4月12日、モスクワでプーチン大統領とラブロフ外相と会談。報道レベルや両者の記者会見では「絶望的な米露関係」と認識されていて日本の報道にでも「米露関係が悪化」という認識で一致している。しかしアラブメディアでは違った見方をしていて、ロシアがイラン・シリアとの3者外相会談で「米国との間でシリアへの攻撃は今後ないことを合意した」と報告しており、これはつまり米国はロシアに対して「シリアが化学兵器を今後一切使わなければ、米国は一切攻撃しない」と伝えたと推測できる。
(情報元ソース・http://www.alquds.co.uk/?p=703896

メディアに対しての対応は米露の間でも合意されていた可能性が高い。あえて「米露関係の悪化」を示すことでシリア問題を一時棚上げにして時間を稼ぐことができる。その意味は米国の現在の最優先課題は北朝鮮であることの証明である。北朝鮮の核実験実施が近いうちに予測され、それに伴う米軍の軍事オペレーションの分析・検証にCIA、国防省、国務省は時間を費やしている。シリアとの2正面作戦をする余裕などなく、あえなくトランプ政権はロシアとの「一時休戦」を選んだのではないだろうか。


2、化学兵器使用の謎

化学兵器は誰が使用したのか。永遠の課題であるこの問題は現世界において最大の謎である。米国および日本も含むその同盟国、西側諸国、マスコミ、各種メディア、そして世論も化学兵器を使用したのはシリア政府だと断定している。否定するのはシリア政府とロシア、イランであり、特別変わった仮説は存在しない。西側諸国対ロシア・イラン連合の構図は国際社会の公然の事実である。

アサドは(本来なら大統領と付けるべきだが、アサドは完全な戦争犯罪者なので私は大統領と認めたくはない)化学兵器使用を否定している。



米国の陰謀論も世論の間で飛び交っているが、米国はイラク戦争の二の舞は繰り返してはならないことを重々理解している。十分な調査を行ったうえでシリア政府軍使用を断定したのだろう。

しかしシリア政府軍参謀本部の最新の会見で、「有志連合軍がISの化学兵器が貯蔵されている倉庫を空爆した」と発表した。以下はシリア軍司令部のコメントである。
「攻撃は17時30-17時50分ごろ、外国人傭兵が大勢いたISの倉庫に対して行われた。攻撃された場所では白い雲ができ、その後、黄色の雲が形成され、これは大量の有害物質の存在を物語っている」

つまりロシア・シリア側はISが化学兵器を所有していたのはISであり、シリアではないと証明したと主張。しかしシリア政府軍が化学兵器を所持していなかった証拠はなく精査が必要だが、逆に言えばISも化学兵器を所持していることはわかっていたことである。「化学兵器根絶」を盾にすれば、この有志連合の空爆も正当化されるのではないだろうか。興味深いのは米軍はイドリブでの空爆は行っていないと言っている点である。しかし余計な反論は控えたほうがよかったのではないだろうか。


3、化学兵器禁止機関査察と今後のシリア

hannshain
 

そこで化学兵器禁止機関が早速動き出した。調査官がシリア・ハンシャイフンで調査を開始し、化学兵器が散布された現場からサンプルを入手。すでに分析を開始し、結果が出るまでは2~3週間かかる見通し。調査官は現段階で「初期段階では信用できる疑惑である」としている。

ロシア側も客観的な調査は歓迎しているため、難なく調査にこぎつけたようだが興味深いのは現地の治安状況が最悪なこの時期にどのようにして調査を行うかである。現地の安全は保障されない危険な任務である。しかしこの迅速さで調査が行われているのは不思議で仕方ない。現地の安全が確保されているからこその行動であることは間違いない。つまり反政府側に何らかの協力が求められ、それを反政府側は容認しているのではないか。

さらにシリア政府側から空爆は実施しない方針が伝えられているのでは?それがクリアできるのであれば政治的に和平へ導く余地はまだあるのではないだろうか。米露の対話も大事だがシリアにとって永遠の課題はアサド家の問題だ。今でもアサドに仕える側近が軍から政治まで権力を握っている。その証拠にアサドに代わる新大統領の候補に名前さえ挙がらない。内戦で疲弊したシリア国民が無視されている状況は一向に変わらない。米露の思惑と国際社会の期待は相反しているが、最終的に行き着くことは「アサドの首をどうするか」というシリア内戦の初期段階に戻るのではないかと考えられる。


国際保守通信・Mitsuteru.O



 

このページのトップヘ

見出し画像
×