タグ

タグ:子育て

北海道上士幌町、こども園10年間無料化! 素晴らしい取り組みに政府は見習うべき

カテゴリ:
素晴らしいニュースが飛び込んできた。

上士幌町TOP

2015年度の寄付額が、町民税収の5倍以上の14億円を超えた北海道上士幌かみしほろ町では、認定こども園(定員120人)の利用料を4月から10年間、完全無料化する。総務省によると、ふるさと納税で認定こども園を無料化するのは珍しいという。

上士幌町の同年度のふるさと納税は9億5000万円で全国トップクラス。
納税の返礼特典である「十勝ナイタイ和牛」の人気が高いことがあげられる。

すでに無料化されている幼稚園部門に引き続き、一部有料となっている保育園部門を完全無料にする。

1/27付け 読売新聞・夕刊より引用


戦略的な施策に賞賛を与えるべき


本当に素晴らしい。子育て支援の重要さをよく理解している施策だ。
地方都市では少子高齢化の影響をもろに受けてしまうことから、やはり子育て支援を充実させてなんとか少子化を食い止めようという動きがさかんだ。

まるで”危機感”が政府とは違う。

確かに政府の役割はもっと大きなことなのかもしれない。財政、国防、社会保障など多岐に渡るが、深刻な社会問題である少子高齢化に対してはあまり積極的に取り上げない。
地域の実情に合わせて効果的な政策を決める点では、地方独自の対策で実行すべきだ、と言う意見も納得できる部分はある。

しかし、政府が方向性を見出すことで地方もやる気になるのではないかと思う。
安倍首相の掲げる「1億総活躍社会」で子育て支援の位置づけは上位にあるとは思えない。
今後も高齢者優遇、経済最優先の政策が実行されれば、どんどん少子化が進んでいくだろう。

だが、他の野党も納得のいく対案を出さないので、当面は中央政府よりも、今回紹介した上士幌町のような施策をモデルに、地方都市の首長は子育て支援を充実させてほしい。

素晴らしい取り組みをなされた、上士幌町の竹中町長、町役場の職員の方々、町議会の方々に敬意を表します。
ちなみに1月30日に東京で、上士幌町のイベントがあるようなので、行ってみてはいかがでしょうか。
 
上士幌町広告

上士幌町ホームページ→http://www.kamishihoro.jp/


記事・大堂光輝



 

カテゴリ:
前回に引き続き、安倍首相がおこなった施政方針演説での内容を、日本未来マガジン独自の視点でピックアップしていく。

今回の補正予算では高齢者対策への比重が、子育て支援策などに比べると重いことがわかる。
ここ何年も少子高齢化で、若い夫婦が子どもを産みやすい環境を整えるべきだとして、議論されてきた。
しかし、小出しの政策と予算で大胆な政策転換をできていないのが現状だ。

そこで、安倍首相が演説で子育て支援策について何を語ったのか改めて見てみたい。


安倍首相・施政方針演説(子育て支援策について)

「一人でも多くの若者たちの、結婚や出産の希望を叶えてあげたい。
所得の低い若者たちには、新婚生活への経済的支援を行います。不妊治療への支援を拡充します。産前産後期間の年金保険料を免除し、出産の負担を軽減します。妊娠から出産、子育てまで、様々な不安の相談に応じる「子育て世代包括支援センター」を、全国に展開してまいります。
仕事をしながら子育てできる。そういう社会にしなければなりません。
病児保育の充実など、子ども・子育て支援を強化します。目標を上積みし、平成二十九年度末までに合計で五十万人分の保育の受け皿を整備してまいります。返還免除型の奨学金の拡充、再就職準備金などの支援を行い、九万人の保育士を確保します。「待機児童ゼロ」を必ず実現してまいります。」

「ひとり親家庭への支援を拡充します。所得の低い世帯には児童扶養手当の加算を倍増し、第二子は月一万円、第三子以降は月六千円を支給します。
幼児教育無償化の実現に一歩一歩進んでまいります。所得の低い世帯については、兄弟姉妹の年齢に関係なく、第二子は半額、第三子以降は無償にします。
高校生への奨学給付金を拡充します。本年採用する大学進学予定者から、卒業後の所得に応じて返還額が変わる、新たな奨学金制度がスタートします。希望すれば、誰もが、高校にも、専修学校、大学にも進学できる環境を整えます。 」

首相官邸HPより引用  動画はこちらから→首相官邸


若者軽視は政権への大ダメージとなる


はっきり申し上げれば、自民党は若い世代への支持獲得に本気で取り組んでいないと見る。
論点からややはずれるが、高校生を含む若い世代がなぜSEALsや他の左翼団体に影響を受けるのか。

それは政治への無関心、不勉強も大きな理由ではあるが、長年自民党は若者に向けての政策をやってこなかった過去がある。
小さな政策に限定すれば「若者支援もやっている」と言い張ることができるが、マニフェストや公約の柱として若者のための政治をやろうとしたことはあっただろうか?

確かに選挙に行かない若者が多いので票にならないかもしれない。
しかしいずれ大人になる彼らを無視する政治を行うということは、安定した支持を獲得できないということだ。

自民党がもし、安定した与党として政権にい続けるのであれば、早急に若者支援、子育て支援をやるべきである。
さらに少子高齢化は社会問題である。少子高齢化だから移民を受け入れよう、なんて暴論はやめたほうがいい。

なぜなら、まだ日本の政治は少子高齢化対策に本腰を入れていないのだから。

やることもやらず、ただ移民を受け入れようなどという議論はあまりにも幼稚であるし、いかにも左翼的で安全保障面での危険性を考慮しない暴論だ。

少子化対策を進めるにあたって重要なのは、”入り口”ではないだろうか。
出産時の負担軽減、再就職の迅速化、幼児教育無償化。この3つは必須の政策だろう。

自民党は、夏の参議選、さらには解散の観測もあるなかで、子育て支援についての新たな発表をすべきだ。
でないと、若者はさらに「左翼派」(実際には安倍嫌い、自民党嫌いからくるのだが)に流れてその結果、日本の国益を損なう結果になるだろう。


記事・大堂光輝

カテゴリ:
最近、子どもへの虐待のニュースがあとを絶たない。
先日も大津市の41歳の母親が自分の子どもへの傷害の疑いで警察に逮捕された。

この母親は3年前からおととしにかけて当時1歳の次女に繰り返し暴力をふるい、足の骨が折れるといった大怪我を負わせたようだ。
発覚した理由は、この虐待を受けた女の子がおととし3月に自宅で肺炎で死亡したことがきっかけで、解剖でわきの下にやけどの痕や骨折の痕が見つかり警察が捜査を進めてきた。


どこからどこまでが”しつけ”で虐待のラインはどこからか


虐待の線引きは非常に難しい。
定義的には、「長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為」

ただ虐待といえども、その”種類”は様々ある。
学術的に記述をすると

・身体的虐待(文字通り、暴力をふるうこと)

・心理的虐待(心に傷が残るような心理的暴力)

・性的虐待(性的な行為を強いること)

・経済的虐待(金銭を使わせない、あるいは確信犯的に経済的困窮を与えること)

・ネグレクト(育児放棄、無視など。最近になり非常に増えてきた)

これらを完全な形で把握することと、摘発することは難しい。虐待の線引きは今でも世界共通の課題だ。
アメリカで積極的に議論が続けられ、日本でも民法の改正などで先に述べた定義付けが行われてきた。

親は、民法にって子育てや子どもを監督することが義務だとされている。つまり常識の範囲内で子どものしつけをすることは親の義務なのだ。
しっかりと子育てをやっておられる方には「当たり前の話だろ」と思うかも知れないが、虐待をしている親には耳の痛い話なのだ。

語弊があるかも知れないが、怯まずに言うとすれば、昔から子どものしつけには「懲戒」という形で、一定の「罰」を使いながら子どもに気付かせるという手法が用いられてきたはずだ。
例えば悪いこと、危ないことを子どもがした場合には頭をはたいたり、軽くビンタしたり、お尻をたたいたり、そのような行為が子育てには必要な側面もある。
しかしこれらが「虐待」かといえば、それは違う。

ならば虐待の線引きを考えたうえで重要になるポイントは

・ケガの程度

・暴力の頻度

・子どもの精神に害を与えるほどの暴力

普通に子育て、しつけをおこなっている親が気をつけなければならない点は「ケガの程度」だろう。
「しつけの一環だった」という供述が多く聞かれるが、第三者から見れば「虐待があった」と判断されてもおかしくない。
ここが非常に難しい点で、このような「交通事故型」のしつけには親も十分に気をつけるべきだろう。

私は、「しつけの一環」だったという供述をどう捉えるべきか非常に悩んだ。なぜなら子どもが苦しんでいる現実と、親が守られるべきしつけの限度に整理がつかなかったからだ。
普段から懸命に子育てしている親にとって、いわば虐待は背中合わせなのかも知れない。

ひとつのビンタが、ひとつの言葉が子どもにとって非常にダメージを与えることになれば、虐待の疑いがそこで生じてしまう。
この全ての原因は虐待で多くの子どもたちの命が奪われた、日本社会の闇の部分だ。

多くの親が気付いていないが、あなたが虐待する親だと思われる、または勘違いされる、そのようなリスクがあることを理解してほしい。
虐待が社会問題である以上、それは致し方ないことだろう。

ケガをさせない程度のしつけは親としての権利を行使しているだけに過ぎないので、子育てには必要なこと。
これは今も変わりないだろう。

気をつけるべきポイントは

・ケガをさせないこと

・ケガをさせない程度のしつけでも、それが繰り返されれば子どもの精神的負担は蓄積する

意図的に暴力を行うことが趣味の親にはこの話は通じないが、普段から懸命に子育てに励んでおられる親の方々にはぜひ必読していただき、ママ友たちに拡散願いたいものである。


記事・大堂光輝

このページのトップヘ

見出し画像
×