タグ

タグ:政治意識

若者は相変わらず政治に無関心なのか?

カテゴリ:

テロの脅威が世界を包む中、国際的な包囲網を築きながらも、テロ攻撃を防ぎきれない事態が昨年後半から今年前半に掛けて頻発しています。
世界は新たな時代を迎えたと、しつこいくらい記事で指摘しているのですが、日本の若い世代は、今とんでもない時代を迎えていることに気付いているのでしょうか。

国会


時代は進み、技術革新で人々の生活は豊かになりました。
SNSですぐにでも友達や家族に連絡が取れ、自宅にいながら買い物ができ、さらに流行に乗ろうとする若者の新たなトレンドが街を彩ります。
しかし、人類が築きあげてきた文化を、一部のテロリストはつぶそうとしている。
しかも、カリフ制国家を築きあげるため。(実際は女性の教育を無くしたり、現代には合わない厳格な思想によって支配する恐怖政治)
その目的を達成するために大量に民間人を殺害するその手法を、一体誰が肯定するでしょうか。
そのようなとんでもない行為を繰り返す集団が実際に存在すること、今この瞬間も戦闘が繰り広げられていることをどれだけの人が知っているのでしょう。


パリやブリュッセルでテロ攻撃があったように、世界の大都市でテロ攻撃は展開されている。
いずれも市街地で、カフェやレストランが居並ぶ通りで、無差別にその残虐な行為は行なわれました。
日本人の心の持ちようは一体どうすればいいか。ハッキリ言ってしまえば、日本人にはテロをリアルに感じることができず、危機感がないのが現状です。
私はできるだけ、このブログを活用して中東で行なわれている紛争がいかに日本に影響があるか。それを少しでも多くの方々に理解してほしいと考えています。
一つ確実に言えることは、知らないより知っているほうが絶対に良いに決まっている、ということです。
そこで本日は、若者の政治参加が叫ばれるなか、果たして本当に若者は政治に目覚めたのか?それを短く論じてみたいと思います。


~この記事のポイント~

・実は日常生活で、誰もが政治を実践している
・正しい知識を前提のもと政治参加するべき
・政治に興味を持つために社会がやるべきこと


政治は難しくない 誰もが実践している


例えば政治に興味がない、という方々が多いと思います。
特に若い世代はそんなことに構っている時間はなく、遊び、勉強、仕事に追われ政治に関心を示すことなど、基本的にはないだろうと考えます。
しかし、政治とは「価値の権威的配分」であり、それは生活の至るところで、自分が気付かないところで自然に政治に関わっているのです。
会社や学校での人間関係も言わば政治であり、利害調整、友人関係など、実は政治を誰もが実践してしています。


この話を展開していくと、マクロとミクロに分けることができます。
皆さんが住むこの日本という国家で、国民の生活を第一に考える国会議員や官僚の仕事をマクロで捉えれば、私たちの日常生活においての個人個人の利害調整はミクロの視点となります。
したがって政治に興味がない、などということは大きな間違いで、普段から知らぬ間に実践しているのです。政治とはステージが違えど、人類みなが実践するものなのです。


このような視点を身に付けることができれば、私たちの生活を守るための政治、つまりマクロの政治が気になってくるのではないでしょうか。
マクロ政治の裁量次第で、自分たちの生活が一変するのを実感するはずです。そうでなれば無関心でいられません。
選挙に行かないにしろ、国会議員はその地域の代表として国会に選出されます。自分が投票に行かなくても私たちの代表であることは揺るぎようの無い事実です。
このことから目をそらさず、我々の生活が良くなるように、監視する必要があります。


このブログでも政治的無関心について言及したことがありますが、この時代、政治に無関心であることなど、あまりにもナンセンスなことだと思います。
自分の住んでいる地域で選出された国会議員も知らない、総理大臣の名前も言えない若者も存在します。さらに日本がかつてアメリカと戦争したことさえ知らない人もいます。
それは大いに恥じるべきです。
そしてデモに参加することが政治に参加していると思っている人も多く存在します。間違いではないと思いますが、この国の行く末がどうなるかを考えての結論だったのなら批判はしません。
ただ、周りの意見に流されたり、特定の思想・団体に影響されての主張は、すぐにその化けの皮がはがれます。
ぜひ正しい知識を取り入れて、賛成反対の主張をよく理解して、日本人であるならば日本の国益を最大限に求める考えを持ってほしいと思います。


政治参加のためにやるべきことはたくさんある


今になってようやく、若者の政治参加だとか、選挙権の引き下げで、若者の政治熱と言われましたが、現場レベルではそれほど広まっていません。
政府や関係省庁、一部専門家や有識者は、誇らしげに語っていますが、そんなエネルギーは感じ取れません。
大手マスコミはお得意の加熱報道で、若者の政治が盛り上がってきたと書きたてますが、実際、街の雰囲気を見ても(全体的な)これまでとは変わりないような気がします。


恐らく政治参加を促す手法に誤りがあるのではないかと思うのです。
選挙権が引き下げられるからと、半ば強制的に政治教育を求めても若者は共鳴しません。
一番効果的なのは、マスコミ、広告業界の協力を得ることです。
ご存知の通り、テレビ局と広告業界は膨大な収益を手にして、あぐらをかいていますが、そろそろ世の中に恩返しをするべきです。
その手法は、採算度外視で、政治専門の新聞やフリーペーパーを発行する。
その内容は若者が手に取りやすいように、タブロイド版で見出しを大きく、写真グラビアを多くして、問題点を一覧で示して、若者にも政治をわかりやすく論じる。
テレビCMや街の看板でも政治家をどんどん登場させるべきです。党のCMでも何かの商品でも構わない。日本は規制などが多く、政治家がテレビに出たり、派手に露出することを嫌がる傾向があります。
くだらないことかも知れませんが、それを打破しなければ、日本人の政治に対する考え方はかわりません。やりもせずに批判するのは筋が通りません。


極論ですが、カフェや居酒屋で若者にこう質問したとしましょう。
「政治に関心がありますか?」
10人に聞いて、良くて1~2人でしょう。それだけ日本の若者政治意識レベルは深刻なのです。
このブログでは情報発信のプラットフォームとして、不十分だと思いますが、一人でも多く、何か心に宿るものがあれば、幸いだと思います。


(古川光輝)

 
政治・ライフスタイルのフリーペーパー「JAPAN IN THE WORLD」


北朝鮮がテロを計画? その狙いと国民の危機感

カテゴリ:

韓国の情報機関、国家情報院は18日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が最近、韓国へのテロに向けた力量を結集するよう指示し、工作機関である軍偵察総局が準備していることがわかったと与党との会合で報告した。韓国政府は情報収集を進め、警戒を強めている。
朝日新聞
東アジア
 

ここのところ、日本の周囲では軍事的緊張が急激に高まっている。
先日の北朝鮮による自称水爆実験、さらにミサイル発射、中国の南シナ海へのミサイル配備。
これらは日本のニュースでも限られた時間で報じられているが、本当に危機的状況である。

日本国民は危機感共有できているか?

改めて考えてみた。日本は戦後70年、一度も戦争をしていないし、他国からの侵略も(直接的な。竹島や北方領土、尖閣諸島への領海侵犯は別として)一切なかった。
70年経った今、国が他国に占領されたり、他国から攻撃を受けた現実を目の当たりにした世代は少なくなってきてしまった。
世代が変わり、アメリカに守られながら平和を享受してきた私たちは、戦争と言うものを身近に感じない。

しかし、少しだけ視野を広げてみる。
ニュースを見るだけで、戦争と言うものが身近に感じるようになる。
「イラクで爆弾テロです」
「パリ中心部で同時多発テロです」
「シリア北西部で大規模な空爆です」

日本とかけ離れた地であるものの、毎日これらのニュースが目に飛び込んでくる。
それは関心が無くても、駅の電光掲示板や大型ビジョンでも無意識に目にするものである。
肝心なのはそこで「なぜ日本ではこんなことにならないの?」と気付くこと。

なぜ、日本だけ空爆もテロもなく、平和で当たり前の日々を過ごせるのか。皆さんは考えたことがありますか?
何気ない日々。家族との会話。もしくは愛する人と同じ時を過ごすことの幸せ。
中東やヨーロッパでテロが起き、日本ではなぜ普通の暮らしができるのか。

それは何事も無い、平和で普通の生活が可能な、国家体制が敷かれているからである。
そこを理解するべきであり、それを知らないままでは、いつまで経っても日本人は「平和ボケ」していると、外国人から笑われることになる。
よく「政治」はダメだ。と言い切る方々がいるが、本当にそうなのか。確かに失言やスキャンダルを見ていると、その気持ちもわからないこともないが、大国と言われるアメリカ、ロシア、フランスでもテロ攻撃はあった。
なぜGDP世界3位の日本だけが、平和な毎日を過ごせるのか。
政治機構、公安、各省庁の官僚の水面下でのテロ警戒と、未然防止の活動があるのは当然だが、ここまで平穏な国家でいられることは、世界を見ても稀だ。

しかしここで、「北朝鮮」である。アメリカの同盟国である我が国は、当然北朝鮮からすれば「敵国」だ。
日本に直接的な”恨み”はなくても、西側諸国、民主国家の急先鋒である日本を”悪”だと思っている。
北朝鮮の”最終目的”はわからないが、少なくとも、アメリカやロシアなどといった大国と直接交渉して、経済援助を求めることはハッキリしている。
日本は資本主義国家の成功者として、”お金持ち国家”であるために、北朝鮮は拉致という人道上最も最低な手法で、交渉カードを切ってくる。

そこで次はテロ攻撃。軍事攻撃と変わらないこの手法は、もはや最終手段だろう。
なぜテロをする必要があるか考えてみたが、やはりISやアルカイダのような”一定の影響力”が欲しかったのではないだろうか?
北朝鮮はミサイル発射などを繰り返しているが、アメリカや日本に筒抜けであり、あまり交渉カードとしての機能は薄れてきた。
現在、世界中で恐れられているのは、無差別なテロであり、それは国家の体制を崩す威力があるものだ。
北朝鮮がテロ攻撃に手を染めようとしているのは、核ミサイルに変わる新たな交渉カードの一枚にしようとしているからではないだろうか。
そうであるならば、やはり地理的にも近い日本・韓国が真っ先に狙われる可能性が高い。
ましてや韓国政府内部には北の工作員が入り込んでいると聞くし、日本にも北朝鮮と密接につながっている人物も多数いる。北のシナリオはアメリカの同盟国である日本・韓国への攻撃ではなかろうか。

ここまで指摘しても「別に平和ボケでも構わない」と強がるなら結構だが、100%言い切れることがある。
日本の周りの危機を絶対に知っていたほうが身のためである。
知っていることと、知らないこと。比較すれば、絶対に知っておいたほうが良いに決まっているのである。
そしてそれが、自分の生き方、生活に役立ち、そのような習慣を身に付ければ正しい知識が身につき、年齢を重ねたときに正しい思想を得られるようになる。

先日、ツイッター上で興味深い議論があった。
いくらニュースなどで重要な情報を流しても、「聞き手」不足であり、また、職場や学校で政治や国際情勢に関する話題はほとんど無い。
日常にそのような話題が上らない以上、日本国民の政治意識が高まることはない。という趣旨だった。
確かにメディアやネット上では、手法が間違っていたとしても、日本の危機を知らせる報道をしているように思う。問題は関心のない彼らを取りこめていないことである。
中東情勢などは日本から地理的にも遠く、理解するのには時間ががかるが、せめて日本の周囲で起こる危機については知っておいて損はないと思う。それは、自らに降りかかる問題であるからだ。


記事・大堂 光輝

どなたでもお気軽にコメントしてください。
執筆依頼、提携、情報交換などは下記のメールアドレス、またはツイッターにてお待ちしております。



甘利氏の金銭スキャンダルとニュース断捨離のススメ

カテゴリ:

甘利氏の金銭スキャンダルに絡み、民主党が独自に音声データを入手したとして、それを公開し、甘利氏に改めて説明を求めることを発表した。
玉木


政治がまた政局に流される

国会

民主党のこれらの行動は果たして本当に民意を反映したものだろうか。

確かに甘利氏が金銭授受に関わったのはほぼ間違いないと見て良い。
秘書の行動だったとはいえ、秘書の監督をすべきなのは、議員である本人の責務であるし、繰り返される政治家の金銭スキャンダルにはもう国民も飽きれかえっている。
ワイロ

しかし、今日本が抱えている問題を放置してまで追求を行う必要があるだろうか。
誤解を与えてはいけないので付け足すが、金銭スキャンダルの追求をすること自体は間違いではない。

追求をすることで、原因や手法が明らかになり、再発防止に役立つ。
繰り返される金銭スキャンダルを撲滅するためであるならば、積極的に行うべきだとも思う。
民主党が本当にその気であるならば、大歓迎だ。
しかし、明らかに政局絡みの匂いがするのは、私だけだろうか。
音声データにしても、どこから入手したのかその経緯も曖昧だ。週刊誌の報道から始まった甘利氏の金銭スキャンダルなのだから、民主党の関係者がこの週刊誌に交渉したか、この金銭スキャンダルを画策した闇組織の関係者に接触している可能性がある。

その行動を国民はどう見るのだろうか。

「そんなことに必死になるなら景気のことや安全保障の議論を活発化してほしい」
「子育て支援のほうが大事じゃないの?」

そんな声が聞こえてきそうである。


マスコミも同罪


マスコミ

政治家が無能なら、それを伝える大手メディアも無能である。
絶大な影響力を持ちながら、国民の利益になるような番組製作と、報道姿勢をおこなっているだろうか。

いつまで政治スキャンダルや、有名人の覚せい剤事件の続報をやるつもりだろうか。
いいかげんに視聴率優先の報道番組はなくなってほしい。そもそもそのような報道内容で満足する視聴率が取れたのだろうか?

国民一人ひとりは、実は心のなかで気付いている。
「またこんな報道ばかりやって。大事なことが全くわからない!」

まさにその通りで、報道番組の多くには国民に対しての問題提起が全くなされていない!
平日の夜に見れる地上波ニュースをあえて言えば、日テレの「NEWS ZERO」くらいだろうか。
アンカーのアナウンサーがニュースの最後に、視聴者に対して問題提起をする場面が必ずある。

NEWS ZERO

「皆さんはどう考えますか?」
「大事なことは○○にあるかも知れません」

などと視聴者に投げかける場面は非常に好感が持てる。
NHKの「ニュースウォッチ9」も似たような場面があるが、公平性に欠けることが多いので、あまりオススメしたくなはい。


自分たち一人ひとりがおかしな点に気付くこと

悩む


政治家の問題行動も、マスコミの幼稚な報道も、どう捉えるかは国民一人ひとりの自由である。
ただそれが自分の生活にどう影響するか、さらには今後の人生においてプラスになるかマイナスになるか、それを考えれば答えは出やすい。

何を信じるかは人それぞれであるし、考え方や思想は自由である。
ただし、それが将来の自分にどのように還元されるのか、そこを考えてニュースや国会を改めて見てほしい。

最近また社会に不安を与えるような、事件が増えてきているが、子どもの道徳を批判する前にまずは大人がしっかり見本を見せるべきだと私は思う。
学ぶことをやめてしまっては、人としてダメだと思う。

学ぶ

勉強や資格など、学ぶ手段はたくさんあるが、それにも興味がないのなら、普段のニュースを見て、考えることも頭の体操になる。
それも学ぶことと同じである。

人生において何が正解で何が間違いか、判断は難しいものだが、せめて一部政治家やマスコミによる偏向した考え方には染まらないようにしてほしい。
特に若い世代は、周りの大きな流れに、流されないでほしい。
本当に大事なものはなにか。それを考えて、世の中を生きてほしい。


記事・大堂 光輝
お気軽にコメントをしてください!
執筆依頼、情報交換、提携のお問い合わせは下記のアドレスまでお送りください。

政治的無関心ってどういうこと?

カテゴリ:
日本は昔から、若い世代の政治への関心が低すぎる。と言われ続けていました。

「最近の若者は...。」と大人はいつの時代も偉そうな態度で言いますが、今の大人も未成年の頃や、若いときには言われていたことなのです。

日経新聞より
 日経新聞より


だから若者が政治に興味を持たないことが悪ではないのです。
周りの大人、社会の風潮がそうさせてきたのであり、最大の原因は教育の問題にあると考えます。

学校の授業で政治に関わる授業がないがしろにされた結果、若者の政治離れを生んだのです。

・政治が一般社会に関わる仕組み
・普段の生活に政治がどれだけ関わっているか
・政治に関心を持つことが日本の将来にどのような効果を発揮するのか

このようなことを学校で教わることはありませんでした。
若者の政治離れ、と簡単に人は言いますが、それは日本社会全体で生んだものなのです。

今回は、そもそも政治意識を持つことはどういうことなのか?
または、政治的な無関心はどこからくるのか?

その部分を紐解いて、皆さんの今の立場と照らし合わせていきましょう。


政治的無関心とは?


政治的無関心とは
「政治問題に積極的に参加する意欲を欠いた冷淡な態度や意識のこと」と定義付けされます。

まさにこの「冷淡な態度」こそ現代社会の現状を一言で表す言葉なのではないでしょうか。
政治はどこか別世界のような気がする。そんな人が多いように思います。

「その他、政治への関心も知識もありながら、大衆社会における個人の無力感から政治参加を拒否する人々は、政治不信や政治不満が増大した場合に突発的な行動に訴えることもあり、政治的不安定の原因となる場合も多い」

今回の安保法案における反対派デモを思い出して欲しい。突発的な行動とはこのことではないだろうか?
普段から政治や安全保障に目を向けていないのにも関わらず、周りの声に流されて、「悪」だと決め付ける。

勘違いしてはならないのは、政治を批判するなら、まずは政治の仕組みを知ることです。
法案の中身、情勢を俯瞰して初めて正しい意見が身に付くものなのです。

そうすることもせず、ただ突発的に行動することが政治参加をしているという論理は間違っていると思いませんか?
ここに特定の政治思想や工作行為が入っていることがあるので注意すべきです。これだけは特に覚えておきましょう。

また現代社会において、支持政党を持っていない有権者の層のことを、無党派層といいます。

これは「政治に対して何らかの意見を持っているが、その意見を既成の政党が代弁してくれないことから特定の政党を支持していないこと」を指します。

この考えを持つ方は非常に多いのではないでしょうか。むしろこれは政治家に期待していない証拠なのです。
信頼できる政治家が居れば、その議員が所属している政党に投票するものです。

しかしながら以上の理由で政治に関心を持たないということは危険すぎます。

一体何が危険だというと、日本の将来です。
日本の将来=皆さんの将来の生活です。

今、議論されている様々な政策は、将来の日本の姿を変えるものも含まれます。
安保法案にしろ、軽減税率、TPP、原発、教育問題、待機児童、介護福祉、消費税、子育て支援...。課題は山積です。

この全てに無関心だという人が本当にいるのでしょうか?

本当に心の底から、すべての政治的テーマに無関心でいられますか?


政治的無関心の危険性


無関心というキーワードを紐解くと、「社会的責任感が失われ、人々の関心が公的なものから私的なものへと逃避してしまう」
「あまりにも非日常的に感じて、複雑化し巨大化した政治だと錯覚してしまう。その結果、政治から自分が遠ざけられているという無力感を抱く」

まさにこれは現代社会を表していて、政治や国際情勢のニュースよりもスマホゲーム、友達とのライン、遊びを優先してしてしまうものです。
決してこれを正すつもりはありませんが、「どうせ私が政治に関心を持っても世の中変わらない」と思う人が多いのでしょう。

「誰かに任せておこう」

という気持ちが働いて、難しい政治問題から現実逃避してしまうのでしょう。

もうひとつ重要なことは、ニュースの選別です。
「マスコミ、ネットによる大量情報の洪水から受動的に情報を吸収するだけで満足して、社会的行動への能動的参加のエネルギーを喪失してしまい、政治的無関心をも引き起こされる状況にある」

若い世代の皆さんがニュースなどの情報を仕入れているのは、スマートフォンなどからでしょう。
その情報量は計り知れないものがあり、そのスピードもほぼリアルタイムに伝わってきます。

しかし、ただそのニュースを読み流しているだけではないでしょうか?

大事なことはそのニュースを見て、自分の意見はどうなのか?
またはこの問題を解決するにはどのような手段が必要か?

と考えることです。そうすることで様々な視点から物事が判断できるようになり、他の意見を知るために色んな情報を自ら集めようとする気持ちが生まれます。
これは専門家だけがするものではないのです。
皆さんだって考えていい。
そうすれば、その時点で立派な政治参加なのです。

ネット上は様々な情報で埋め尽くされています。(このブログメディアもネット上の情報の一部なのですが)
その中には当然、良い記事も悪い記事も両方存在します。

そのなかで上記に示した方法で、ニュースを見るとニュースの選別ができるようになります。
時間は掛かりますが、一般常識・時事問題のトレーニングのつもりで実践してみては?


政治意識とはそんなに難しいものではない


この記事を書いている筆者もかつては政治に無関心な人間でした。
政治に関心を持ったのは、2009年の政権交代。民主党が始めて政権を取ったときに政治のパワーを感じました。

政治が動くことで、日本中がここまで盛り上がるのかと。まさに政治が国を動かしている、ということを実感しました。

国会前 筆者撮影
 国会前 筆者撮影


その後の民主党の数々の失策で、より政治に関心を持ったことは余談ですが...。

そこで「このままではダメだ。政治に参加しよう」と思ったわけです。
自分なりの考えを持つことは当たり前のことなのか、と認識することができました。

何度も日本未来マガジンで指摘していますが、政治参加することは何も難しいことではありません。

自分たちが暮らし、生活するこの日本の将来を考えること。ただそれだけの話です。それは将来の自分に返ってくることなのです。
その意見を持つことが政治参加ということです。

そして自分たちの投票で、地域の代表者を選ぶ。その議員が地方議会や国会で、私たちの変わりに議論をおこない調整をする。
それが議会制民主主義といいます。

その仕組みである以上、私たちができることは、自分達の将来が良くなるためにはどうすれば良いか考えることです。
それが子育て問題なのか、老後の問題なのか、安全保障なのか。それぞれが関心のあるテーマひとつでいいのです。

18歳から選挙権が付与されるのを機に、もう一度、一緒にこの国の将来を考えてみませんか?



(古川光輝)
https://twitter.com/mitsuteru1127


政治・ライフスタイルのフリーペーパー「JAPAN IN THE WORLD」
http://site-935764-9191-6615.strikingly.com/ 

 

ジャーナリズム ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×