タグ

タグ:日米同盟

【特集】日米首脳会談を終えて② トランプ大統領の思う日米の将来

カテゴリ:
昨日の安倍首相の共同会見の発言要旨に続いて、トランプ大統領の注目すべき発言についても取り上げたい。
トランプ大統領の言動で国際社会が混乱しているのはご承知の通りだが、本質を見誤っては今後の情勢を読むことができない。トランプ氏がどのような人物であるかは、一連の発言で明白になった。重要なのは今後、日本はトランプ氏とどう向き合うかである。

トランプ氏の発言を踏まえて、今後の日米関係を分析していきたいと思う。

日米首脳会談
 
トランプ米大統領・共同会見での注目発言

「両国の結びつき、両国民の友情はとても、とても深い。この政権は、こうした関係を一層緊密にしていく決意だ」

大統領就任前や会談前のトランプ大統領の発言を考えれば、日米同盟の重要性と緊密さを強調したこの言葉は少し驚く。トランプ政権発足後の国際社会の反応は総じてネガティブで、特にメディアを通じてトランプ・ネガティブキャンペーンが展開されたが、安倍首相は心から信頼できる相手であると確信したからこその発言だと考える。

「防衛体制と防衛力は、相互の指導力の下で、時間と共に強靭になり、究極的には鉄壁のものとなるだろう」

軍事的プレゼンスの向上を明言しているトランプ大統領だが、南シナ海、中東情勢に対してどう向き合うかに注目されている。この発言は当然日米同盟を基礎にした発言だが、「究極的には鉄壁のものとなるだろう」と自信を込めて語っている。これは何を意味するのだろうか。日本にとって安全保障上の脅威は北朝鮮より中国である。

中国は南シナ海全体を中国の領海だと主張していて、南シナ海の航行の自由を確保したい日米両国は絶対に中国の好き勝手を許してはならない。トランプ氏は絶対に南シナ海問題を無視することはない。南シナ海が中国の物になれば、米国の国益を損なうからである。よって必然的な軍事衝突が起こる可能性は非常に高まっている。その時、最大の同盟国である日本がどのような行動をとるか。すでに密約が交わされているかもしれない。

「日本は豊かな歴史と文化を有する誇り高き国で、米国民はあなたの国とその伝統に深い尊敬の念を抱いている。首相、私はこの機会に、あなたと日本の国民が米軍駐留を受け入れてくれていることに感謝する」

あのトランプ大統領がこんな発言をするのか!と驚くほど、日本に対して敬意を払う内容である。「日本は豊かな歴史と文化を有する誇り高き国」という部分は本来、私達日本人が全員心に思っておくべきことではないだろうか。それを米国の大統領が発言したことに驚きながらも、若い世代の日本人は自分達の国を誇りに思っているのだろうか?とも感じた次第である。

言い方は悪いが、嫌われ者のイメージのあるトランプ大統領の手なずけ方を安倍首相は独特の感性と観察力で把握しているのだろう。トランプ大統領は自分の意見を真摯に聞いてくれる人物を好み、味方に対しては厚遇すると聞く。

日本なら例外でそうなのか、というわけでなく、やはり安倍首相が混迷していた日本政治を安定させ、国際社会にも影響力のある指導者であることがトランプ大統領の心を揺さぶったのではないだろうか。国際社会でも存在感を放つ指導者でありながら、人柄の良さも感じ取ったトランプ大統領は、日米同盟を軸にしたアジア戦略を練ることになるだろう。

その試金石は南シナ海での対応だ。このまま南シナ海のシーレーンを中国に渡すわけにはいかない。オバマ前政権の弱気な政策のせいで、米国の国益が損なわれ、国際社会に混乱を巻き起こした責任も、トランプ大統領は背負っているのかもしれない。

しかし日米同盟が基軸であることはいつの時代も変わらない。安倍ートランプ同盟で、日米同盟はより積極的に国際社会への貢献を果たしてもらいたい。そのような期待を十分に抱かせる、日米首脳会談であった。


Mitsuteru.O



 

【特集】日米首脳会談を終えて① 安倍首相の重要発言

カテゴリ:
安倍首相がワシントンへ渡米し、トランプ大統領との始めての首脳会談を行い、様々な懸念を払拭することができ、中身の濃い首脳会談であったと評価する報道が目立っている。

私は常に日本の指導者がどのような発言をしたか、ということに目を向けている。テレビニュースはおもしろおかしくそれらを報じているが、世界中のマスコミ、政府、情報機関、研究機関などは要人の発言に常に気を遣って、その動向をチェックしている。

我々、日本国民もそうあるべきで、首相や閣僚の発言は国の将来に関わることだという認識を常に持ってほしい。特に若い世代は自分達の時代に関わってくるので、その習慣を身に付けてほしい。

今回は先に行われた日米首脳会談における共同記者会見から、重要な発言をピックアップして論評していきたいと思う。今回は安倍首相、次回はトランプ氏の発言を取り上げていく。

安倍
 
安倍首相・共同会見の注目発言

「自動車産業を初め、多くの日本企業が全米各地に工場を作り、現地生産をしてきた。昨年も日本から米国へ、新たに1500億ドルを超える投資が行われた」

会談前から懸念されていた日本の自動車産業への言われ無き批判について、ここで払拭しようとする決意が見える。トランプ氏との信頼関係が経済問題の解釈の誤りを正すきっかけになる期待もあるかも知れない。少なくとも直接、会談でこの案件について意見交換が行われ、自動車問題についての懸念は払拭できたと考えられる。

「最新のリニア技術なら、ワシントンからトランプタワーのあるニューヨークまでたった1時間で結ばれる。日本は高い技術力で、大統領の成長戦略に貢献できる。米国に新しい雇用を生み出すことができる」

交渉真っ最中の高速鉄道事業は、日本企業参入でほぼ決まりという観測だ。米国で高速鉄道の実績を積むことは、世界各国への絶好のアピールとなる。日本の技術力の高さを証明することを忘れない安倍首相の演説の幅広さを感じる。

「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎。それは強固な日米関係だ。その絆は揺るがないものであり、私とトランプ大統領との手でさらなる強化を進めていく」

日米同盟の調整が行われるのでは?という国際社会の関心に答えた形になる。安倍首相は渡米前からトランプ氏との信頼関係は築いていけるという自信があったのではないかと予測できる。大統領就任前のトランプタワーでの会談内容の全貌はわからないが、「日米同盟は揺るぎないことだけは約束してくれ」と迫ったのかも知れない。

「(北朝鮮について)核・弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発を行わないように強く求める。拉致問題解決の重要性についても、大統領と完全に一致した」

北朝鮮問題は長きに渡り懸念材料だが、今後も尾を引くことになるだろう。安倍首相とトランプ氏が食事中にミサイルを撃ったのだから確信犯なのだが、ミサイル発射自体は驚くことではなく、問題視すべきは拉致問題である。どうやら北朝鮮は拉致問題の対話の窓を閉じたようである。産経がそのように報じていたが、日本人としてはミサイル防衛も然り、拉致問題についての進展も望んでいることを忘れないでほしい。

「あらゆる形態のテロリズムを強く非難し、テロとの戦いにおいて、引き続き協力を強化していくことで合意した。日本は日本の役割を果たしていく」

日本がテロ対策で国際社会と協力していくには限りがあるが、法整備、ソフト面での協力は日本が推進していくべきです。和平交渉の仲介役、インフラ整備を中東の安定のために行っていく姿勢は世界で評価されていることを、日本国民はどこまで理解しているのだろうか。

「当然、意見の違いはある。しかしその中で共通の目標や利益ではなく、違いばかりが殊更に強調されることで、対話が閉ざされてしまうことを私は恐れる。それは、既存の国際秩序に挑戦しようとするものたちが、最も望んでいることであるからだ」

中国や韓国、そして混乱する中東諸国へのメッセージだろう。ここまで国際的視野の広い日本の指導者も珍しいだろう。我々日本人に、今の世界をどう考えるべきか、課題を与えられるような気がする。


Mitsuteru.O




尖閣に安保適用を確約、マティス氏の発言要約

カテゴリ:
すでに承知のようにマティス国防相が来日し、尖閣諸島に日米安保条約第5条が適用されることを明言しました。各方面で報じられていますので、ここではマティス氏の発言要旨を淡々とシンプルにお伝えします。(重要だと思われる部分については赤字にしています)

安倍・マティス
 

「この地域に外遊した理由は、米国が日本国民と肩を並べて歩みを共にすることに対して、一切、誤解の余地がないようにしたいからだ。私どもは日米安保条約5条が本当に重要なものだと明確にしたい。それは5年先、10年先でも変わることはないだろう

「日米安保条約に基づく対日防衛義務や同盟国への拡大防止の提供を含め、米国の関与を再確認する」

「尖閣諸島は日本の施政下にあり、日米安保条約5条の適用範囲だ。米国は尖閣諸島に対する日本の施政を損なうとするいかなる一方的な行動にも反対する

(普天間飛行場の移設について)「日本政府の努力に感謝する。辺野古への移設が唯一の解決策だ

現在、(11時前)稲田防衛相とマティス国防相の共同会見が開かれています。その詳細は後日取り上げます。日本にとってはトランプ発言を受けて懸念していた、尖閣防衛のあり方について、国防相本人から「5条適用」の確約を取ったことは成果といえるでしょう。発言にもあったように「尖閣諸島に対する日本の施政を損なうとするいかなる一方的な行動にも反対する」という部分は中国を名指しで批判するようなものであり、中国への明確なメッセージとなりました。

ここから中国の言動が活発化すると思いますが、決して動じず、粛々と尖閣防衛にあたってほしいと思います。海上自衛隊と協力して日米の部隊を尖閣周囲に常時派遣してもらいたいと願っています。

(大阪発・Mitsuteru.O)
note「SPECIAL WEEK」https://note.mu/japanintheworld

尖閣に安保適用でも日本が自主防衛すべき理由

カテゴリ:
日米防衛相会談が2月4日に迫っています。米トランプ政権発足後、初めて日本に米閣僚がやってきます。東アジアを巡る安全保障環境が厳しくなっている証拠だと思いますが、日本としては尖閣防衛の約束を確実なものにしたい考え。

オバマ前大統領時代に「尖閣は日米安保範囲内」という合意がなされましたが、トランプ大統領は大統領選から「日本は在日米軍経費をもっと負担すべきだ」とか「日本も核武装せよ」など、これまでの日米防衛関係がひっくり返る恐れがあるので、このまま引き続き尖閣に安保が適用されるのか?と多くの国民が疑問に思っていることだと思います。

マティス氏


2月4日にマティス国防長官が来日し、稲田防衛相と会談することが決まり、その情報もメディアにポツポツと出てきましたので、以下にまとめます。

・日米両首脳は28日深夜に電話会談し、日米同盟の重要性で一致
・日本は尖閣諸島について、日米安全保障条約第5条の適用対象だとした米国の考え方を確認
・中国の脅威について意見交換
・マティス氏はオバマ前政権の尖閣諸島に関する見解を引き継ぐ考えを示す見通し

どうやら現段階の報道によれば、トランプ政権下でも尖閣に安保は適用されるようです。国務長官に就任するティラーソン氏も「尖閣は安保適用範囲内」と考えているようで、そのまま反映されるのか注目です。

しかし心配なのは、肝心のトランプ大統領が尖閣についてどう思っているかわからない点です。選挙期間中に尖閣についての言及はありませんでしたし、来たる防衛相会談で合意なされたとしても、有事の際にトランプ大統領が米軍派遣を決断しない可能性は十分にありえます。

そうなった場合、やすやすと尖閣を中国に明け渡すのか。ありえません。そのシナリオはトランプ大統領ならありえることです。このまま尖閣警備を海上保安庁に任せたままでいいのだろうか。米軍が来なかったら、果たして自衛隊は迎撃することはできるのだろうか。これはそう遠くない未来だと思います。平和ボケはそろそろ卒業して、私達は本気で国防の議論を始めなければなりません。

(大阪発・Mitsuteru.O)

言論サイト「SPECIAL WEEK」http://special-week.strikingly.com/ 

日本が米国に貢献策検討 対米追従はもうたくさんだ

カテゴリ:
今朝の朝刊で個人的に大変ショックな記事が掲載されていました。日本政府はトランプ米政権の強引で傲慢な政策を後押しするような貢献策を検討していて、2月10日の日米首脳会談で提示するようなのです。トランプ大統領は米国内の批判のみならず世界中でその手法が問題視されていて、反トランプ一色です。先日の7カ国に対する入国管理政策で主要国の首脳が一斉に批判を展開しましたが、安倍首相は内政干渉に値するとした趣旨で、コメントを控えました。今日の国会答弁でも同様でした。

今回の貢献策の主なポイントは
・米国産の液化天然ガス(LNG)の輸入拡大
・高速鉄道計画への官民投資
・トヨタ自動車の豊田章男社長も意見交換
・人工知能(AI)を活用した製品・サービスの研究開発強化

などが挙げられます。これはいずれもトランプ大統領誕生以前に、米国政府と協議していた案件かと思いますが、このタイミングで発表することが露骨な印象を与えます。いずれも経済分野に限り、安全保障面や外交政策については多くの時間が要しますが、まずは、米国を信頼しているといった姿勢を日本側から示したと言えるでしょう。

日米関係
 

しかし、ここまで世界が反トランプの空気の中、「貢献策」という形で表に出るのは違和感を感じます。安倍首相は強固な日米関係を重視していて、それは揺るがないものだと確信しているからこそ、トランプ大統領に対しても紳士的に向き合っていこうと思っているのでしょう。今日の国会で民進党の小川議員がトランプ大統領を「あの手の指導者」と侮辱したことと大違いです。

しかし、このまま米国の言いなりになるのは間違っています。しかし本当は仲の悪かったオバマ大統領と最後には広島、真珠湾に結びつける安倍首相の外交能力を批判する余地はありません。旧民主党時代から関係が悪化していた日米をここまで回復させたからこそ、トランプ大統領のような傲慢な指導者に日米関係を壊されたくないというジレンマが、我々一般国民にはあるのです。

対米追従を繰り返す時代は、とっくに終わりました。未来志向の外交は米国との関係を前進させることに意義があると思います。真の同盟国になろうとしているのに、トランプ大統領に頭を下げ続ける姿勢を取るのは、国民の大多数が納得しないということを、頭に入れておくべきだと思います。

(大阪発・Mitsuteru.O)

言論サイト「SPECIAL WEEK」http://special-week.strikingly.com/

対等な日米関係を築けるのは安倍首相だからこそ

カテゴリ:
トランプ大統領就任後の日米関係の行方が気になるところではありますが、安倍首相は国会や記者会見で日米関係の重要性を訴えています。首相補佐官をワシントンに送ったことは以前にお伝えしましたが、今回はTPPと日米同盟についての発言を取り上げます。

日米

安倍晋三首相は14日午前、参院TPP特別委員会で、トランプ次期米大統領との会談について答弁。

・トランプ氏とは自由貿易に対する私の考え方を話し、貿易だけではなく安全保障を含めて率直な話をする。
・日米貿易に関し、米国側に「さまざまな先入観があるのは事実」と指摘。
・日本の自動車メーカーが多くの米国人労働者を雇用していると説明。

トランプ氏との関係については、
・あらゆる日米関係、同盟関係について忌憚のない意見交換を胸襟を開いて行っていく
・信頼関係を築いていきたいことはトランプ(次期)大統領も重々承知だろうと思う

確か、在日米軍の経費負担問題についても、安倍首相は米軍にとっても日本での駐留継続は米国の利益に繋がるので、これ以上の負担は必要ない、との趣旨を述べており、トランプ氏の過激発言にいちいち惑わされないという姿勢が見られます。

いずれ重要な局面では、日米同盟を基軸とした政策で一致すると思われますが、日本は米国に頼らない外交についても世論の間で議論すべきですね。


コメントをどうぞ。議論しましょう。
ツイッターでもどうぞ

言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。

オバマ大統領 勇気ある決断をありがとう

カテゴリ:
オバマ大統領が被爆地・広島を訪問し、被爆者の方と笑顔で対面し、抱き合った。
私は何とも言えない感情になった。多くの想いがよぎり、涙が溢れてきた。かつての敵国で71年前まで戦争をした国家の現役大統領が、そして世界で始めて核兵器を使用したこの広島に足を運んだ事実を深く受け止めた。
理屈抜きで、素晴らしい瞬間だったと思う。素直に、オバマ大統領に「ありがとう」と言いたい。

広島1

広島2





私はテレビでその様子を見ていたが、広島の雰囲気はとても穏やかで、静粛な空気の中、その歴史的な瞬間を迎えた。
10万人以上の犠牲者を生んだ原爆投下の、まさに中心地にオバマ大統領は現れた。犠牲となった我々の先輩方、英霊の方々は天国で今頃どのような気持ちでいるのだろうか。
そのことを考えたとき、私の涙腺は崩壊した。
あの瞬間から71年が経ち、日本は戦後の復興を成し遂げ、世界に誇れる民主国家、先進国になった。そのことを改めてかみ締めた。


今回のオバマ大統領の訪問に際して、「オバマ大統領は日本に謝罪すべき」という意見が一部で飛び交ったが、そのような必要はない。
日本にとって、確かに原爆を落とされ何の罪の無い民間人が大量殺戮され、アメリカの戦争責任について追及すべきだという気持ちはわかる。同じ日本人なのだから。
しかし戦後、日本が平和で経済的に豊かになった最大の理由はアメリカの存在である。日米安保条約で日本は国防よりも戦後復興、経済に力を入れ、国力を手にしてきた。
その間、冷戦、北朝鮮、中国への抑止力として米軍が機能し、日本は安全を保たれてきた。


そのことをしっかり理解していれば、アメリカに71年前の出来事について謝罪を求めることはナンセンスである。
もはや、犠牲になった方々も、そんなことは求めていないはずである。日本人はすでにあの出来事を乗り越えているのだから。当然、原爆を落とされ、世界で唯一の被爆国として心に刻み込んでおくべきものは持ち続けていくべきだ。だが謝罪を求めることは、韓国や中国のように過去の歴史にこだわり、未来志向の考え方ができないままでいるということだ。


オバマ大統領は「かつての敵国が今や、強固な同盟関係を築くまでになった」と言った。
アメリカにとって最大のパートナーは今でも日本である。そして信頼できるトモダチであることは間違いない。日本は今回のアメリカの歩み寄りに応えるべきだ。
もっと国際貢献の道を日本も取るべきである。日本が世界で活躍できる環境はすでに整っている。
オバマ大統領はそれを望んでいるはずであり、核兵器の廃絶、戦争抑止のためにアメリカと手を組み、これまで以上に親密な日米同盟を築いていくべきである。


少なくとも今回の歴史的な訪問が、世界に流され、日本とアメリカの関係が強固であることをアピールできた。
非常に意味のある出来事であり、これで国際情勢の雰囲気が変わればいいと思う。日本も世界に飛び出すべきだ。
そしてロシアのプーチン大統領も広島に来て、献花や原爆資料館に来て、核兵器の実態を見にきたらいいのではないかと思う。
とにかく、伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問が無事終わり、良かったと思う。関係者の皆様、警備に当たった当局の皆様、安倍首相、お疲れ様でした。


Mitsuteru.O


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」   

このページのトップヘ

見出し画像
×