タグ

タグ:有志連合

ベルギーの逆襲 ISへの空爆強化へ

カテゴリ:
ベルギーがIS掃討作戦の強化のために、これまでイラクのみで空爆を行なってきたが、今回シリアでの空爆にも参加することを決定した。

ベルギー

時事通信・ブリュッセル支局によると、ベルギー政府は13日、イラク領内で参加している、米国主導の有志連合による過激派組織ISへの空爆について、対象をシリアにも広げる方針を決めた。
 
AFP通信によると、ミシェル首相のスポークスマンは、シリアでの空爆は「国連安保理決議に沿ってISやその他のテロ組織が支配する地域に限定する」と述べた上で、7月1日から開始すると明らかにした。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051301147&g=isk


現在有志連合軍は、 アメリカ、フランス、カナダ、イギリス、オーストラリア、オランダ、ベルギー、ドイツ、デンマーク、ヨルダン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーンで構成されている。
この指揮を執っているのはアメリカで空爆実施回数もアメリカが単独して行なう回数が圧倒的に多い。
CNNの資料を参考にしてみよう。

CCN資料1

このようにアメリカ主導による作戦であることは明らかである。
ベルギーはブリュセルテロへの報復として、シリアへの空爆を始めるようだが、有志連合の作戦の大幅な変更はないだろう。もちろんベルギーがシリアのISに空爆することで、少しばかりの効果は期待できるが、今後もアメリカが主導権を握り、IS壊滅を目指していくと思われる。

ISに空爆を行なっているのは有志連合だけでなく、ロシア、さらにアラブ連合による空爆も実施されている。
アラブ連合による空爆は小規模なものだと伝えられているが、もはやISは全世界の敵であることを証明している。ここもCNNの資料を示したい。

CNN2

やはり戦闘機の数だけで見てもアメリカが突出している。
次にフランスとなっているが、やはりロシアの存在が際立つ。
ロシアは有志連合軍には参加せず、ISの空爆を行なっているが、軍事オペレーションの視点で考えたとき、ロシアはアサド氏の要請のもと、シリア国内の基地を利用している。ということはISの拠点にも近く、本来なら対IS戦で一番の成果を出さなければならないはずである。ロシアがISに対しての最前線に立っているということだ。

しかし、ロシアはアサド政府軍と協力して、反体制派にも空爆をしている。このような余計な軍事オペが、IS壊滅への道のりが遠ざかっているのである。

しかしIS壊滅作戦は確実に効果が出ている。
ISはラッカで非常事態宣言を出し、守りを固めているようだ。しかしこの非常事態宣言なるものが、何かのサインなのか。外国に眠るホームグロウン、ローンウルフ型のテロリストが動く恐れもある。注意したい。これまでも状況が苦しくなったときに大規模なテロを繰り返してきたからだ。

日本も、シリア支援に介入することが決まっている。
軍事作戦に関わる必要はないが、シリア内戦終結、ISの掃討作戦が終了すれば、ただちにシリアの復興に全力で取り組んでもらいたい。それが国際貢献というものである。


Mitsuteru.O

Mail:japan.in.the.world919@gmail.com
Twitter:https://twitter.com/hidemitsu1622 

対IS戦・続報メモ2 連合軍の誤爆?シリアで一般市民に犠牲

カテゴリ:
引き続き、日本のメディアでは取り上げないニュースを中心にお伝えします。
毎日、戦局が変わるので、本紙を利用して情報収集をして下さい。

シリア空爆で市民26人死亡、有志連合が実施か

img_79ece3260418ee593a8b516919a4c40965374


シリア北東部ハン村で7日、米国主導の有志国連合が実施したとみられる空爆により、一般市民少なくとも26人が死亡した。有志国連合に対しては、別の空爆によりシリア政府軍の兵士が死亡したとの疑惑が浮上したばかりで、今回の空爆によってさらに圧力が高まっている。

連合軍はシリアでイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に対する空爆を実施しているが、在英の非政府組織「シリア人権監視団」によると、今回の空爆で死亡したのは市民だけだったという。   
AFPより引用    http://www.afpbb.com/articles/-/3069449?act=all
偵察も含めて、連合軍の空爆能力に疑問符が付きます。
しかしながら、テロリストのみを狙う空爆は非常に困難な作戦です。テロリストのみを狙うのであれば、やはり地上部隊の展開は欠かせないのですが、先日お伝えしたように地上部隊は投入されません。
このような事態が続くことは大いに考えられます。

しかし、論点はどこにあるのかを再認識しなくてはなりません。
ISのテロが悪なのか。それとも空爆が悪なのか。
答えは一つではありませんが、ISを認めること、あるいは許すことはありえないことなのです。
対話など、応じる相手ではないことを、もう一度認識しておきましょう。



モスクワのバス停で爆発、3人けが

img_1ab1f6b5147f820bf13bc5115466b011220944
 

ロシアの首都モスクワ中心部のバス停で7日夜、爆発があり、3人が軽傷を負った。袋に入れられた手製の爆発装置が爆発したとみられている。警察当局が明らかにした。

国営タス通信はモスクワ警察当局からの情報として、「バス停からのガラス片で3人が軽いけがをした」と報じた。袋に入れられた爆発物が車内もしくは付近の住宅から投げ付けられたとみられ、「秩序びん乱事件としての捜査が開始された」という。

まだ現時点ではテロと断定はされていない。しかし、深刻な状況は続く。
何が最大の懸念材料かと考えた時に、ローンウルフ型(一匹狼)の犯行が続いている点だ。
直接シリアやイラクに出向いてISの思想を伝授されていなくても、「シリアのために」などと過激思想に基づく発言をすれば、自動的にISに共鳴した犯行と判断される。

これは日本のような国でも大いにありえることだ。ましてやISのことをろくに知らない連中でさえも、「ISに共鳴している」と言えば、その容疑者はテロリストになるわけだ。全く、おかしな世の中になってきた。
日本で模倣犯的な犯罪が起こることは十分に予想される。


イランで、ISIS関連285サイトと53人の支持者を摘発

4bhk48a7f156d61lx2_200C113

イランのインターネット警察の長官が、テロ組織ISISに関連する285のサイトを摘発し、53人の支持者が逮捕されたことを明らかにしました。プレスTVによりますと、インターネット警察のハーディヤーンファル長官は、7日月曜、「インターネット警察はISISなどテログループのプロファイルやサイトを監視している」と述べました。

「この1年8ヶ月、警察はISISに関連する285のサイトと支持者のプロファイルを特定し、このうち108が国外のもので、インターポールを通じてそれに対処した」としました。

イランラジオより引用  http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/60480-

これは非常に大きな成果でしょう。日本も参考にすべきです。
日本はシリアやイラクと地理的に離れているので、もし日本人がISに共鳴するとしたら、日本に潜伏しているIS工作員か、ネット上の空間でしか洗脳を受けないでしょう。

ましてや若い世代のネット活用術は計り知れないレベルです。侮ってはいけません。
我々が予想していないところで、ISによるリクルートが行なわれいるのではないでしょうか。
日本のサイバー対策、公安当局はしっかりとマークしてほしい。それは人定だけでなく、今回のイランのようなネット空間でも。


イスラエルにおけるテロの可能性

イスラエル情報筋は、ISのテロの可能性は極めて強く、問題は「何時か?」に絞られていると見ていると報じています。
イスラエルはテロの取り扱いには最も手なれた国と見られているが、そのやり方は往々にしてかなり手荒く、仮にイスラエルがISテロに対する報復作戦等をシリア等に対して行うとなると、あのへの情勢は、現在よりもはるかに複雑で危険なものとなる可能性がありそうです。

大ニュースです。マスコミの仕事とはこういうことです。
日本の大手マスコミは本当に恥を知って欲しい。不安を煽ることではなく、正しい問題提起を他の権力機関や利権に惑わされることなく、読者に伝えること。これが一番大事なのです。

イスラエルは確かにテロ攻撃に遭うケースがこれまで少なかったのですが、よくよく考えれば反イスラムの急先鋒です。しかし、イスラエルがIS戦に参戦したら、それこそ第3次世界大戦です。
もう手の付けようがありません。ロシア以上の空爆作戦を行なうことは明らかでしょうから。


とにかく対IS戦は一日一日、状況が変わっていきます。
作戦内容や、戦局について本紙は軍事専門誌ではないので、詳細は他に譲りますが、IS戦や海外メディアの記事から、日本はどのような選択をするべきかを、提起することが目的です。

それを日本の大手マスコミはやらないので、代わりにやっているだけに過ぎません。
大手マスコミはもう変わらないでしょう。上から目線で、世論をリードしている気になっていますが、私たち国民はもう気付いています。大手マスコミが真実を報じていないことを。

今後も対IS戦ならびに、国際情勢分析に力を入れていきます。


記事・TERU

ぜひ投票とSNSへの拡散をお願いします。

人気ブログランキングへ





評価していただけましたら、こちらにご協力下さい!

このページのトップヘ

見出し画像
×