タグ

タグ:米軍

【国際】米軍、シリアへの地上部隊派遣の可能性が浮上

カテゴリ:
ワシントン(CNN) シリア北部で過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)の撲滅を目指す戦闘を加速させるため、米国防総省が地上部隊の派遣を提案する可能性があることが、CNNの取材で16日までに分かった。
ある米国防当局者はCNNに対し、「いずれ通常部隊がシリアに派遣されることになるかもしれない」と語った。

米当局者は地上部隊の派遣について、現時点ではまだ協議している段階だと述べ、正式な提案とは位置付けていない。
地上部隊を派遣する目的の1つには、クルド人勢力がトルコの利益を脅かす存在ではないことをトルコに納得させる狙いがあるようだ。一部の部隊をまずクウェートに展開させ、そこからシリアに移動させる可能性もある。

http://www.cnn.co.jp/world/35096682.html?tag=cbox;world

米軍

CNNのみが報道していて、恐らく国防総省の職員がCNNに情報を流したと思われますが、信憑性は定かではありません。しかし、トランプ大統領は中東への軍事プレゼンスの強化を示唆していましたし、積極的に介入する姿勢であることは明白なので、ありえない話ではないと考えられます。

マティス国防長官にシリア戦線の報告と今後の作戦について報告せよ、と指示を出しているようで、その検討内容が地上部隊の派遣に繋がるのかは不透明ですが、シリア北部の戦局はISの劣勢が伝えられていますし、「最後の仕上げは米軍が行う」といったような良いとこ取りの印象が拭えません。

米軍の派遣が決まれば、当然ながらロシア、イランと反発が予想されますし、トルコはクルド人部隊の扱いに関して米国に抗議するでしょう。先日CIA長官がエルドアン大統領と面会していて、クルド人部隊をどう対処するのか協議がなされていれば、この情報も信憑性を増すことになります。

マティス長官のNATO国防相理事会の出席の意味も、このニュースを踏まえれば何かひっかかる部分ではあります。オバマ氏によって中東の混乱に拍車が掛かりましたから、米国はパワーバランスの調整を試みているのかも知れません。


Mitsuteru.O

 

 

米軍がトランプ旋風の火消しに

カテゴリ:
最近トランプ氏の話題ばかりになっていますが、日本の同盟国である米国の動向は重要ですので致し方ないと思っています。現実に大統領になることが決まったことで、各方面で政策の調整や、有識者による予想が飛び交っていますが、米軍幹部がワシントンで重要な発言をしています。

ハリス
 
・米太平洋軍ハリス司令官は15日、首都ワシントンで講演し「アメリカにとってアジア太平洋はかつてなく重要になっており同盟国への確固たる関与は変わらない」と述べ、同盟関係の重要性を強調
・米国は政権の移行期に入っているが、米国では軍の司令官がレイムダックになったことはかつて一度もない
・トランプ、オバマ会談では核となる戦略的な関係の維持に多大な関心を示していたことも明らかに。トランプ氏のもとでも重要な同盟関係は維持されるという見方を示す

安全保障の分野で様々な発言を選挙期間中に行ってきましたが、軌道修正せざる得ない状況なのでしょう。オバマ大統領との会談で、トランプ氏は大統領になるということの意味を少しは理解したのではないでしょうか。

政策ブレーンや政権移行チームも固まり、いよいよ大統領就任へ近づいているわけですが、日本を含む米軍の抑止力に頼っている各国は固唾を飲んで行方を見守っています。今回の米太平洋軍司令官の発言通りに理解すれば、日米同盟は維持され、在日米軍基地の経費負担に関しても、一定の妥協策が取られるものと予想されますが...。何せトランプ氏の考えがハッキリと伝わらないため、今はそのような予想しかできません。とにかく各方面でトランプ氏を抑制させようという動きが見られますし、今後も当面続くと思われます。


コメントをどうぞ。議論しましょう。
ツイッターでもどうぞ
言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。

【衝撃】米軍が本格的に”サイボーグ兵士”開発へ

カテゴリ:
1月22日付け ニューズウィーク配信記事にて興味深い記事があった。

米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、DARPAが開発中
ドローン、ロボットの次はサイボーグ兵士──米軍がリアルに取り組む「脳とコンピューター」接続の大きな可能性

webt160122-thumb-720xauto
 
 脳とコンピューターを繋ぐチップを頭に埋め込み、前線の兵士を「サイボーグ」に変える技術を、米軍が開発中だ。このインターフェイスは、米国防総省の研究機関である国防高等研究計画局(DARPA)が開発に取り組んでいる。チップを通じて脳細胞とコンピューターを接続できれば「人間の脳と最新電子機器の間に伝達経路を開くことができる」と、DARPAは説明する。

 DARPAの研究者が脳と機械の接続を試みるのはこれが初めてではない。しかし、これまでの研究成果ではその機能は限られていた。新たに設置された「脳科学技術システムデザイン」(NESD)の研究プログラムでは、一度に接続できる脳細胞の数を数万個単位から数百万個単位へと飛躍的に増加させることを目指している。

「脳とコンピューターを繋ぐ現代で最高レベルのインターフェイスシステムを使っても、2つのスーパーコンピューター同士が70年代製の古い通信モデムを使って会話するようなものでしかない」と、NESDのプログラムマネジャーのフィリップ・アルベルダは言う。「人間の脳とコンピューターの間に伝達経路を確立できれば、とんでもないことが可能になるだろう」

時代の流れに合わせれば、当然なのかもしれない。

なぜなら技術革新の歴史は常に軍事が引っ張ってきたからだ。
軍事的に優位に立つということはそれ自体が抑止力になる。

日本人のような「自称平和ボケ」が多い国家には軍事力の重要性を身近に感じていない故に、新たな技術が軍事に使われることを理解できないのだろう。

「革新的な技術を戦争をするための軍事力に使うな」というのは、自ら国防の観点がないことを露呈しているにすぎない。


ツイッターの反応







記事・大堂光輝


このページのトップヘ

見出し画像
×