タグ

タグ:舛添要一

舛添氏の疑惑 都民は立ち上がるべきか

カテゴリ:
 政治資金の使い方についての公私混同が問題視されている舛添氏が、第三者委員会による報告書を発表し、記者会見を開いた。「大変厳しい意見をいただいた」と繰り返し、現時点では辞任はしないことを表明し、今後都議会で開かれる代表質問や一般質問などで都議との議論を経た上で判断したいとした。

舛添


 この会見で舛添氏が執拗にアピールしたのは、「違法性はないが不適切」だという点。
政治資金規正法に照らし合わせれば、確かに違法性はないのだろう。しかし不適切ということはお金の使い道が倫理的におかしいということ。しかもこのお金は東京都民が納めた税金である。
「違法性はないが不適切」はまさにグレーゾーンであり、一歩間違えば「違法」である。「違法性」はないが、政治家としては「失格」である。


 東京都民ではない方々でも、日本の首都であり世界を代表する東京の知事がこの様な有様では納得できない。では、東京都民はどう思っているのだろうか。各種世論調査などでは舛添氏は辞任をすべきだという意見が8~9割だそうだ。当然、舛添氏もその結果を見ている。そのなかで今日の会見である。いかにも強気な印象である。
それは「違法性」はないという盾があるからであろう。


 第3者委員会の客観性の担保が保たれているかも疑問である。さらに調査結果を報告した弁護士も恐らく舛添氏のお友達である。(舛添氏の秘書から打診されたようだ)


 正直申し上げて、このような事案でここまでの記者会見が行なわれるのは前代未聞である。 
自治体にはもっと大事なことがある。財政、子育て、介護、待機児童...こんなレベルの低い記者会見を見たのも久しぶりである。


 都民はこのまま許すのだろうか。辞任して出直し選挙をしてもまず通ることはないが、このまま都知事の席に居座る舛添氏を見過ごすのだろうか。平和安全法制を「戦争法案」と言ってデモをするのなら、舛添氏への批判デモを展開すべきである。東京は世界を代表する都市である。このままでは世界の恥である。


Mitsuteru.O


Mail:japan.in.the.world919@gmail.com国際基準の言論サイト「JAPAN IN THE WORLD」  

舛添知事は即刻辞職すべき

カテゴリ:
一連の政治資金スキャンダルで、大騒動の巻き起こしている舛添氏は即刻辞職すべきである。

20160526-00000078-dal-000-2-view


これまで報道などで数多くの疑惑が掛けられながらも、「調査をしっかりする」などして責任を逃れ、時間を稼いでいたが、結局6月1日の会見では都民に迷惑を掛けているとしたうえで、スイートルームとファーストクラスの利用を控えると発表に終わった。誰かに言われるまでそんなことも決断できない人物をこのまま都知事に据えていていいのだろうか。



舛添氏は国会議員時代、他人の政治資金の使い道について厳しく追及したこともある。また、お金の管理や使い道にはとても厳格で、悪い言い方をすれば非常に「せこい」ことで知られる。
都民の税金で集めた予算も、「せこい」支出をしようと考えなかったのだろうか。報道を見る限りでは公私混同を繰り返し、会議が行われる場所に家族も同行させるなど、政治家として、都知事として失格の行為である。



そう考えると、大阪で府知事、市長を務めた橋下徹氏の実績や取り組み姿勢が際立って見える。実際に万年赤字の財政を黒字転換にさせた実行力や、公立高校の無償化、街作りの実績など類を見ない。行政のトップとして目に見える形でハッキリとその姿勢が伺いしれた。



それに対して舛添氏の姿勢はどうだろうか。もはやこのような事態になってしまえば、挽回する余地も残されていないと思うのだが、舛添氏が東京で何をしてくれるのか、何か期待することはあるだろうか。
私は東京都民ではないが、東京に住んでいる方々でも、舛添氏が何か新しいことをやってくれるのではないか、という期待感は感じていないのではないかと思う。



もはや残された道は辞職しかない。このままでは東京都民が不幸である。このような人物を都知事にした都民の責任もあるが、まさかここまで金銭スキャンダルが浮き彫りになるなど、思いもしなかっただろう。
東京は世界を代表する都市である。そのトップに君臨する人物が言い訳ばかりをして、責任を逃れる言動を繰り返しているようでは、東京都民は本当に災難である。


Mitsuteru.O

このページのトップヘ

見出し画像
×