タグ

タグ:韓国

カテゴリ:
韓国新政権の誕生でにわかに日韓関係をどうにかすべきだという考えを持った人達が、これこれと模索をしているが、はっきり言って日韓首脳によるシャトル外交など必要ない。日本国民の大多数は日韓関係を無理矢理にでも良くしようなどとは考えてもいないし、望んでもいない。

大体日本メディアの報道もかなり偏向していて、まるで日韓関係は韓国が主導権を握っているかのような印象を受ける。つまり「韓国に媚びるような報道」ばかり目にする。これは本当に異常で、日本のマスコミなのにもかかわらず、日本世論の実態は全く報じていない。

日本メディアがいつも気にするのは韓国や中国の動向で、日本世論や日本社会がどのように推移していることなど興味がないようだ。それでいて上から目線で国民に対して偏向報道を繰り返すことはあり得ないことである。そのことに大多数の国民は気付いているが、残念ながらマスコミは気付いていないか、または気付いていながら、承知の上で売国報道をしているのだ。

結論、日韓関係の改善は必要がない。慰安婦問題を蒸し返すのなら、断交すべきである。

韓国世論を刺激?日本世論はもっと怒りを抱えていることを忘れるな

カテゴリ:
日本世論の代弁はどこの誰がやっているのか?


韓国の新大統領がどうやら慰安婦問題を蒸し返そうとしているなか、それを伝えるメディアもヒートアップしており、日本社会は妙な雰囲気に包まれている。


読売新聞の5月13日付けの2面記事には、「国連の拷問禁止委員会が慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直しを勧告する報告書を発表したことで、日本政府は、日韓関係の新たな火種にならないか警戒している。対応次第では日韓合意に否定的な韓国世論を刺激しかねない」と指摘していた。


上記の記事を読んでいて違和感を感じないだろうか?「日本の対応次第では韓国世論を刺激しかねない」
おかしな論調である。


慰安婦問題は解決済みである。日韓合意で元慰安婦の方々には保障された金銭がすでに渡っている。政府間での合意はすでに締結されたのだ。


問題を蒸し返すのはいつも韓国である。それに怒り心頭なのは我々日本人である。日本メディアは韓国の世論を心配するのではなく、我々日本人の世論を心配すべきであるし、報道すべきである。


我々日本人は韓国に対して怒りを通り越して、呆れ返っているのだ。韓国世論などどうでも良いことであって、日本世論が韓国に対して爆発し掛かっている事実を報じるべきなのである。


日本メディアはいつも日本が悪である印象を与える。デモなどの報道はいつも政府批判ばかりで、中国や韓国への抗議デモの様子は報じられない。この怒りはどこにぶつければ良いのだろうか。


コメント、ツイッターにて議論を行いましょう。

日韓首脳電話会談  双方探り合いの模様

カテゴリ:
ムン新大統領就任を受けて安倍首相が動き出し、日韓首脳による電話会談を実施。早期の首脳会談と北朝鮮に対して連携することを確認した模様。

日中韓3カ国による会談も模索はしているようで、どこか日本世論の動向を正しく反映していないように思う。日本国民の大半は韓国に対して良い印象は持っておらず、両国の関係が劇的に改善するようなことは期待していない。

それは解決したはずの慰安婦問題を蒸し返したり、日本に対して抑圧的な態度を取り続けていることが最大の要因である。日本国民は韓国を良く理解しており、政治的な関係を良く認識している。一般の韓国国民は日本が大好きであるが、日本国民は仲良くなれないことを良く知っている。歴史的に見てもそれは明らかである。

韓国情勢が日本や国際社会に与える影響は極めて限定的だが、東アジアの隣国として一応チェックはしておきたい。安倍首相がどのような戦略を取るかは定かではないが、背後に構える中国に対して誤った印象を与えるのは禁物である。曖昧な態度ではなく、断固とした姿勢で韓国に向き合うべきだろう。

駐韓大使帰任から1ヶ月 韓国も召還を検討 国交に関わる事態に

カテゴリ:
AFP通信などによると、韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表の発言として、
「一定の期限までに日本大使が復帰しなければ、われわれの大使も召還しよう」として、韓国の駐日大使召還について尹炳世外相に検討を求める考えを示しました。

さらに、
「安倍の非外交的かつ反韓的な態度を見ながら我慢しているのは、韓国の自尊心にかかわる問題だ」

「韓国を友好国に考えているかどうかが分からない。韓国のプライドを踏みにじる発言をしていることに憤りを感じる」

慰安婦

慰安婦問題についての日韓合意がなされて、一時は両国に融和の兆しが見えましたが、韓国側の一方的な裏切り行為で何のための合意なのかわからなくなりました。日本側は10億円という巨額の税金を投入して元慰安婦への援助資金を搬出しましたが、無意味だったということです。

対抗措置として駐韓大使を帰任させたことは当然の措置です。国家間で合意した重要な案件を、いとも簡単にひっくり返してしまう神経が理解できません。

韓国側も日本メディア、日本国民も、事の重大さに気付いていません。大使を帰任させることは外交上非常に大きな意味を持ちます。大使館の撤収につながり、外交ホットラインの遮断、ついには国交断絶にまで結びつく性質を持ちます。

国民に大きな負担をかけて、日韓合意をした責任が安倍首相にはあります。安倍首相の覚悟と怒りは相当なものだと想像できます。大使を帰任させたことは当然でありますし、韓国が慰安婦合意を履行しない限り、大使を韓国に送る必要はありません。

「韓国との関係を改善しろ」という一部の日本の世論もありますが、全く理解できません。国家間の合意を簡単に破る国家と良い関係が築けるでしょうか。また、韓国世論も日本と仲良くしようだなんて、思っていません。世論調査を見ても明らかです。韓国世論も望んでいないのに、日本だけが擦り寄るのはおかしなことです。

韓国側が我に帰って、現実を見て、慰安婦像の撤去を完了させて、二度と慰安婦問題を蒸し返さない姿勢を見せるまで、大使を韓国に派遣する必要はありません。韓国側が駐日大使を召還するなら好きにすれば良いでしょう。修復不可能になり、国交断絶も視野に入れましょう。

(大阪発・Mitsuteru.O)
 

レームダック状態の韓国に打つ手なし

カテゴリ:
日本の隣国で民主主義のパートナー?として認識されている韓国ではとんでもない事態になっていますね。もはやこのブログで取り上げる必要もないほど、日本でも報じられていますが、もはや朴槿恵政権はこれ以上維持はできないでしょう。一刻も早く退陣すべきです。

韓国デモ

AFPでも大きく報じられていて、12日でのソウルデモでは同国の過去数十年間で最大規模だということ。大規模デモはこのところ毎週行われており今回で3度目。警察はデモ参加者を17万人として計画を立てていたが、主催者は最終的な参加者は最大で100万人に達すると見込んでいる模様。

集会は労働組合や市民団体が主催。朴大統領は野党側から批判を浴びた首相人事案を撤回し、与野党が推薦した人物を任命する意向を示し、事態の収拾を図っている模様。野党側は今後、弾劾訴追決議案の提出についても検討を迫られる見込み。

基本的に私達は韓国国内の政治問題に介入する必要はないと思いますが、韓国が機能しなくなることは北朝鮮を勢い付かせることにつながるので、それだけは要注意です。実際に北朝鮮が韓国でテロをするのでは?という噂もあるようで、東アジア情勢は本当に危機が高まっているといえるでしょう。






コメントをどうぞ。議論しましょう。
ツイッターでもどうぞ

言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。

日本メディアは韓国に内政干渉すべきではない

カテゴリ:
パククネ

韓国が大混乱に陥っている。朴槿恵大統領が知人に政治的に重要な情報を漏らしたことについて、もはや朴槿恵政権はレームダック化していると言っても過言ではない。当初は来年の任期まで持ちこたえるという観測で持ちきりだったが、退陣はまぬがれない情勢である。この状況に陥ってしまっては仕方ないことだろう。いくら大統領とはいえ、今回の問題は度を越している。早急に辞任し、国際社会への影響を最小限に留めるようにしてほしい。

私は朴槿恵大統領の批判はこれくらいにしておきたいと思う。いくら日本の隣国でありアジアの民主国家のパートナーであろうとも、異国の政治的問題やスキャンダルには過度に介入しない。そう決めている。日本に直接的に影響のある事態なら批判されてしかるべきだが、一国の政治的問題が自国の名誉を傷つけることなど、そう滅多にない。政権が変わったり、外交方針が大きく変わる事案については日本にも大きな影響が出る。しかし今回のような政治スキャンダルを不必要に日本メディアが過熱し、センセーショナルな報道を行う必要はない。

日本は靖国問題について中国や韓国に対して「内政干渉をするな」と主張している。靖国に関しては日本メディアが必要以上に問題視しており、閣僚や首相が参拝に行くことすら許さない雰囲気を作っている。それに騙された多くの世論が靖国参拝に後ろ向きであり、戦後70年を過ぎた今でも、”戦後レジーム”を打破することができていない。これは明らかに”国内問題”であり、他国に「A級戦犯が祭られているのに参拝するなど許されない」と言われる筋合いはない。

では今回の朴槿恵スキャンダルはどうだろうか。韓国世論からすれば「韓国で起きたことなのだから、他国は放っておいてほしい」と思っているだろう。私はこれに大賛成である。確かに日本の隣国で、大統領のスキャンダルが起こったことは大きなニュースであるし、政権が崩壊して日本に対する政策変更を余儀される事案でもあるため、関心は持たなくてはならないが、過度に批判を大きく報じたり、余計に韓国の心配をする必要は無い。靖国のことで私達が他国に言われることに嫌悪感を抱くことと同じように、韓国国民も他国にはあまり触れられたくないだろう。

日韓首脳
 
そうでなくとも、朴槿恵政権下の韓国は日本との関係をどうしたいのか、わからなかった。安倍首相との会談も握手の写真では気前良く笑顔で写っているが、実際に日韓関係が前進したトピックスといえば慰安婦問題が実質解決したことだろう。しかし日本は多額の援助金を搬出することで妥協することを強いられ、また韓国国内では日本大使館前の慰安婦像の撤去も進まず、朴槿恵政権で日韓関係が前進したとは考えづらい。

とにかく今は韓国当局が朴槿恵大統領自身への捜査が行われるかどうかが焦点になりそうだが、日本メディアならびに我々国民は過度な干渉はやめて、静かに行方を見守ることに徹するべきだろう。今後の捜査次第では朴槿恵大統領の退陣が決まるかも知れないので、時期政権と大統領候補が決まり次第、韓国についての議論を始めたほうが賢明だろう。


お気軽にコメント下さい。
ツイッターでもどうぞ

言論サイト運営しております。どうぞご覧になって下さい。



ジャーナリズム ブログランキングへ

【速報】韓国で北朝鮮によるサイバーテロが計画されていた!? 改めて隣国にテロ国家があることを証明

カテゴリ:
日本と隣り合わせに位置する韓国でテロの計画があったようだ。
計画したのは中東や欧州で脅威となっているISではない。

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が4回目の核実験を強行する直前に韓国の地下鉄統制システムに使われる部品を開発する企業のホームページをハッキングし、サイバーテロを行おうとしていた痕跡が27日確認された。

 韓国のIT関連の民間団体によると、北朝鮮の偵察総局が昨年12月初めに韓国の自動列車制御装置(ATC)部品開発企業のホームページをハッキングし管理権限を確保した。

 不正プログラムを使って同ホームページを乗っ取り、指令(C&C)サーバーとして利用しようとしたとみられる。


サイバーテロを悔やむこと無かれ 大量の死者が出る恐れ

北朝鮮


北朝鮮は本当にやっかいな国家だ。
こんな国が日本の周囲にあること事態危険なことなのだが。

今回のサイバーテロ計画は地下鉄のシステムを乗っ取ってしまおうという攻撃だ。
映画にあるような、地下鉄が暴走したりする恐れや、信号機が作動せずに列車が衝突したりする。

おわかりのように今の時代、コンピュータシステムによる制御が当たり前であり、サイバーテロを受けてしまうと生活インフラが機能しなくなり、大きな被害を被ってしまう。

日本は特に最先端の技術を取り入れながら、コンピュータによる技術革新がさかんな国だ。
言わば、サイバーテロには格好の対象なのかもしれない。

実際に企業間でのサイバー攻撃はすでに行われており、たびたびシステムダウンが報告されている。
もし日本で新幹線が暴走したら。地下鉄が制御不能になったら。考えただけでも恐ろしい。

「サイバーテロは殺人を起こさない」は大きな嘘であり、爆弾やミサイル、自爆と方法は違えど、大量の死傷者を出す恐れがあることを頭に入れておきたい。


記事・大堂光輝



このページのトップヘ

見出し画像
×